今朝がた、福島県沖でM7.3の地震があり津波警報が発令されました。

 ▼震度5弱の地震 福島県沿岸に津波警報

22日午前5時59分ごろ地震がありました。震源地は福島県沖で震源の深さは10km、地震の規模を示すマグニチュードは7.3と推定されます。
この地震で、気象庁は福島県の沿岸に津波警報を発表しました。予想される津波の高さは3メートルです。津波が来ます。急いで逃げて下さい。

近隣の方々にはお見舞い申し上げます。

それにしても、「逃げて」を繰り返すこのスタイルすごいですね。

nigete

短い文章の中に、6回も「逃げて下さい」と出てきます。

東日本大震災以降定着したこのスタイル、好意的に受け止められることも多いようですが、個人的に「理解はできるもののあまり良いとは思わない」のが正直なところです。

 ▼「「急いで逃げてください」3.11の教訓を活かしたNHKの報道」(NAVERまとめ)

災害時に人を落ち着かせるような報道をしたため逃げ遅れた人が出た、という反省はわかります。ただ、こんなに煽ると逆に不安に感じる人が出るでしょう。それに、こちらのほうが大きい問題だと思うのですが、大騒ぎして結局それほど大したことがないという状況が続けば、人びとは慣れてしまってより大きな危険を報道しても反応が鈍くなってしまうのではないかと。オオカミ少年みたいに。

適切なバランスって難しいですね。