グラブルフェス、2日間が無事……かどうか微妙ですが、とにかく終わりました。参加したきくうしの皆さま、スタッフの皆さま、ありがとうございました。かんたんにですが、レポートなどを。

【初日 ~先行入場】
先行入場チケを持っていたので、開場の10時にあわせてのんびりと出発。京葉線・海浜幕張駅についたあとは、ゆっくりと周囲を見物しながらメッセを目指しました。

001

……が、現地についてみると凄い人の群れ。下の写真、奥側が一般待機列です。東京ゲームショウのときより多いんじゃないかこれ……。先行入場組は既にゲートの中に入っており、そちらで会場の外周を囲うかたちで相当長蛇の列が形成されていました。

002

おかげさまで開始後は物販列に監禁。完全に出遅れたかたちになります。正直平日だからというので舐めてました。

無事目的の冊子を買い求め、いざ会場内探索へ。場内にはいたるところに「グラブル」関連の立体物が置かれていて、なかなか良い雰囲気をつくっていました。

003
みんなの乗ってる艇、グランサイファー。こんな表情してたんですね。

004
どうしてガチャは青いのか……。

005
抱かれたい武器・ナンバーワンの「グラーシーザー」。会場では抱きまくらも販売。

006

007
壁面に飾られた、さまざまなイラスト。これ見られただけでも来てよかった。

と、のんびりしていたらだいぶ会場が混雑してきました。アトラクションによっては、180分から240分、ひどいのになると300分待ちという表示のものも……。

008

私の目当ては「スタンプ」を集めてリアルガチャを引くことだったので、会場を楽しむのはほどほどにして、スタンプ回収のために効率的な動きをしはじめます。

000

物販でのスタンプは達成したので、続いて人が少なかった「縁日ゾーン」へ。1回の参加人数が多く、回転も早かった「ラカム危機一発」へ。4人で交互に剣を刺して、ラカムを飛び出させた人が勝ちというルーリングだったのですが、私のチームは2人目の人が1撃で終わらせてしまい瞬殺。

009

勝利報酬は貰えなかったけど早く終わったのでラッキーということで次へ!!

共闘、場内写真のTwitterアップロードという楽なミッションをこなし終え、次はカジノに挑戦です。

「180分待ち」の看板がかかっていましたが、実際には60分ほどで参加できました。今回フェスに行った人はなんとなくわかると思うのですが、スタッフの待ち時間表示は相当サバを読んでいて、実際には表示よりだいぶ早くアトラクションを体験できていました。見込みが甘くて不満が起きるのをおそれたのではないかと思いますが、ちょっと不正確すぎるかなぁという印象。

んでカジノ。「ダブルアップ」という、グラブルカジノではおなじみの「High&Low」ゲームをプレイします。ディーラーさんはみなさん、ルックスが超ハイレベルなバニーのおねーさんたち。カードそっちのけでおねーさんを凝視してる人が多かったように思います。が、私は三次元興味ないのでカードに集中。

010

その甲斐あってか、2日間とも5連続で的中させて最大数のスタンプ(3つ)をゲットしました。

個人的に、「ダブルアップ」は超楽しかったです。スタンプをたくさん貰えたのもそうですけど、洗練された動きをするディーラーさんたち(見ていると判るのですが、みなさん1つ1つの動作がきちっと統一されていて、事前にすげー練習されたんだろうなぁというのが伝わってきました)と対戦できるし、セッティングもものすごい雰囲気あって、来た甲斐あったなぁという。

011

おもったより早く終わったので、「OVER THE SKY ~GRANBLUE FANTASY~【グラブルフェス2017限定盤】」を購入に。なんかこのCDあんまり枚数用意していなかったみたいで、2日目速攻売り切れてましたね。アイテムシリアル入ってないから自分の分しか買わなかったんですけど、後でお友達から「確保しといてくれよ……」って泣きを入れられてしまいました。すまぬ。

012

んでその後、噂になっている「VR四騎士」の会場へ。ここからが地獄の始まりでした……。

VR四騎士アトラクションは参加できる人数が限られており、整理券配布で参加者を決定していました。午前の部の整理券配布は終わっていたので、午後は「14時頃からです」というアナウンスを受け、13時過ぎに配布場所へ向かったのですが……既に黒山の人だかり。明らかにVR狙いの人たちです。

スタッフさんが「通路ですし、並んでいても先に整理券をお渡しできるわけではないので移動をお願いします」と必死にアナウンスをしていましたが、誰も動く気配なし。配布場所に関しては周囲スペースとのバランスも考えているから変更はしないだろうと思ったものの、あまりの人混みに滞在する気力をなくしたため、私は一時撤退。フードコートで時間をつぶし、13時50分頃に戻ってくると、更に人は増えていました

スタッフさんたちは完全に打つ手なしのまま、混雑の中心地から少し離れたところで配布を開始しようとしますが、そちらに向かって人が殺到したために転倒者や押しつぶされる人が続出。あちこちから、主に女性の悲鳴があがります。

結局、その騒動を受けて整理券配布は即中止。その後は「どうなっているのか」という参加者の問い合わせに「協議しています」という誠実なんだけど融通がまったく効いていないレスポンスが返ってくるというおもしろシチュエーションが展開されていました。

15分ほどして、VR四騎士午後の部整理券配布の「一時中止」と「再開未定」がアナウンスされ、人がはけていきます。結局、VR四騎士はこの日完全に中止。スタンプは別の場所で希望者全員に押す、という対応がなされていました。

【この件に関する雑感】
誰が悪かったかみたいな犯人探しをするなら、まず真っ先に、時間前に並んだうえスタッフの指示に従わなかった客が問題。これは間違いないでしょう。怪我しようが何しようが自業自得と言われればそれまでだと思います。私も、一応スタッフの誘導にしたがって離脱とかしていたものの、少し前に現場に戻ってきて待機とかしていたのであまり偉そうなことを言える立場ではない。

ただ、その辺を恥ずかしながら一旦忘れてぶっちゃけた話をすると、対応も微妙な感じは強いです。現実問題として、「その場を離れたら自分だけが損する」状況になっているわけですからVR本気で参加したいという人は離脱できなかったでしょう。私が場を離れた時、他に離れている人がほんとうに誰もいなかったくらいです。このままいけば大惨事が起きるかも、という状況が目の前にあり、対応を考慮する時間も1時間程度はあったわけです。

VRは見なくてもスタンプだけもらえたら良い、という人もいただろうから、あそこまでになったらスタンプは全員に(会場の)押すことにして緩和はかるとか、早めに完全停止アナウンスするか、何らかの手は打てただろうし打つべきでした。それをせずにただ時間になるまで棒立ちし、時間になったら規定通りアナウンスし、予定調和のようにドミノ倒しが起きた。案の定だ、と思っていた人も多いのではないでしょうか。

私はスタンプ目当てのところが少なからずあって、まぁ貰えなくてもしゃーないで済みました。でも、四騎士との対面楽しみにしてた騎空士様たちはそうじゃない。真面目に時間を守っていた方もたくさんおられたわけで、こういうかたちで「中止」になったら、後味も悪いし諦めもつきにくいと思います。その結果を防ぐために、運営側が手をつくしたかというとそれはどうかなという感じが、個人的にはしています。このあたり、できれば次以降改善していってほしいですね。

あと、各種まとめで言われているような「けが人が出たのでVRが中止」というのは、実態とちょっと違うところもあるでしょうか。

たしかに怪我をされた方はおられて、それは心配なことであり、かつ起きてはならないことなのですが、救急車が来て運ばれたとかそういう感じではなかったです。何名か足を痛めた方がおられたようですが、歩いてその場から離脱されていました。見ていた感じ、VR四騎士の中止は現場のあまりの混乱を抑えられないと判断したためであって、「けが人が出たからVR四騎士が中止」というわけではなかったしそのようなアナウンスも一切なかったと思います。


最後に、Bigスマホに頑張って並び。「200分待ち」と書いてあるところ、実際には90分ほどで順番が回ってきて無事完了。初日のスタンプイベを完走し、しかも最高コイン枚数(11枚)をゲットしました。……6枚分以上のシリアルは入力できないんで、実質意味ないんですけどね。

013

というわけで、1日目は終わり。

トラブルもあったけれど先行入力組だったおかげで物販の地獄列に並ばずにすみましたし、まあなかなか楽しめたと思います。2日目の感想はまた後日ということで……。