定時は死んだ。定時は死んだままだ。

そして私たちが定時を殺したのだ。

私たちはどうやって自身を慰めたらよいのだろう。