よい子わるい子ふつうの子2(仮)

18禁PCゲームをメインに、ラノベや漫画についてもダラダラ話を書きます。長文多いです。

時事ネタ

いつか流行るかと思って怯えていたインフルエンザがとうとう最後まで流行らなかった話。

今年の2月に、「インフルエンザの感染が激減している」という主旨の記事を書いていましたが(「震えるインフルエンザ。」)、昨年度はどうも、1999年に現行の調査方法が始まって以来初めて、「インフルエンザの流行はなかった」という快挙が達成されたようです。

ウェザーニュースさん掲載の推計受診者数グラフを見ると、冗談かと思うような減りっぷり。

influ2021_05

 ▼「インフルエンザ、現行調査で初の流行なし 今シーズン激減したわけは?」(ウェザーニュース)

新型コロナウイルス感染症の緊急事態宣言は全都道府県で解除されたものの、感染者数は一向に減少する気配を見せていません。一方で例年多数の感染者を出しているインフルエンザについては2020年秋から2021年春にかけて、厚生労働省の推計で医療機関受診者数が約1万4000人と発表されました。インフルエンザの患者数は「定点」と呼ばれる毎週全国約5000の医療機関から報告された数値をもとに、全国の患者数が推計されているものです。例年のインフルエンザの感染者数は、国内で推定約1000万人いるといわれていますので、今シーズンは約1000分の1に。比較的患者数が少なかったとされる昨季でも約728万5000人とされていましたので、500分の1未満となる大幅な減少をみせました。また、患者報告数が流行の目安とされる水準に達することなくシーズンを終えたのです。流行入りすることなくシーズンを終えるのは、今の方法で調査が始まった1999年以降で初めてだということです。
(中略)
今年はどうしてインフルエンザが流行しなかったのでしょうか。インフルエンザ患者減少の理由について、感染症に詳しい横浜鶴見リハビリテーション病院(横浜市鶴見区)の吉田勝明院長に伺いました。

「インフルエンザ患者が今季大幅に減少したことにはいくつかの理由が考えられますが、多くの人が新型コロナウイルスの感染予防でマスクや手洗いをしていることが、インフルエンザ患者を減らしているものと思われます。インフルエンザも新型コロナ同様に飛沫と接触で感染するので、コロナ対策がインフルエンザ予防策になっているのでしょう。さらに2021年は3月以降の渡航制限によって海外との人的交流が減少したことが、インフルエンザ患者を減らしていると考えられます。流行が半年ずれる南半球や季節を問わず流行している熱帯・亜熱帯地域からの入国者が冬季のインフルエンザ流行に関与していると言われています。そういった人的交流の減少が流行を抑えていると思われます」(吉田院長)今季は南半球のオーストラリアやニュージーランドでもインフルエンザの流行がなかったとされています。北半球と南半球の人的交流がインフルエンザの流行の一因だったのかもしれません。「3つ目の理由は、早い時期から行われたインフルエンザのワクチン接種があげられます。新型コロナとの同時流行があり得ることから、ワクチン接種が啓発され、多くの人が接種したことでインフルエンザ患者が減っていると考えられます」(吉田院長)


かんたんにまとめると、①手洗い・うがい・マスクをみんながしている、②インフルエンザが流行っている海外との人的交流(旅行やビジネス)がほぼなくなった、③ワクチン接種が普段より積極的におこなわれた、という3点が今回の結果に結びついたのではないか、という話。

記事によれば、インフルエンザに限らずほかのウィルス性感染症の流行も劇的に減っているそうなので、インフルエンザに特化した②や③よりも、汎用的なウィルス対策である①手洗い・うがい・マスク、が極めて有効だということではないかと思われます。

というか、こんなに効果あるのならコロナが収束してもみんなマスクつけたほうが良いんじゃないかと思います。「マスクは失礼」なんて話もありますが、病気やそれに伴う死者をここまで減らすことができるのなら、基本的にマスクをするほうが礼儀でありマナーである、という考えにしたほうが良いんじゃないかな~と思うようになってきました。

もちろん、行き過ぎてマスク警察が跋扈することになるのは困るので今ほど神経質になる必要はありませんが、「マスクをしている人はちょっとどうなんだろう」みたいな考え方が減って、「マスクをしているのは周囲に気を配れる人」くらいのイメージになっても良いのではないかなと。

夏場とかはマスクが暑かったり熱中症の引き金になるといった事例が報告されているので無理にとは言えないのかもしれません。ただ少なくとも冬場に関しては、マスクを付けることのメリットとマスクを外すことに実害が伴っているということが証明……とまではいかないにしても、関連付けて良い程度には可視化されているようにも思うのですが、いかがでしょう? これでもなお、「マスクを外しましょう」と言う合理的な理由って私はないように思います。

商品券偽造の話。

またかよーって感じですが、JCBギフトカードの偽造が発覚していたようです。以前と同じ、中国&暴力団がらみの犯罪のようです。読売新聞のスクープ。

 ▼「【独自】55万円「シャネル」にJCBギフトカード111枚差し出す、「おかしい」と直感した店員」(読売新聞)

 ジェーシービー(JCB)が発行する商品券「JCBギフトカード」の偽造券が昨年、東京や愛知、大阪などで計2700枚以上見つかっていたことが捜査関係者への取材でわかった。精巧なため、偽造券と判明せずに金券ショップなどを通じて一部が市場に流通している可能性もある。昨年3月にデザイン変更された「新券」の偽造券も含まれ、警察当局は暴力団などの資金源になっているとみて警戒を強めている。(糸井裕哉、伊藤大輔)

 「おかしい……」。昨年1月20日、大阪市中央区の輸入ブランド品店。16歳少年を接客した30歳代の女性店員はそう直感した。


 少年が購入しようとしたのは、約55万円もする「シャネル」のバッグ。店員に差し出したのは額面5000円のJCBギフトカード111枚だった。店員は「10万円分以上の商品券を出された場合は照会する」という店のルールに従い、JCBに連絡。券の特徴を伝えたところ偽造券と判明し、少年と見張り役の男の2人が偽造有価証券行使容疑などで逮捕された。

 その後、愛知県警と大阪府警の捜査で首謀者として浮上したのは、指定暴力団山口組系の「野内組」(岐阜市)組員の男(32)だった。関係者の供述などから男の関与を裏付け、今年2月に逮捕。男は3月17日、偽造有価証券行使罪などで名古屋地裁に起訴された。

中国から密輸か

 捜査関係者によると、JCBギフトカードの偽造券は昨年、東京、愛知、大阪のほか、野内組の拠点の岐阜県などで計2700枚超が押収された。このうち917枚を押収した愛知県警の幹部は「かなり精巧で、店頭でとっさに見抜くのは難しい。客が大量に持っていた場合、JCBに照会してほしい」と話す。

 大半は前年の2019年に全国の小売店や金券ショップで5000枚以上見つかったものと同一の偽造券で、券番号が「6」で始まり、切り離す部分のミシン目が粗いなどの共通点がある。同年に北海道警に逮捕された20歳代の男は調べに「中国から1万枚近い偽造券が持ち込まれたと聞いた」と供述したという。

 暴力団関係者らのほか、中国人も各地で摘発されている。捜査当局は、海外の犯罪組織が密造した偽造券が大量に日本に持ち込まれた上、暴力団と中国人グループの2ルートでばらまかれているとみている。

お札の偽造より簡単そうだし、チェックも甘そうなんで犯罪組織からすると「狙い目」なんでしょうかね……。金券ショップの買い取りとかもギフトカード系はかなりチェック甘い気がするし、出どころがしっかりわかるやつ以外買わないほうが良い気がします。

あと、偽造系でめんどくさいのは株主優待券。これも先日ニュースになっていました。

▼「偽造株主優待券の買取に注意」(リサイクル通信)

株式上場する企業が自社株保有者に提供する株主優待券の偽造品が出回っている。精巧に作られていたり、種類も多いことから、買取店が誤って買い取る恐れがある。これまで商品券の偽造品が出回ったことはあったが、株主優待券の偽造は珍しく注意が必要だ。

私は遭遇したことがありませんが、友人が言うには、「商品券買ってくれませんか」などと道でいきなり話しかけてくる外国人もいたりするそうで。そういうことなのかなぁと邪推したりしています。本人が犯罪に手を出しているつもりがなくても、日本に来るのをサポートした組織とかが「これを売って金を稼げ」みたいな指示出してる場合もありますからね。

こういう偽造系は、偽札掴んで使っちゃって捕まるみたいな感じで自分が知らない間に加害者になることもあるのでホントやめてほしいですわ……。

秋葉原のお店の最近の変化の話。

秋葉原からいろいろなお店が消えていく流れがありましたが、入ってくるお店もあります。

電気街口駅前のゲーマーズ隣、「マツモトキヨシ」があった場所は現在、なんか露店の工場直売お菓子屋さんが入っていました。一時的なお店かなとは思いますが、廃墟だったのに比べると多少安心感があります。

IMG_1767

あと、以前「WeGet」がオープンしたとお伝えしたら1ヶ月後になくなって(爆)、今年の2月からオープンしたのが、同じ東亜産業系列のPCR検査センター。自作通りの末広町よりのところにぽつんと。

IMG_1762

3,000円で検査できるということになっていますが医療機関相当の検査ではないので、正直どうなんでしょうか。東亜産業は、以前にも「ウイルスシャットアウト」を巡って景品表示法違反で消費者庁に警告されていたりするので(「株式会社東亜産業に対する景品表示法に基づく措置命令について」)、個人的にはあまり信頼はできないなぁと思っています。

アキバ・トリムのコンビニ、「生活彩家」も改装のため閉店していましたが、3月18日にローソンになって復活しました。

IMG_1765

生活彩家は関西(というか広島~岡山あたり)でめちゃくちゃ強い「ポプラ」系列のコンビニ。私が関西出身という贔屓目もありつつ、周辺のコンビニとはちょっと違う毛色なのが好きだったのですが、こういうご時世ですし仕方がないですね。

去年の9月に決まっていた流れです。

 ▼「ポプラや生活彩家など140店舗を「ローソン」「ローソン・ポプラ」に転換」(Impress Watch)

ローソンは10日、コンビニ大手の株式会社ポプラとの間で「ポプラ」、「生活彩家」、「スリーエイト」ブランドで営業している460店舗のうち、140店舗を「ローソン・ポプラ」もしくは「ローソン」ブランドへ転換し運営する共同事業契約を締結した。

140店舗のうち126店舗については、10日付けで設立されたポプラの100%子会社「株式会社ポプラリテール」がローソンのメガフランチャイジーとして店舗のチェーン展開を行ない、2021年3月から6月にかけて順次「ローソン・ポプラ」もしくは「ローソン」店舗に転換する。14店舗はローソンのフランチャイズ店舗もしくは直営店とする予定。

ローソンとポプラは、2014年12月8日に資本業務提携を締結し、原材料、商品等の共同仕入れ、物流インフラの相互活用等の取組みを推進してきた。'16年8月4日には、「ローソン・ポプラ」ダブルブランド店舗の本格的展開で、山陰地区事業に係る共同運営契約を締結。山陰地区の「ポプラ」店舗のうち51店舗を「ローソン・ポプラ」ブランドに転換し、両社の店舗インフラ・配送インフラの段階的な共通化を促進してきた。

今回の取り組みは、効率的な店舗運営体制と、それぞれの強みを活かした地域密着型のコンビニエンスストア展開が目的で、「ローソン・ポプラ」や「ローソン」ブランドへの転換を拡大していく。

あと、JR秋葉原駅ナカなのであんまり気にしている人がいないかもしれませんが、つくばエクスプレス側出口の近くにあった「のもの食堂(のものkitchen)」が3月末日で閉店しました。

IMG_1763

「地域のこだわりのある食材や商品を提供する」というコンセプトでやっていたお店で、ショップのほうは継続するみたいですがちょっとした軽食をとれる休憩の穴場みたいになっていたお店がなくなるのはちょっと残念です。

せっかく、交通系ICカードで入退場ができるようになったのでもうちょっと時間があれば売上回復できたのじゃないかなぁという思いもあり。

さすがに決算期を過ぎたこの時期、秋葉原全体を見ると「大きな変化」はちょっと落ち着いてきた感もありますが、すでにかなり大きな波が押し寄せ済みということもあって、その余波がこれからもまだしばらく残るなぁという印象。これからもあちこちで小さな変化は続きそうですね。

黄砂。

何か妙に眼がゴロゴロするなぁと思って眼鏡を見たら、黄色いものがついていたので目やにかと思っていました。どうも今思うとあれ、黄砂だったのでしょうか。

 ▼「東京で10年振りに黄砂を観測 全国に黄砂が飛来」(ウェザーニュース)

30日(火)の午後になっても、北日本から西日本の広範囲に黄砂が飛来しています。
景色が霞んだり、車や外壁に黄砂が付着したりしているところも多く、影響はまだおさまりません。

東日本で午前中に観測があったのは新潟のみでしたが、14時37分に東京で、58分に名古屋で黄砂が観測されました。気象庁が観測を発表しているほぼ全地点で、黄砂が観測されたことになります。
東京で黄砂が観測されるのは2011年5月3日以来、10年振りのことで、観測場所が虎ノ門に移転してからはじめてです。

名古屋は視程8km、東京は視程10km以上となっていますが、他の地点と同様に視界不良や物への付着に注意が必要です。

今回、ここまで大規模な飛来となった要因は、黄砂の発生源であるゴビ砂漠周辺で低気圧が急激に発達し、大量に砂が巻き上げられたことだと考えられます。
その砂が偏西風に乗って日本に多く飛来し、全国的に黄砂が観測される結果となりました。

ゴビ砂漠の砂だったんですね……。恥ずかしい話、このニュースで初めて知りました。まあ確かに、でかい砂漠って近隣だとあそこですか。

日本の火山の噴火がヨーロッパの気象に影響を与えたみたいな話もあるし、気流に乗って飛来する灰とか砂ってやべーですねぇ。

 

マイナンバーカード運用に見る日本の現実の話。

マイナンバーカードの健康保険証本格運用が延期になりました。

 ▼「マイナンバーカードの健康保険証利用 本格運用先送りへ 厚労省」(NHK NEWS WEB)

2021年3月26日 14時55分 

マイナンバーカードの健康保険証としての利用をめぐり、厚生労働省は、先行して運用が始まった医療機関で患者の情報が確認できないなどのトラブルが相次いでいるとして、今月末から予定していた全国での本格運用を先送りすると公表しました。

マイナンバーカードの健康保険証としての利用は、今月から24都道府県の合わせて54医療機関で先行して始まっていて、厚生労働省は今月末から全国での本格運用を予定していました。

しかし、患者の情報が正しく確認できないなどのトラブルが相次いでいるとして、厚生労働省は26日に開かれた医療保険部会で、本格運用を先送りし遅くとも10月までに始める方針を報告しました。

トラブルは、医療保険を運営する健康保険組合などが、加入者の被保険者番号などを誤った方法でシステムに入力したことが原因で、被保険者番号の誤りは今月24日時点でおよそ3000件あったということです。

そのうえで厚生労働省は、組合などにデータの修正を求めるとともに誤入力を自動的に確認する機能を新たに設けることを説明しました。
もっと高度なトラブルがあったとかなら仕方がないのですが、入力ミスという非常に初歩的なことが原因でした。

これがそのへんの民間企業の顧客データとかの話ではなく、国民の健康保険に関するデータを扱う、しかも国の肝いり事業でこの状態ということが問題です。健康保険組合にはそれなりのプレッシャーもあったでしょうし、そうなるとそれなりのクオリティで進めたい事務作業のはずなのに、クオリティが維持できていないわけです。きっと現場の指揮官のクオリティも高くないのでしょうし、報酬もお察しでしょう。

国のほうだってグダグダでした。「新型コロナウイルス接触確認アプリ」(COCOA) のことを思い出してみよってことで。日本の労働生産クオリティはガシガシ下がっているように感じます。

政治の世界も、内ゲバ(与野党の対立だってある意味内ゲバでしょう)に終始し、ほんとうの意味で国を良くしようとか長い目で見た国民の生活のことを考えようという姿勢は見られません。知的な生産性も地べたを這いつくばっている状態です。

なんとかいろいろなことを変えていかねばならないけれど、どうすれば変わるんでしょうかね。危機感だけはあるけれど方策が見えない。やっぱり選挙で大きなムーブメントが起きて、この国の官僚制度とかを抜本的に見直すような力が働くしかないのかなぁ。

銀座のテイジンが閉店する話。

これも結構衝撃的な話です。

銀座にある高級服屋・テイメンこと「テイジンメンズショップ」が今月で閉店。現在、セールやってます。銀座店だけではなくメンズ・ウィメンズ問わず展開しているすべての店舗を閉めるとのことで、よほど厳しい様子がうかがえます。

teijin01

中を覗いた感じ、私の身体に合う服はなかったので買い物はしませんが、銀座数寄屋橋通りの超良い立地にある、60年続いたお店がとうとうなくなるのかという感慨と、そのことに驚きを感じなくなった事実にびっくり。

テイメンといえば日本のアパレル系セレクトショップのパイオニア。BASSの靴(ローファーのあれです)やポールスミスを日本の引っ張ってきたことで有名。ちょっと渋めの中年男性向けファッションといえばテイメン、みたいなイメージはありました。

2019年から小売に挑戦したり、独自のブランド(テイメン・ギンザ)立ち上げたりと動きを見せていましたが、カジュアル化の波とコロナの影響に打ちのめされた感じでしょうか。

繊維メーカーとしての実績があるので(アオキと共同でジャケット開発していたり)跡形もなく消え去るみたいな話ではないとおもうのですが、アパレル、それもちょとしたおしゃれ系の服はこれからもそうとう苦戦が続きそう。

ほんとうに早めに手を打たないと、日本のアパレル業界の多様性は失われてしまいそうですね。まああるいは、それで良い(服なんておしゃれじゃなくても生きていける)ということなのかもしれませんが。

税込表示への変化の話。

あまり気にしていなかったけれど、なるほどなぁと思ったのがコレ。かいつまんで言うと、今年の4月から「税込」表示が義務化されるため、税別表示のままの本は刷り直しをせず多くが絶版になるんじゃないかという話です。

 ▼「本の絶版多発の恐れも…総額表示の義務化が「書籍」を直撃 「本体価格+税」不可で刷り直しに多額の費用か」(FNNプライムオンライン)

「総額表示」義務化を商機に? 対応に明暗も…
4月から義務化される、値札やチラシなどでの商品の「総額表示」では、本体価格が500円の商品の場合、「500円+税」「500円(税抜き)」という表現は4月からNGとなり、「550円」「550円(税込み)」「550円(うち税50円)」などという表現になる。

この総額表示の義務化で、ユニクロでは3月12日から消費税抜きの本体価格をそのまま「税込み価格」にして販売している。

例えば、これまでは「1990円+消費税」としていたものを税込みで1990円とし、全商品が実質約9%値下げに。

さらにNTTドコモは、新プラン「アハモ」の月額料金を280円値下げし、税込み2970円に。その前は「2980円+税」で3278円だったため、3000円を切る税込み価格にすることで割安感を感じさせる戦略とみられている。

外食チェーンのリンガーハットでは、1か月前倒しして3月1日から価格表示を変更しているが、価格自体の見直しも行った。「長崎ちゃんぽん」は税込み649円から650円に値上げした一方、長崎皿うどんは税込み682円から680円に値下げ。

目的は1円単位の端数をなくすことで、おつりとして渡す硬貨を減らすことができ、コロナ禍で接触機会を減らすことに繋がるとしている。

総額表示の義務化で影響を受けるとされているのが「本」だ。店先に並ぶ期間が食品などに比べ圧倒的に長いため、税率が変わる可能性を見越してほとんどが「本体価格+税」という形で表記されている。

刷り直しで出版社などが大きな負担を負う可能性があり、経費面の問題から絶版になってしまう本が多発してしまう恐れもある。

(東海テレビ)

実際問題書籍の売上を考えると、わざわざ刷り直してまで売ろうという本は少ないでしょうね……。

そういう側面で考えると電子書籍ってすげー便利だし楽な流通方法だと思うので、やっぱり「内容が大事だ」というのなら電子書籍にシフトさせるのがこれからの時代にマッチしてる気もします。紙の本も好きですけど、そこにこだわって「なくなる」くらいなら、時代の流れに積極的に対応していってほしい。

「時代の変化に対応する」みたいな本を出している出版業界が、それができずに倒れていったら笑い話にもなりませんからね……。

秋葉原アトレの「ワルツ」が閉店した話。

知る人ぞ知るお店、ということになるのでしょうか。秋葉原アトレ1の2階に、「ワルツ」という靴磨きのお店がありました。セレクトショップ「デフリュール」の店舗の一部を間借りするようなかたちで営業していた、人が2人入ればいっぱいになる小さなお店ですが、10年前(2011年)からある老舗です。

有名なシューシャイナー(靴磨き師)松室真一郎氏の弟子筋に当たる方が常駐しており、今のかたは2代目だったと思います。結構若い方。

当初は税込み1000円だったスタンダードコースがいまは税別1500円(税込み1600円)に値上げされていましたが、サフィールの高級クリームで丁寧に磨いてくれ、10分ほどで靴がピッカピカになるのはとても気持ちよかった。あと、靴の呼吸を妨げない(ワックスで光らせない)やり方も好みでした。光らせることより、栄養補給をして靴のメンテナンスをすることに主眼がおかれているというか。

路面の靴磨きだと他には有楽町駅前の「千葉スペシャル」か、上野御徒町の「石塚」を時々利用しますが(ガチのメンテならブリフトアッシュ)、ワルツはアクセスが良くサービスも満足度が高いので月に1度か2ヶ月に1度は行くくらいに気に入っていたお店でした。ところが、今日訪れてみると閉店していたのでビックリ……。

waltz_closing

お店の人にたずねると、事故とか不幸があったとかではなくワルツのスタッフの方のご都合によって今月の20日に閉店したということで少し安心はしたのですが、新年度に向けて最後の磨きをしてもらえばよかったと後悔しています。しょんぼり。

代わりの似たようなサービスが投入されることはおそらくない、ということでしたので、秋葉原で靴を磨こうと思ったらヨドバシのところにあるミスター・ミニットか、つくばエクスプレスの改札前にあるリアットしかないですかね……。他にあればぜひ教えて下さい。

事情ははっきりとわからないのでいい加減なことは言えません。ただ、これもコロナの影響なのかなと疑ってしまいます。ぐぬぬ……。大きいお店が潰れたというわけではないにしても、10年間続いていた、目立たないけれど素敵なサービスが失われてしまったことを残念に思ったのでした。

シン・エヴァのこと。

観てきました。

ronritetugaku


以上。

生きづらい世の中。

今日電車に乗っていたら、頻繁にくしゃみをしている女性がいました。

kusyami

で、くしゃみのたびに「花粉症ですので」と言うんですよね……マジで。

もちろん、コロナのご時世ですので周りに不安・不快感を与えないためでもあるでしょうし、自分が白い目で見られるのを防ぐということもあるのでしょう。くしゃみの原因が花粉症なのか否か……真偽の程はさだかではありませんが、本人がそう言ってるのに「嘘だッ!!」と叫ぶわけにもいきません。電車の中、窓はあいているのに空気が重い。

こんなこと言わなきゃいけないのもバカバカしい話といえばバカバカしい話です。外出自体がストレスになりますし。また、こう言われてしまうと疑っている人が移動しづらいのも問題です。露骨に席を立ったり、車両を替えるのがためらわれますからね……。

朝のラッシュアワーでさえ、咳き込む人がいたら車両を替える様子を見かけるので、コロナを回避するために離脱したいという人は少なくないのでしょう。しかし、花粉症ですからと言われちゃうと、これは離脱しづらい。それが良い方向に行く気は、正直あんまりしません。フラストレーションが溜まるだけの気がする。

これから先も、こういう状況が続くと蓄積された鬱憤がどっかで暴発するかもしれず、ちょっと怖いなぁと思います。現実的な問題として、こういう状況を検討する公的な場を設けたほうが良いんじゃないかなぁ。もちろん規制をしろとかいう話にはしてほしくありませんが、一人ひとりのモラルでどうにか、ってやってたら収集がつかなくなる気がするんですけれど。
《自己紹介》

エロゲーマーです。「ErogameScape -エロゲー批評空間-」様でレビューを投稿中。新着レビューのページは以下。
 ▼OYOYOの新着レビュー

ご意見、ご感想があればメールフォームからお寄せ下さい。面白かったよ! という時は、彼女に拍手してくれると喜びます。


記事検索
応援バナー(1)
シルキーズプラス A5和牛 『バタフライシーカー』

あけいろ怪奇譚
バナー(3)
『その花が咲いたら、また僕は君に出逢う』を応援しています!
発売中応援作品
メールフォーム
Twitter
応援バナー(2)
『その花が咲いたら、また僕は君に出逢う』を応援しています!




アーカイブ(過去記事)
情熱FX大陸