西日本各地で大雨による被害が出ており、被災されたかたがたには心よりお見舞い申し上げます。

さまざまな被害が報告されるなか、山口の旭酒造がダメージを受けたという報せが入ってきました。

 ▼「日本酒「獺祭」の蔵が浸水被害」(共同通信)
 海外でも人気の日本酒「獺祭」を造る旭酒造(山口県岩国市)は7日、豪雨の影響で蔵の一部が浸水するなどの被害を受けたため、獺祭の製造を停止した。復旧作業を急いでいるが、今のところ復旧のめどは立っていないという。

 旭酒造によると、岩国市にある蔵の近くで土砂崩れが発生し、2棟ある蔵のうち1棟に、土砂でせき止められてたまった水が流れ込んだ。また2棟とも大雨の影響で停電しており、冷蔵設備なども動かせないことから、獺祭の製造を全て停止することにした。

こうした浸水被害、農業系のダメージが大きく取り上げられることが多いのですが、産業全般に深刻な被害がくるんですね……。当たり前ですけれど、ニュースにならないところで大小さまざまな影響が出ているのでしょうし、ふつうの生活にもその余波は及んでいるのでしょう。

復旧までのことを考えると気が重くなります。ほんとうに天災って怖いですね。