まとめサイト等でもとりあげられて話題になっていますが、非常に面白かったので。

logo


 ▼「ファッションブランドのロゴ、素人が作ってもそれっぽいの出来る説

brand

こんな感じの4択問題で、3つは実在するブランドロゴ。1つは素人のスレ主が勝手に作成したロゴ……というお話。30問あるのですが、私は10個も正解しなかった……。

ブランドロゴというのはデザイナーが担当している場合が多く、当然そこにさまざまな意匠が込められているのだと思います(私には素人なのでわからない)。たぶん、見る人が見ればバランスや何やらでいっぱつなのでしょう。しかし、一般人にはどうも分からんというのが正直なところ。

五輪エンブレム問題でも話題になりましたが、「見る人が見ないとわからない」のがデザインの真髄だとしたら、それに多大なコストを支払う意味はあるのか。しかし一方で、素人がなんとなく作ったものが世間に受け入れられているからというだけの理由でもてはやされたとしたら、それはデザインという文化に対する冒涜なのではないか。そういう問題というのは常にでてくるのでしょう。

古代ギリシアでは「真善美」には、人間の思惑を離れた絶対的な価値があると考えられてきました。もしそうなら、大衆がなんと言おうと「美しい」デザインというのはあるはずだし、それを追い求めることは当人にとって有意義だろうし、社会的にも意味があるのかもしれません。

しかし、果たしてそんなものがほんとうにあるのか、という話になると疑問符がどうしてもついてしまう。シンメトリーだなんだといっても、それは狭い狭いデザイナーコミュニティの中でのみ通用するものでしかないのならば、その価値をどう一般に訴えれば良いのか……。

有用性(役に立つかどうか)や経済性(カネになるかどうか)というのは、そういうときに最も簡単で説得力のある理由ではあります。しかし、そうした基準だけで測られるとき、すべてのものごとは場当たり的になってしまうのも事実です。

そうやって考えるとこの「クイズ」は、デザインというものの根幹を問うているようで興味深いなぁと思ったのでした。