DeNAが無料タクシーサービスを開始するそうで。

 ▼「DeNAが「0円タクシー」 広告主が運賃支払い」(日本経済新聞)
「0円タクシー」は車内の画面で広告映像を流すほか、車体にも商品などの広告を掲載する。タクシーの運賃は法律で範囲が決められている。運賃を無料にするのではなく、広告主やDeNAが負担する仕組みにすることで法律的な問題をクリアしたという。

まず日清食品がスポンサーとなり、同社の即席麺の広告を掲載する50台を運行させる。配車エリアは港区や中央区などの都心部に限られるが、東京23区内全域への運行が可能だ。


広告トラックみたいなノリで、乗客載せるってことみたいですね。どこにでもいけるって訳ではないのかな。しかし、うまいアイディアであるとは思います。

50台って少ないようでいて、限られた区域ならそうとうの頻度で出会う数ですな……。

正直都内住みとしてはすげー便利そうだし荷物抱えてるときとかに活用のしがいがありそうなのでガンガン流行って欲しいんですが、古今に無料と名のつくものが長く残ったり発展したことってあんまりなかった感じがあるんで、まあほどほどの期待感をこめて見守ろうと思う次第です。