私が「なろう」小説の中でもかなり好きな部類に入る戦記もの、『ゴブリンの王国』が書籍化されていました。

 ▼「ゴブリンの王国 王の生誕 I 」(Amazon)

goblin_kingdom

結構な加筆・修正が加わっていますが本編自体はすでに完結しているので、いわゆる「エタる」(途中で止まってエターナルに終わりがこないこと)心配もありませんし、面白さは折り紙付きなので割とお勧めです。以前にも確かブログで書いた記憶が。

ただ、書籍化で加わった加筆が、全部読み終わったあとだと「ははあ、なるほど」と思うところがあるものの、初見だとちょっとくどいというか何言ってるかわからない感があるような気がします。

作家さんのことを考えると書籍版を推すのがいいのかもしれませんが、とりあえず「なろう」版お勧め。

 ▼「ゴブリンの王国」(小説家になろう)

なお、本編は終わっていますが現在外伝連載中です。

そのうち、なろうのお勧め小説をまたまとめたいなぁ。なんか不当に馬鹿にされてる感あるけど、結構面白いの多いんですよ。しかも無料。ホント素晴らしいと思います。