書籍も「産地直送」の販売が始まりそうです。というか、デジタル書籍とかもうすでにそんな感じですよね。

 ▼アマゾン、日本で書籍値下げ販売検討 年内に試験的導入(朝日新聞デジタル)

 ネット通販大手のアマゾンジャパンが、取次会社を介さずに出版社から書籍を直接購入して返品をしない「買い切り」を開始し、書籍の値下げ販売も検討する方針を明らかにした。

 年内に試験的に導入予定だという。書籍は再販売価格維持制度(再販制)によって定価販売が一般的であるため、出版業界に大きな影響を与えそうだ。

 アマゾンジャパンによると、これから出版社と協議を始め、どの書籍を買い切るかを決める。まずは出版社の定価で一定期間、販売。在庫が残ったら、出版社と協議をした上で値下げ販売を検討するという。個別に出版社と交渉するため、値下げ幅は版元によって変わる見込みだ。

 出版業界では再販制の下、書店は出版社の決めた価格で本を販売しなければならないが、返品は原則自由にできるようになっている。出版不況が続き、紙の出版物の市場がピークの半分以下に縮小する一方、新刊の発行点数は高止まりしており、他の業界に比べて返品率が高いことが近年問題になっていた。(後略)


取次会社というと、大手はトーハンとかになるんでしょうか。 

築地(豊洲)のような中央卸売市場から小売へ……みたいな流れがかつての物流のスタンダードでしたが、ネットの発達によって正直時代遅れになってきた感はあります。百貨店が廃れてきたというのも、そうした流れの中に位置づけることができるでしょう。かつてあれ程の勢いを誇った家電量販店が今や見る影もないのも、ネット販売の影響だと思います。

私が主戦場とするエロゲーにしても、流通が全てを握って業界を牛耳っていた時代から、ダウンロード販売のような形式が力を持つようになってきました。ディスクをプレスする会社、箱を作る会社、運送会社……といったさまざまな利権がそこには絡んでいたはずですが、結局、安くて手軽で便利なほうにシェアが移るのは避けられないのだと思います。(私は本が好きだしパッケージのエロゲーが好きだけど、そういうのは「好事家」の趣味になっていくのでしょう)

これについてはもう、賛否ではなく「そういうもんだ」と受け止めて受け容れるしかないような気もしています。「よくないことだ」と言ってみたところで、流れは止まらないでしょうし、たぶんですけど。