日ハムが日本シリーズ優勝を決め、今年のプロ野球はひとまず終了。早速ストーブリーグに突入したのですが、今年FA権を得た陽岱鋼選手に関する報道がなんか混迷を極めています。


youfa

 ▼「陽岱鋼、残留へ=プロ野球日本ハム」(時事通信)

 今季国内フリーエージェント(FA)権を取得した日本ハムの陽岱鋼外野手は29日の試合後、「優勝したし、残りたい」と残留の意向を示した。今後は来季の条件面などについて、球団と話し合う。 
 陽岱鋼は2006年に福岡第一高から日本ハム入りし、13年に47盗塁で最多盗塁のタイトルを獲得。今季は8月に右肋骨(ろっこつ)を負傷したが、130試合に出場し、打率2割7分3厘、14本塁打、61打点の成績だった。(2016/10/30-00:42)

第一報がこれ。FA権を行使せず残留を決めた、という時事通信の報道でした。

ところが、約4時間後に日刊スポーツから正反対の記事が。

youfa2

 ▼「日本ハム陽岱鋼FA移籍へ 複数球団の争奪戦も」(日刊スポーツ)

日本ハム陽岱鋼FA移籍へ 複数球団の争奪戦も
[2016年10月30日4時58分]
 
日本ハム陽岱鋼外野手(29)が国内フリーエージェント(FA)権を行使し、他球団への移籍を目指す意向であることが29日、分かった。

 日本シリーズ終了まで熟考を続けていたが、最終的な調整が完了すれば、表明する見込み。昨季は故障に泣いたが今季は130試合に出場。自身シーズン最高タイの打率2割9分3厘と本来の力を発揮した。昨季までゴールデングラブ賞3度、13年に盗塁王と、走攻守3拍子そろったリーグを代表する外野手の1人。市場価値の高い右の中距離打者だが、14年には25本塁打を放つなど長打力もある。

 正式に移籍を目指すことになれば、複数球団の争奪戦になる可能性はある。

デイリー、スポニチあたりは「FA行使」。サンスポは「残留」と報道しています。ただ、記事の内容的に時事通信のを引用しているんでソースとしては弱い感じですね。

 ▼「日本ハム・陽岱鋼、FA行使視野から一転「残りたい」」(サンスポ)

 SMBC日本シリーズ第6戦(広島4-10日本ハム、日本ハム4勝2敗、29日、マツダ)今季、フリーエージェント(FA)の権利を取得した日本ハム・陽岱鋼(ヨウ・ダイカン)外野手(29)が29日の日本シリーズ第6戦終了後、「優勝できたし、(日本ハムに)残りたい。まだ球団とは話していないけど、このチームで来年もプレーしたいという思いが強い」と、残留を希望する発言を行った。

 同選手の動向には、阪神など複数の球団が関心を示しているとされ、自身も「他球団の話を聞いてみたい気持ちもある」と語っていた。

 同日、球団幹部は「陽も含め、FA権利を持つ選手とは近日中に話し合いの場を持ちたい。残留に向けたものであり、そこから先は本人の判断になる」と説明。陽の残留が濃厚となった。

どうも、もともとFA宣言はかたいとされていたところ、シリーズが終わった後「来年もこのチームでプレイしたい」という発言をした。これを重く受け取るかリップサービスととるかで報道の結論が割れてるみたいに見えます。

こういうのがあると、メディアの報道は客観報道ではなく解釈されたものだっていうのを目の当たりにする感じですねぇ。しかし、ホントにどっちになるんだろう……。