メロンブックスさんで開催されていた樋上いたる先生の同人誌発売記念サイン会に行ってきました。
 
 ▼「【メロン専売記念】いたるところに樋上いたる祭 」(メロンブックス)

始終なごやかな雰囲気だったし、いたる先生は丁寧にサインしてくださりお話をする時間も割と長めにとれたのでサイン会そのものは非常に楽しませていただきました。

好きなキャラを書く欄に里村茜嬢のお名前を書いたら「ONEのキャラだ……」とツッコまれてしまいましたが、古くてごめんなさい。でもkanonとか普通に書いてた人いっぱいいたし、「好きなキャラ多すぎて決められない」という方も多かったようで、この業界で長く続けておられるいたる先生の実力を痛感した次第。

いたる先生はじめスタッフのみなさま、ありがとうございました。 

で、それはさておき不満があったのはメロブさんの諸対応。

まず、当選通知のメールにはサイン会に持参すべきものを何も書いていなかったし応募ハガキにも同様だったのですが、行ってみると「購入した同人誌にのみサインします」というアナウンス。私は事前に公式HPの告知等を見ていたので持っていっていましたが、持参していないという人が結構いらっしゃいました。

どうすんのかと思ったら、下のメロブで改めて書い直してくれ、と。いつもの対応といえばそれまでなのですが、今回はなぁ。

5000円弱の、あの分厚い本をですよ? 画集レベルですし。いや、買い直すの普通なら当然なのですが、今回は当選メールに記載がなかったってのが問題だと言いたいのです。通知をきちんと行っていたならまだしも、見ているかどうかもわからないHP確認してくれってのは酷い気がします。一応そのことはサポートスタッフの方にお伝えしたのですが、明確なレスポンスはありませんでした。

また、本以外のいたる先生のグッズ(ゲームのパッケなど)へのサインも可にしていたのですが、これが事前に通知されていなかったのもちょっとなーという。サインをもらっていた方が羨ましいというのはあるのですが(ぶっちゃけ)、大阪会場のほうでOKを出したそうなので、それならそれできちんと全体に通知してほしかった。 

当選メールが来る時期もかなり遅れたし、全体の公平性もいまいち保たれていなかったし、もうちょっとなんとかならんかったのかなと。お忙しい中のイベント、やってくださるだけありがたいことなのだとは思うのですけれどね。