仕事用のスリッポン(もち革靴)と雨用の靴がほしかったので、百貨店のクリアランスセールを巡ってきました。初日のたいへん混雑するタイミングだったので、これから先はまた変わってくるかもしれませんが、ビジネスシューズ探そうかと思っている方向けに、素人視点からご紹介します。

ちなみに想定しているターゲットは、革質とかブランドとか、正直自分では見分けつかないのであんまり気にしないけど完全に無頓着ではない、というレベルです。というか、私がそうです。

ぶっちゃけそのへんを完全に気にしないなら(馬鹿にしているのではなく良い意味で)ABCマートに行くか、テクシーリュクスが間違いないんじゃないかと思います。ビジネスシューズといえばRegalみたいな風潮はありますが、Regal実はサイズ感難しいし、木型によって履き心地全然違うし、割と上級者向けという感じ。

1.新宿伊勢丹メンズ館(B1F)
品揃 ★★★★★(高級路線に関してはピカイチ、珍しいサイズもあり)
価格 ★★★(税抜き15,000円~が基本)
接客 ★★★★(人数が充実。また、誰でも質が高い)
混雑 ★★(激混み)

最初に行ったのはここ。まあ、世の男性の靴探しならここに行きゃ間違いないよねっていう。

インポート系から国内産までとにかく大量のセール商品が所狭しと並んでいました。さすが日本一の売上を誇る百貨店だけあって、スタッフの数は充実。誰に聞いてもそこそこの対応をしてくれるし、突っ込んだ質問をすると専門の担当者と連携して答えてくれるのが◎。適当なことを言われたり、わかりませんで終わることが基本なくて、本当に安心して買い物ができました。

問題は、価格帯がかなり上目なこと。セールになってなお6万とか8万の品が平然と並んでいて、またそれをガンガン購入していく人もいるという世界。まあ革靴ってそういうもんといえばそういうもんだし私も1足8万とか10万とかの持ってますけど、セールで無造作に買うもんじゃないなぁっていう。

もちろんそれなりに安価なセール品も並んでいますが、スニーカーとかを除けば基本10,000円以下は無い感じ。私は一般人なので、ブランドで選ぶより価格で選びたくなりました。だいたい20,000円未満、サイズこのくらい! と伝えるとすぐそれなりのものをご案内してくれます。

2.銀座三越
品揃 ★★★★(インポート系多し。サイズは少なめ)
価格 ★★★(伊勢丹と同じ)
接客 ★★★(質にばらつきがあり人が少ない)
混雑 ★★★★★(ぶっちゃけガラガラ)

三越・伊勢丹グループなので正直あまり変わらないだろうなと思って行ったんですが、あまり変わりませんでした(笑)。

ただこちらは比較的インポート多め。別注オリジナルの品なんかもあって、伊勢丹とはまた違った魅力があります。基本ラインアップはちょっと控えめだけどプラスアルファが充実している感じ。ただ、サイズはかなり少な目というか抜けが多い印象でした。そもそもクリアランスセールは通常の販売で残ったものを出す感じですから、売れ線のサイズはあんまり下がってこないとは思うんですが、それにしても極端にデカいとか小さいサイズばっかり残っていたような。メジャーどころは売りきれたのかな?

接客は、とんでもなく雑な人からすごく丁寧な人までさまざま。何にしても、靴売ってるのにどう見てもサイズ合っていないブカブカ・履き皺でシワシワの靴で歩いていたり、お客の前にタバコの匂いをぷんぷんさせて出てくるのはちょっとどうなんだろうと思います。いっぽうで知識も豊富、判断も的確という人がいて、こりゃもう当たり外れうは運だなっていう。

伊勢丹に比べて圧倒的に良かったのは、混雑度。ほぼ人いない状態でした。いや、数名はいたけどセール中の人数じゃないよねっていう。土日になったら混むんでしょうか。

3.阪急メンズ館(5F)
品揃 ★★★(かなり偏っている。セール品自体が少ない)
価格 ★★(高めでセール率も低い)
接客 ★★★(人が少ないし、売り場全体を把握していない)
混雑 ★★★★★(ガラガラ)

関西の雄、阪急百貨店。有楽町のメンズ館です。

もともと5Fの紳士靴売り場が少ないせいか、先に伊勢丹を見ていたせいか、あまりラインアップが充実しているとは思えませんでした。ただ、阪急が得意とするマグナーニの品揃えが充実していたり、ソフィスアンドソリッドがセールにかかっていたりと、三越伊勢丹との差別化はできていたかな。

ただ、三越伊勢丹ではセールになっていたシェットランドフォックスがセールに入ってなかったりと、見応えが無かったのも事実。ぶっちゃけ、阪急でしか扱っていない特定のブランドに思い入れがあるとかでなければわざわざ行く意味はないかなと思いました。

3.有楽町マルイ
品揃 ★(ブランドショップ中心で専門靴売場がない)
価格 ★★★(もとが安いだけでセール率は控えめ)
接客 ★★(ショップによるが、たいてい適当)
混雑 ★★★★★(ガラガラ)

有楽町のマルイは、いろんなブランドの靴を幅広く扱っているところがあまりなくて、基本それぞれのテナントが展開しているブランドを販売するという路線。

ですのであんまりラインアップは充実していませんでした。もとからそのブランドが気に入っている、などの理由があれば、そこのセールに行けるというくらいかな。クインクラシコとか。

4.池袋西武
品揃 ★★★★(種類・サイズともかなり充実)
価格 ★★★★(高級路線から10,000円を切るお手軽路線まで)
接客 ★★★(人数は充実。質は可もなく不可もなし)
混雑 ★★★(人はいるがストレスは感じない程度)

最後です。かなり頑張っているなと思ったのが池袋の西武デパート。8~9,000円くらいの靴からその10倍くらいのものまで幅広くラインアップ。サイズも結構充実していました。

取り扱っているブランドの違いということもあるのでしょうが、伊勢丹や阪急とは違う、庶民的な靴の充実度が段違い。もちろんそれだけに、同じような価格帯でも靴のクオリティがぜんぜん違うものもあったりして「ババを引く」可能性は高まっているんですが(たとえば元が20,000円で3割引きになって13,000円くらいの靴と、元が30,000円で半額になって15,000円くらいの靴が並ぶと、圧倒的に後者のほうが良い革使っていて製縫クオリティも高いのに、値段が2,000円差になっているせいで気づかずスルーしちゃうこともある)、限られた予算でバリエーションを揃えるなら西武のほうが向いているように思えます。

接客はふつう。ただ、隣接するシューケアショップと連携してそちらのスタッフもうろうろしているのでお手入れのこととかを聞きやすいのは他店にはない良さかもしれません。


………

というわけで、他にも小さいお店とかいろいろ見てきたんですが、主だった4か所はこんな感じ。ンで、これだけ巡って実は1足も靴買ってないんですよね! ハハハ……。

ま、まあセールは7月上旬まで続きますし、どこかのタイミングで更に値下げがあるかもしれないし。気長に、気長に。

一応今回見た中で良いなと思ったのは、Madrasのインポート靴。廃版になるとかで、30,000以上のやつが15,000円くらいになっていました。革も割と良い感じだったし、デザイン気に入ればお買い得かなと。

明日は色んなイベントいくんで、明後日うまく時間をつくって、スーツとかも見に行こうかな。