ビジネスジャーナルの結婚式裏話的な記事が話題になっていたのですが……。

 ▼「日本の結婚式にいる神父は「本物」なのか? 知られざる日本の結婚事情」(Business Journal)

『「宗教」のギモン、ぶっちゃけてもいいですか?』(実務教育出版刊)で、宗教学者の島田裕巳さんが説明するところによると、結婚式場が運営するチャペルは正式な教会ではないため、そこにいる神父も牧師は本物の聖職者ではない、とのこと。

 もちろん、式場によってはブライダル宣教団(牧師や聖歌隊を派遣する団体)を通じて教会から「本物」を派遣してもらったり、高齢で引退した牧師と契約しているケースもありますが、どちらかというと少数派。多くの場合は、神父でも牧師でもないアルバイトの外国人を雇い、司式を行っているといいます。

結婚式場のキリスト教坊主のほとんどがニセモノだっていうのは周知の事実だと思っていました。いまさら記事にするくらいのネタだったのか……。

あとちょっと気になったのは、牧師と神父の違い。この辺も曖昧になりがちですよね。牧師さんのニセモノはいても、神父さんのニセモノはあんまりいないと思います。カトリックとかオーソドックス(正教会)はその辺厳しいので。

別の記事で島田氏がインタビューに答えているのを読む限り、(当たり前といえば当たり前ですが)島田氏はきちんと区別して語っておられます。というか、上記の記事(「新刊jp」からの寄稿)が下の記事の後追いくさいです。

 ▼「結婚式の「外国人神父」知られざる驚愕の真実」(東洋経済オンライン)

結婚式を担当した教会がカトリックなら神父だし、プロテスタントなら牧師でしょう。結婚と洗礼は、どちらの教会も行いますから。で、翔太君のお兄さんは信仰教育を受けたそうですから、結婚の司式をしたのはカトリックの神父でしょうね。カトリックは、信者じゃない人の結婚式に割とうるさいですから。

キリスト教の聖職者は宗派によってスタンスも役割も違うので一概には言えませんが、とりあえずカトリックや正教会系の聖職者は神父、プロテスタント系の聖職者は牧師、というのが日本では一般的です。私はまとめてキリスト坊主と言っていますが。

私も個人的な付き合いや机上の知識では、「カトリックでは結婚に関する規定が厳しいので、信徒でもない人のために本物の神父さんが出張ることはほとんどないし、バイトとはいえ信者が簡単に手を貸すことも考えにくい」と思っていました。

ただ、チャペル(教会っぽいつくりの式場)のバージンロードが赤だったりするしなぁ。一般的に赤はカトリック式ですし(プロテスタントは白)、案外その辺いい加減なのかもしれません。結婚したことないからわかんねーや!