小学生が飲酒運転とは……。

 ▼「小6男児が飲酒しバイク3人乗り、転倒…同乗の中3死亡、中2女子も重傷 沖縄の国道」(産経WEST)

 沖縄県恩納村の国道58号で、小学6年の男児(12)=那覇市=が酒気帯び状態でバイクを運転して転倒し、同乗の中学3年の男子生徒(15)=同=が頭を強く打って死亡、中学2年の女子生徒(14)=同=も鎖骨を折るけがをしていたことが23日、県警への取材で分かった。男児は軽傷。反省している様子だという。

 県警は22日、少年法に基づき、自動車運転処罰法違反(無免許過失運転致死傷)と道交法違反(酒気帯び運転)事件として、県中央児童相談所に送致した。児相が調査し、家裁送致などの措置を決める。14歳未満のため、刑事責任は問われない。

 県警によると、事故は12日に発生。何らかの原因で縁石に接触して転倒した。男児からは基準値を超えるアルコールが検出された。バイクは125CCで、男児の家族の名義だった。県警は、飲酒の場所や量は明らかにしていない。死傷した2人からは、アルコールは検出されなかった。

正直、自覚があって飲酒運転して他人の命を奪った場合、過失じゃなくて故意の殺人で良いと思うんだけどなぁ。少年法を厳罰化するとかじゃなくて、一般的に。

誰だったかも言っていたけれど、バイクや自動車ってのは便利な道具である以上に、ものすごい破壊力をもった凶器で、それを振り回してるんだってくらいに考えておいても良いと思う。少なくとも、その意識を持てない人に運転させるべきではないだろうと。 

こういうのは監督責任も含めてきちんと対処して、同じ人が同じことをやらかさないような体制作って欲しいけど、まぁ簡単にそれができるならこの世から事故は綺麗になくなってますわな。