中学の同窓会に行ってきました。

もうみんないいおっさん・おばさんになっていて、子連れは当然。中には離婚しましたみたいな人もいて、なんというか人生いろいろだなっていう感じです。

来られなかった人はいるけれど、今のところ1人も欠けることなく元気にしていて、病気で同じくらいの年の友人が苦しんだり、下手をすれば他界したりするのを見ていると、そのことは本当に幸せなことなのだろうと思います。

とはいえ、もう40歳になろうかというわれわれ、いずれ誰かが欠けて、少しずつ揃わなくなるんだろうなぁみたいな話がずっと出て。「また一年後まで、元気でいよう」という別れの挨拶が、妙に心に染みたのでした。