先月のこと、京都大学で「緊縛」に関するシンポジウムが開かれて大炎上していたというニュースが入ってきて大笑いしました。さすが京大。

 ▼京大 緊縛動画を公開停止し謝罪(NHK NEWS WEB 関西)

京都大学で先月開かれた、縄で人を縛ることをテーマにしたシンポジウムで、着物姿の女性を縛るようすを実演し、動画をインターネットで配信していましたが、大学は内容に不快感を示す意見が寄せられたことから、公開を取りやめました。

先月24日に京都市左京区の京都大学で開かれたシンポジウムは、縄で人を縛る「緊縛」をアートとして紹介しようと京都大学文学研究科の教授が企画したもので、学生などおよそ80人が出席しました。

会場は文学部の講義室が使われ、この中で男性が実際に着物姿のモデルの女性を縛るなど、およそ30分にわたって実演が行われました

シンポジウムの様子は、動画投稿サイト「YouTube」で配信され、海外で話題になるなどして、50万件以上のアクセスがありました。

一方で、この動画を見た人から「女性を軽視している」とか、「これは学問なのか」など不快感を示す意見が寄せられ、京都大学は今月5日、動画の公開を停止したということです。
京都大学は、「大学の研究成果はできるだけ社会に還元すべきと考えているが、今回の動画の一部について不愉快に感じた方には申し訳なく思います。今後は適切な配慮を行う」とコメントしています。

シンポジウムを企画した京都大学文学研究科の教授はNHKの取材に対し、「“緊縛”が現在、国内外で現代アートの新潮流として注目を集めている現状を踏まえ、新たな動向に光を当てることが今回のシンポジウムの意図でした。意見を寄せられた方以外にも、不快感を持たれた方々がおられた可能性がありますので、おわびの文書をホームページに掲載させていただきました」とコメントしています。
kinbaku

ネタかマジかわかりませんが上から下まで煽っているとしか思えないコメントが並んでいて大草原です。というか、「縄で人を縛ることをテーマにしたシンポジウム」という一行目の文言が既に意味不明です。どう社会に還元するのか……。

動画のほう(これ)も見たんですが、パンチが効きすぎて笑えます。

kinbaku2

この辺はまあ、ちょっとえっちぃなあくらいだったんですが……。

kinbaku3

大股開きになってヤバさが激増。ちっちゃい子には見せられない展開になってきました。大真面目にやっているのが相当シュールです。

kinbaku4

この辺になってくるともう何が何だか。お尻も丸見えでポーズもエロすぎるはずなんですが、大教室っぽい後ろの黒板といかにも古い校舎にありがちな時計のミスマッチが絶妙で笑えます。というか、たしかにこの辺までくるとアートな雰囲気がしてきました。

isaku

古い校舎で縛る…………う~ん、遺作さんかな?

何というか、さすが京大という感じです。これが教室使用申請通っちゃうんだもんなぁ。そして80人も学生がくるんだもんなぁ。こんなアホ(褒めてます)な真似は、頭が固い東大にはできないですね。

学術会議云々で揉めたこともありましたが、これぞ「学問の自由」って感じがします。ロックです。あちこちに笑いをばらまきながら、本気で、文字通りカラダを張って既存の枠組みをぶっ壊しに行ってますよね。だいたいこんなもの、Youtubeで配信して問題にならないと予想しないわけがないんです。やった時点でわかっていたでしょう。「今後は適切な配慮を行う」というコメントまでが既定路線の、壮大なパフォーマンスだったんじゃないかと思っています。

京都大学文学研究科には是非今後とも研究に邁進していただき、緊縛文学の発展に貢献していただきたいと願う次第です。