今日帰宅の電車の中での話。ある駅で入ってきた乗客で座席にひとり、立ったままの人でひとり、凄い咳き込んでいる男性がいました。

季節の変わり目だし風邪が流行っているという話も聞くのでコロナと直結させる必要はないとみんなある程度分かっているとは思うのですが、次の駅に着いた途端、ドアから人がざっと出て別の車両に乗り換えていきました……。

私はその駅で降りる人だったので、マイグレーションする人の動きをチラ見するだけでしたが、続けて乗るなら私も車両変えたかなぁ。変なミエを張ってそのままいたかもしれませんが、気にはなったと思います。

しかし、2人とも職場でおそらく似たような状況になっていたんでしょうに、ふつうにこの時間(19時ごろ)まで働いていたわけです。目に見える症状があっても、会社は休ませないんですよね。

ということは、目に見えない発熱や腹痛などで休むことはもっとないはずです。それで大丈夫なんでしょうか? 大丈夫なわけないですね。あきらかに。

結局、休んでくださいという個人へのお願いも、休ませましょうという企業や組織への要請も、まったく徹底されていない。うちの会社もそうです。

親戚のお子さんが通っている学校では試験期間に入ったそうですが、受験しないと高校入試の成績に関わるからということで発熱があるのに試験を受けている生徒がいるそうです。でも、学校はそれを知っていて止めていないんだとか。あかんやろ、と思うのですが実態はそんなもんですよね。塾や予備校は更に酷いという話も聞きますし。

もちろん、どこも外向けのポーズとしては「対策をしっかりしてます」なわけですよ。でも、実態は伴っていない。原因はあきらかで、誰も責任取りたくないからですよ。無理やり休ませて大したことがなかったら、そこで発生した被害の責任をどう取るのか。また、休んだことで発生する「穴」を誰が埋めるのか。みんなババ引きたくはありませんよね、そりゃあ。

ただ、この状態を何とかしないとほんとにまずいと思うんですけどね。正直者がバカを見ることにもなりますし。

いろんなところの実態調査とかしたほうが良いんじゃないかなぁ。それか、個人の状態を政府に伝えれば休ませるべきかどうかといった判断を出してくれる診断フォーム設置するとか。感染拡大を食い止めるという実利をとるなら、誰かが責任を取るのではなく、いっそのこと責任取る奴が内部に出ないようにすれば、もうちょっと「自粛」も行き届くと思うのですが。