これは酷い。というか無茶苦茶やで。それにしても、ことし5月の事件が今頃になって出てきたのはどういうことなのか。

 ▼「死亡事故の遺族に暴力か 有罪判決の会社員を書類送検」(NHK NEWS WEB)

去年、滋賀県米原市で男子高校生を車ではねて死亡させたとして有罪判決を受けた会社員が、示談の話し合いの際に遺族に暴力を振るい、けがをさせたとして、警察は傷害の疑いで書類送検しました。
 
去年2月、滋賀県米原市高溝の交差点で、横断歩道をわたっていた高校2年生の大槻祐仁さん(当時16)が乗用車にはねられ、およそ3か月後に死亡しました。車を運転していた47歳の男性会社員は、過失運転致死の罪で起訴され、ことし2月、禁錮3年、執行猶予3年の有罪判決を受けました。

警察や関係者によりますと、ことし5月、遺族が示談の話し合いの際に謝罪を求めたところ、会社員が十分に応じないまま帰ろうとして口論になり、体当たりをされた祐仁さんの高校生の弟が、肩や腕におよそ3週間のけがをしたということです。警察は、遺族から被害の届けを受けて捜査を進め、会社員を傷害の疑いで書類送検しました。

母親の真里子さんは「事故のあと1度も謝罪がないだけでなく、子どもが暴力を振るわれて憤りを感じている」と話しています。

で、もとの事件というのはどうもこれのようで。

 ▼「高校生を42㍍はねて死なせ「執行猶予」 無念の遺族 検察に控訴嘆願

 前方不注視のまま違反のハイスピードで交差点に進入し、横断歩道を徒歩で渡っていた男性高校生をノンブレーキではね飛ばして死亡させたドライバーの男に下された判決は「禁固三年、執行猶予三年」。高校生の親は、そのあまりに軽い量刑に驚き、絶望し、「息子の命の重さに見合う厳罰を」と検察に控訴を嘆願。控訴期限が迫るなか、家族が必死で嘆願署名活動に取り組んでいる。
 
 検察の控訴を嘆願しているのは、元米原市高溝の公務員、大槻浩二郎さん(46)と妻の真里子さん(41)。昨年二月二十七日の事故で死亡したのは、彦根東高校の二年生だった長男、祐仁(ゆうと)君(当時16)。
 
事故がどのようなものだったか、懲役ではなく禁錮、執行猶予付きという量刑が妥当なものかという判断はともかく、これだけのことをやらかして遺族に暴力振るうとは。まあご遺族も過激な発言をしたのかもしれませんが……。

ご遺族のfacebookでは(これとか)、ブチ切れたお母様が加害者の実名を公表していたようです(Web魚拓などに残っていますが、当然ここでの公表は控えます)。さすがにまずいと思ったのか現在は「加害者」という表記になっていますね。

祐仁を殺した、加害者のどうしても許せない言動。
1…
加害者は、勤務先の同僚や加害者の自宅の近所の方に、事故後。
たかが、交通死亡事故なのに、被告人と呼ばれる自分の方が、よっぽど被害者だ。
と豪語していました。
(刑事裁判中ででも加害者が、話していたことを明らかにしました。)
この加害者を、一応反省していると、裁判官も検察官もいいました。
祐仁を殺して、たかがと話す加害者が、反省しているとは思えません。
 
お気持ちをわかる、などと軽々しくは言えませんし、こういう発言を聞いたら私もプッツンしただろうとは思います。しかし、豪語していたそうです、のような伝聞ではなく「豪語していました」と断定したり、「加害者が、話していたことを明らかにしました」(おそらく、被害者遺族側が明らかにしたと自分たちは主張している、ということだろうと思います)と書いておられるあたり、やはりきわめて感情的であり、それはご遺族として正常なことだし良いも悪いもないのですが、第三者である私たちはいたずらにその感情に飲み込まれ、引きずられないようにしなければならないとも思います。まあ一方から供出される情報を鵜呑みにはしないように、ということですね。

こういうことを書くと、またぞろご批判を浴びるかもしれませんが、それを覚悟で外側から見る視点は忘れてはならないと思います。

とはいえ、心情的にはこの加害者氏に対して同情の余地などミジンコほどもないと思われますし、もっと厳しい刑にしとけよと思います。そもそも、なんでこれで実名報道されないのか意味わかんないですし。

加害者に対する怒り云々より、亡くなった被害者のことを思うとやるせない事件ではありますが、それがこういうかたちでもつれてしまうというのは本当に不幸なことで、胸が塞がります。ほんともう、最後くらい納得できるというか、心安らかな解決ができなかったのかなぁ。

その点に関しては、誰が何と言おうと「取り返しがつかない」ことをしてしまった加害者側が譲るべき点だと思うのです。だから、どういう経緯があったにしても示談交渉の場で相手に暴力ふるったのが本当だったら、正真正銘救いようのないクズですね。