2011年の震災から6年。亡くなられた方々に心よりお悔やみ申し上げます。

当ブログは営利目的のものではないし、募金とかを呼びかけることはあまりしないのですが、一応所在が明確なものとしてYahoo!の「検索募金」というのを教えていただいたので、ご紹介いたします。

やり方は簡単で、「3.11」と打ち込んでYahoo!で検索するだけ。自分がお金払うタイプではないですし、気軽にできるかなという。

 ▼「3.11検索募金

fukko2

阪神・淡路大震災も経験した身として毎年思うのですが、時間が経つにつれて、私たちはこうしたできごとから遠ざかっていきます。いまはまだそれほどでもありませんが、あと10年、20年とすれば「当事者」の数も減り、記憶も薄れていく。

もちろん、そういう「風化」というのは絶対に必要で、それがなければ私たちは前に進めないわけですが、同時に、風化していく中でどうやってこうしたできごとを語り継ぐのか、ということも考えてしまいます。

いまは、映像技術なども発達して容易に記録は残せるけれど、そういうことじゃない、生々しい声や感覚といった記憶とでも言うべきものを、私たちはどうやって・またどのように残していくのか。震災が少し遠くなりかけたいま、少し考えておくべきかもしれません。