よい子わるい子ふつうの子2(仮)

18禁PCゲームをメインに、ラノベや漫画についてもダラダラ話を書きます。長文多いです。

わたくしごと

納豆。

納豆が健康に良いと信じて毎日食べるようにしてるんですが、納豆ご飯で白米三杯くらいいけちゃうんで、かえって健康によくない気がしてきました。

麦飯とかにしたら良いのかな。

しかし、麦飯の炊き方ってわかんなくて、自己流でやってみてもどうもうまくいかない。

ちょっと練習してみようと思ってます。

スーツのブラッシング

スーツを1日着たら、ブラッシングをしてホコリを落としたほうが良いという話、知ってはいるのですがなかなかできないんですよね……。正直、脱いでハンガーにかけたら安心しちゃう。

靴のブラッシングなんかもそうで、シューツリーに入れるのが精一杯、という期間が結構ありました。今はようやく習慣が見について、脱いだ後ブラシを掛けてからシューツリー入れてます。

スーツも靴も、ブラシかける時間なんてそれこそ2分程度なんですよ。そして、効果は明らかに時間以上のものがあります。単純に汚れ落としになって傷みが減るとかきれいに着られるとかいうのはもちろんのこと、ブラシをかけているときに大きな汚れやキズに気がついて、早めの対応ができるというのが大きい。

モノを大事にしたりキチンとした格好を心がけたいのなら、絶対にやったほうが得策です。

……と、分かっちゃいるけどなかなかできないんですよね。歯磨きとかと一緒でほんとにクセになるくらいまで心と体を慣らさないとだめ。こういうコツコツしたことをきちんとできる人になりたかった……。幼少時代の訓練が足りなかったかな?

PCエラー。

明日結構大事なプレゼンがあり、今日打ち合わせをしていたのですが、上司がノーパソのUSBメモリを逆挿しし、接触の問題が起きたのか何なのか分かりませんが、画面が真っ暗に。

そのままにしておけばリカバーすることができたのに、上司氏慌てふためいて、「再起動、再起動するね」とかのたまって電源オフからリブート、パワポを立ち上げて何やら操作をした結果、保存されていた作業データを全消去するという離れ業をやってのけました。

意味がわからないと思うのですが、私もよく分かってないのです。とりあえずパソがブラックアウトし、上司がなんかいじり、USBをフォーマットした、と。

幸い前日までのデータはバックアップとっていたしそこまでの工程もある程度頭に入っていたので大事には至りませんでしたが、2時間近い時間は消えてしまいました。

とりあえず、不得手な人に道具を持たせるのは怖い、という何の役にも立たない教訓は得られましたが、マジでいらない教訓のんだよなぁ。

それより、よく分かってないのに何かと嘴をはさみたがる上司をうまく制御するノウハウとか教えてほしいです。切実に。

寝過ごし。

帰りのバスで寝ていたら終点でした。

全然行ったことのない駅についてしまったのであります。バスの終点ってほとんど行かないからなぁ。とりあえず、バスがこの時間から出るのかどうかもよくわからん。多分出ると思うんだけど、まあ無理だったらJRだな。

これから路線検索して帰ります……。

携帯落下とカバーの傷。

今日走っている時に鞄に入れていた携帯が飛び出て道路に落下してしまいました。

携帯カバーのお陰で本体が割れたり傷ついたりはしなかったのですが、革製のカバーが落ちた衝撃とそのあとアスファルトの上を滑走した影響で傷だらけに。

本体を守ったのですからカバー本来の役割を果たして天晴れではあるのですが、大事にしていただけにうっかり傷だらけにしてしまったのは悔いが残ります。

まぁでも、こうして使われてナンボだよねとも思う。神棚に飾ってるのではなくて日常で使ってる以上、ミスで傷つくことはあるし避け難い傷みもでてくる。それが当然のことです。

アップルの偉い人ではないけれど、使い込んでいく中でできたキズはカッコいい。使い手とモノの歴史が刻まれているからです。もちろん、傷だらけになって放置しているのはただ使い方が雑なだけですからカッコいいもクソもありませんが、傷ついたあと丁寧にケアをして育てていったモノは、買ったばかりの綺麗なまま仕舞い込まれてピカピカのモノより、私にはカッコよく見えます。

飾って置いてるだけだとモノは育たない。使い込まれ、傷つきながらも丁寧にメンテナンスされて、使い手と一緒の時間を刻んでいく中で、モノはその人にとって替えの効かない唯一無二の存在になっていくのだと思う。だから、使い込まれたカッコよさは中古品を買っても得られない。

てなわけで傷をちゃんとケアして、これからも大事に使っていこうと決意を新たにしたのでした。

ダウンが破れていた話。

そろそろ冬の準備でもしようとクローゼットを覗いたら、ダウンジャケットのポケットが破れていました。

down

結構気に入っていてまだ3年目なのでかなりショック……。日本製で品質も良いのがウリだったんだけどなぁ。やっぱり化学繊維の糸は切れやすいんですよね。特にウレタン混紡だと寿命がお察しに。でもこれだと、ユニクロのよりしょっぱい感じだなぁ。

うーん、修理しても先が見えてる気がするし、新しいダウン買うか……?

空を見るとくしゃみがでるのは全ての人ではなかった話。

個人的にすっげー意外だったので。

私は、天気の良い日に空を見るとまぶしくなってくしゃみが出るんですね。それも1度だけで、いっかい出てしまうと後はどんなにまぶしくてもしばらくの間2度目はでないんです。

kusyami

両親も同じだったので病気とかそういうんじゃないとは思っていたのですが、それでもこれどうしてなるんだろうかとずっと不思議だったんですね。

ところが今日、その話をたまたま昼の雑談で同僚に言ったら、「え? そんなことにならないよ? OYOYOくんおかしいんじゃないの」と言われて衝撃を受けました。

周囲の人にたずねて回ると、そこそこ「くしゃみ出ますね」という人はいたものの全員ではない。これはんどういうことだとGoogle先生によろしく頼んでみるとこんな回答が。

 ▼光くしゃみ反射(Wikipedia)
光くしゃみ反射(ひかりくしゃみはんしゃ、photic sneeze reflexまたはlight sneeze reflex)とは、光刺激が誘因となって反射的にくしゃみが起こる現象をいう。屋内から晴天下の屋外に出た時や太陽の光が直接目に入った時など、まぶしさを感じると同時に起こる。この反射は日本人では約25%の人に現れる優性遺伝によって子孫に伝えられると考えられ、光くしゃみ反射をもつ家系では複数の家族が光くしゃみ反射を持つことが多い。

光くしゃみ反射をもつ人のあいだでもくしゃみを誘発する光の強度には著しい個人差があり、太陽光が直接目に入った時のように強烈な光だけに反射を起こす人もいれば、室内灯の灯り程度の弱光でくしゃみをする人もいる。この現象がどのような体内のメカニズムによって起こるかについてはまだ十分に医学的に証明されていない
はえ~。

うすうす、反射だろうとはわかっていたのですがまさか遺伝だったとは。そして優性遺伝のくせに日本人の25%というのも驚きです。ホントに優性遺伝ならもうちょっといても良さそうな気がします。

この手の反射とくしゃみの関係ってよくわかっていなくて、凄いのになるとウンコをするとくしゃみがでるとか性的興奮を覚えるとくしゃみが出る、というパターンもあるのだとか。要するに、特定の刺激がトリガーとなってくしゃみを誘発することがあるって話なんでしょうかね。

というわけで、もしかみなさまの周りにもまぶしいときにくしゃみをしている人がいらしたら、コロナじゃなくて反射なので勘弁してあげてください。

今日は日本学術会議がらみのこと書こうかと思っていたけど、それはまた時間のあるときに……。

やっぱりスーツは身が引き締まる話。

気温が低くなってきたこともあり、シャツスーツにネクタイというフル装備(さすがにベストはなし)で仕事をするようになりました。

私はジャケットなしをあんまり身軽だとか肩が凝らないと思わないタイプなので、暑ささえ何とかなるならスーツスタイルに抵抗感があんまりありません。

そして、いわゆるちゃんとした格好をしてみると、スーツのデザインってのはよく考えられているし組み合わせにも意味があるんだなと感心します。

わたしはファッションに疎いので流行云々については聞き齧り程度のことしかわかりません。シャツは本来下着だからジャケットは脱ぐなとか、そういう原理主義的こだわりにもハッキリ言って興味ないです。

ただ、服を着ることは文化を着ることだ、ということばには同意をするし、ヨーロッパの文化、少なくともスーツという衣装の意匠に込められた意味を知ると、なるほどと頷けることが多い。合理的かどうかはさておき、ちゃんと理由があったんだなと。

それならその理由を大切にするのが文化に対するリスペクトだろうと思って細々したことも自分なりにきっちりしてみると、存外背筋が伸びるような心持ちがするんですね。

きちんとアイロンをかけたシャツとパンツを身に纏っていると姿勢に気をつけるようになるし、雑な動きもしづらくなる。常に前のボタンを閉めることで手の可動域が制限されて、所作もパリッとしたものになります。

気のせいかもしれないけど、そういう気になることが大事というか。

引き締まった気持ちになって、やっぱり仕事にも前向きに向かえるようになりました。バカバカしいと思われるかもしれないけれど、やはりスーツは仕事のための服装であり、そこから気持ちを作っていくのはアリだなと思いました。

まずはカタチから。私みたいな自己管理能力が低くてエンジンのかかりが遅い人間には悪くない選択肢だと思います。

体力不足。

3連休がなかったっていう精神的な辛さも大きいのかも知れませんが、体力がなくなって「やらなきゃいけない仕事」があるのに寝てしまうことが続いています。おかげで、ほぼ毎日自転車操業。

まずいなぁと思いつつも、デッドラインぎりっぎりで仕事を仕上げる毎日。余裕がなくなってきています。どこかで頑張って態勢を建て直さないと……。でもしばらく休みも仕事が減る気配もないからなぁ。

こうやって、無理ができなくなってくると衰えを実感します。仕事への向き合い方も見直していく時期が来たのかも知れません。

あんまりかっこよくない。

山手線有楽町で、ヴィトンの鞄をはじめハイブランドで全身固めたお兄さんが乗ってきました。彼は速攻で優先席に座り、デカい男で音楽を聴きながらスマホをいじりはじめます。ガバっと股をひらいて。おかげで、3人席に2人しか座れない感じ。

新橋で結構人が乗ってきました。赤ちゃん連れのお母さんが重たそうに荷物と赤ちゃん抱えて立っていたのですが、お兄さんまったく動かず。

気づいてなかったのかガン無視していたのかはわかりませんが、結構微妙な気分になりました。

優先席だから譲れってのはおかしいのかもしれません。でも、海外の高級ブランド品で身を固めてるけど全然かっこよくはねーなと。むしろカッコ悪い。まあ、その場で声をかけることもせずに見て見ぬ振りをしたまま下車したあとでこうやってブログで文句言ってる私と同じくらいにはダサいです。

お兄さんにも何か事情があったのかもしれないし、単に立てないくらい疲れていたのかもしれません。それは分からない。でも、電車に乗ってふんぞり返って音楽聴く余裕はあるのですから、やせ我慢でも何でもそこをこらえて目の前の人に救いの手を差し伸べられる人のほうが、私はカッコいいと思う。

単なる貧乏人のヒガミかもしれませんけど、ラグジュアリーブランドを身に纏う人には金持ちの余裕とかノブレスオブリージュの文化とか、そういう背景も身に纏って欲しい。ただの上辺だけではなくて。

私だったら、装いだけでなく中身もカッコいい人でありたいと思うんですけどね。
《自己紹介》

エロゲーマーです。「ErogameScape -エロゲー批評空間-」様でレビューを投稿中。新着レビューのページは以下。
 ▼OYOYOの新着レビュー

ご意見、ご感想があればメールフォームからお寄せ下さい。面白かったよ! という時は、彼女に拍手してくれると喜びます。


記事検索
応援バナー(1)
シルキーズプラス A5和牛 『バタフライシーカー』

あけいろ怪奇譚
バナー(3)
『その花が咲いたら、また僕は君に出逢う』を応援しています!
発売中応援作品
メールフォーム
Twitter
応援バナー(2)
『その花が咲いたら、また僕は君に出逢う』を応援しています!




アーカイブ(過去記事)
情熱FX大陸