ちょっとした近況報告というわけでもないのですが……。

最近というかここ数ヶ月(3月以来)、仕事のほうでいろいろあって「ヤベー」っていう状態が続いていました。今もまだその状況を完全に逃れたわけではないですし、8月くらいまで(コミケ大丈夫かしら)しんどい状況が続くのですが、まあとりあえず、少し精神的に落ち着きました。

ネットだとあんまり「鬱っぽい」様子を出すのも読む人にとって微妙かなと思って、本当に深刻なところは出さなかったつもりでしたが、いまつぶやきとかブログとか読み返してみると、もしかするとちょっと不安定になってるかなーとかやけくそ気味になってることがあったかもしれません。いや、怖くて読み返してないですけど。

ちょっと大きなミスをしかかって、それが致命傷になるまえに周囲の協力もあってなんとか食い止めたんですが、まあそのことについて責任問題が発生したり、上司の目が冷たかったりで、物理的にも精神的にもキチキチでした。

むろん、それだけならば私が悪いのは間違いないんで当然のこととして受け入れます。今回キツかった(あるいは現在進行形でキツい)のは、「私だけが」悪いように吹聴されていること……というか、私のことを影で悪口言っているというのが分かってしまったこと(証拠物件が出てきたので)です。ありがちな被害妄想とかではなくて、他の人に送るつもりだったんだろうメールを間違えて私に送ってきたので。わざとかこれ?

はっきり言って上からの指示は何言ってるのかわからないのに、聞き返すと「理解力が足りない」と無能扱いされ、自分の判断でやると「そこはそうじゃない」と怒られる。理屈が通っていれば納得もするんですが、「お手紙」を「御手紙」と書くのはダメだとか、そういうことで「常識がなく、言うことも聞かない」と言われると泣きたくなる。一事が万事で、私に世間的な常識が不足しているのかもしれないけれど、単にあんたの好みの問題もあるでしょ、と。それをごちゃまぜにされてると思ったからそう伝えると、「生意気だ」とますます怒られる始末。

今回のミスはそういうのの積み重ねの上に発生した部分もあると私は思ってるんですが(つまり、不明瞭な指示で私に任せたという問題「も」あった)、

あげく、私を嫌ってるからか何かしりませんが、報告や連絡に対するレスポンスも来ないし、それが私のせいになってるし(案件の3週間前に連絡したにもかかわらず、「連絡が遅い」と言われました。内規では2週間前がリミットのはずなんだけど)。

夜は眠れないしご飯は食べれないし、胃は痛いし、メールボックス見るのが苦痛だし、普通に一日を送るのがつらかった。いやーもうマジで、腹いせに首でもつろうかと冗談じゃなく何度も考えました。おまえらのせいで人が一人死んだとなったら、どんな顔するんだろうと。

ただ、なんだかんだで死ぬのが怖いのと、世の中もっとつらくてしんどい目にあってる人いるのにこの程度で嘆いてたらいかんだろという意地と、こんなので死んだらばかばかしいという考えによって思いとどまりましたけど、なんか変なきっかけがあったら思いあまっていたかもしれないなぁと、今になって思います。特に6月の最初はヤバかった。メンタル弱いんですよ、私。で、そんなことばっかり考えてるから余計仕事の手がつかなくなり、白い目でみられ……という悪循環発動。作業的な仕事はできるんですけど、自分でスケジュール立ててやるのとかが限りなく困難になってたんです。

とりあえずそんな状況でかろうじて踏みとどまっていられたのは、なんだかんだいくつかの幸運があったせいだと思います。特に救いだったのは、ネットでしょうもない話でもしてくれる人がいたということと、エロゲーと「日課」。ネット界隈は「現実じゃない」とか「空虚な繋がりだ」とか言われますけど、私はどっちかというとネットのほうで趣味の話とか全開にしてるぶん、現実にかけるウェイトが少ないところがあります。んで、「実生活の仕事のことなんかで死んだらばからしい」と思えた(あるいは、無理矢理思い込んだ)。

これ結構重要なことかなと思うんですが、現実だってやろうと思えば「逃げ場」があるんですよね。今の時代。もちろん、ある程度逃げる算段が無いと無理だし、どうやっても逃げられない状況ってありますけど、少なくとも仕事がらみのトラブルとかだったら、とんずらかませる。で、私は仕事に命をかけてきたわけでもないので、いつ逃げたって良いんだと思えば、まあ多少楽になりました。そのことによって各方面にかけるであろう迷惑を考えると気が重いけど、自分の命にはかえられないし。

ネットで人と話しとかしていると、ああ、こっちにもちゃんと世界はあるし、この世界とは私が仕事やめたって、いま周りにいる上司とかに愛想つかされたって、つながってるじゃないか、と思えたのは、結構大きかったです。

んで、エロゲーはまあ、心のオアシスです(笑)。やってると気が紛れるし、一時はやる気にならないくらいへこんだこともありましたけど、無理にでもインストールして開始してしまえば、多少テンションがあがってくる。もともと物語が好きなので読んでいると楽しいし、感想書きたいなとか、「やりたいこと」が出てくる。残念ながら、エロゲーのキャラクターのせりふに感銘を受けるとか慰められるということは無かったですけど、まあ大きな支えでした。

最後に、「日課」。これは、ブログとか散歩とかですね。とにかく、毎日やると決めていることのために、身体と頭を動かす。じっとしているととにかく気持ちが沈んでダメでした。散歩でも買い物でも、とにかく身体を動かすと、不思議と少し前向きになって、「いま問題なのはこれとこれだから、とにかくこの対処だけでもやろう」とか、目の前のことからでも片付ける気になりました。そうして、ある程度見通しがついたと思えたら実際にとりかかる……という感じ。ブログとかは、世間のことや周りのことを拾ってきて考える楽しみがあったし、何か1つでも2つでも、自分がものごとをクリアしているという達成感が得られたのがよかったです。

まあそんなこんなで、ようやく自分を少し振り返れる程度には回復してきたし、仕事の方もある程度めどが立ってきた……と思います。完全に復活できるのがいつになるんだか分かりませんけど、ぼちぼちやっていくんで、今後ともよろしくお願いします。

なんでこんなこと書いたかというと、自分でそろそろはき出したかったというのと、同じような感じでしんどい気分な人がいたら、(エロゲーはともかく)多少参考になるサンプルを提示できるかなと思ったからです。思い上がりかもしれませんけど。

つまんない話に、長々おつきあいありがとうございました。