やや今更ですが。

今回は久々に秋葉にいけたわりに、買った本数は抑えめです。

GW前で大作が発売されるということもあり、早朝から人でごったがえしていました。11時過ぎの時点で、ソフマップアミューズメント館さんのエロゲー列は、店舗前を突破してビルの横に移動。

02

ちなみに、これ列は単に1Fの外にあふれてるのではなく、階段を人が埋めつつ8階のエロゲー売り場まで続いていますので……。しかも、予約引き替え者のみ(新作を予約なしで買う人は別フロア)。こういう様子を見ていると、エロゲーはまだ元気なんじゃないかとおもったりするんですが。

あと、アキバ☆ソフマップ1号館さんの前ではエロゲーの当日イベントが開催されていたのですが、その様子を見て外人さんがいたく興奮した様子で、自撮りのビデオを回し始めました(笑)。

04

あんまりちゃんと聞き取れたわけではないのですが、どうも旅の記念に家族とか知り合いに向けて、街の紹介をしていたのかな? エロゲーに興味あるとか、よくいるレイヤーさん最高! 一緒に写真撮って! みたいな感じではありませんでした。

まあ何というか、秋葉原にいると日常的に非日常なことが起こってるから、常に新鮮な驚きとおもしろいできごとがあって飽きないですねえ。

ってなわけで、今月買ったエロゲーについてぽつぽつと書いて参ります。画像が多いのと長くなるのとで、あとは「続きを読む」からご覧ください。


今月の購入エロゲーはこんな感じ。

Love Sweets(MOONSTONE)
 
001
MOONSTONEさんの萌え系新作。クオリティ高い萌えを期待できそうな一方、ぶっちゃけ目立った特色がなさそうなのでインパクト面に不安があるのですが……お友達曰く、大きく外れることはないんじゃないかなと。私もそんな風に思って楽しみにしています。なお、当日秋葉原で行われていたサイン会の抽選に当選し、桜塚つちゆ先生と日向奈尾先生のサイン色紙(ボード)をいただいてきました。先生方、スタッフのみなさん、ありがとうございました!
01

ランス9 ヘルマン革命 (ALICESOFT) 
003
アリスさんの新作。今月は、『デモニオン2』、『戦女神』と並んで時間ドロボウさんがたくさんです……。これは非常に楽しみ。GWに、無理矢理にでも時間作ってやる予定です。最近のランスくんは、やりたい放題の暴君ではなくなってきている感じがあったので、今回マッチョさを取り戻してくれるのではないかと。なお、出荷本数が少なかったのか何なのか、各地で売り切れが相次いで手に入らなかった人が多かった模様。


天秤のLa DEA。 ~戦女神MEMORIA~ (エウシュリー
005
エウさんの新作にして、私をエウに引きずり込んだ懐かしい第一作『戦女神』(1999年)のリメイク。本当に糞重たいシステムで、ろくすっぽ動かない中でも我慢してやり続けた魅力的なゲームだったので、楽しみです。なにげに、メーカーとして初のリメイクでしょうか? 当時は荒削りだった部分が、いまの洗練されたエウだとどんな風にアレンジされるのか。ずっとリアルタイムでブランドを追いかけているファンの1人として、そんなところにも注目しながらプレイするつもりです。

なお、『天秤のLa DEA』と『ランス9』を購入した人は、中に入っている合同色紙キャンペーンの引換券を指定の店舗に持って行くことで、4月29日から、色紙の引き換えが可能です。私は早速行ってきました。

20140429

受け取ったときは、こんな感じの卓上カレンダーサイズ。実は折りたたみ式になっています。開くと下のように。

02

で、これをこうやって……。

03

屏風のように、机の上に飾ったりできるわけです。ついたてにもなりますね。これなら職場に持って行けるか!? (無理)

なかなかのすてきアイテムなので、両方買われた方は、忘れないうちに引き換えに行かれるのがよろしいかと存じます。


レーシャル・マージ (AXL
004
買わないわけにはいかないでしょう。そして、実は休みを使ってプレイし、もう終わりました。うーん、前作(エリクシル)と比べると、ちょっとパワーダウンしたかなという感じがします。レビューはそのうち書くつもりではいますが、田舎万歳、仲間万歳、差別は悪、人間皆いい人! というのをあまりにナイーブ(悪い意味の)にやり過ぎちゃってる感じがどうもついていけなくなってきました。『Dolphin Divers』の時に感じた「終わってる理想」感をブラッシュアップすることなく、もっとベタで素朴に持ってきた感じなんですよね。ちょい個人的にも時代的にもキツいんじゃないかな~と。おとぎ話よりも夢のような物語になっちゃってるかなと思いました。

AXLさんも発売記念イベントを開催していて、イラストボードをいただきました。あと、『それゆけ!ぶるにゃんマン えくすたしー!!!』のクリアファイル(なにげにうれしい)。

03
快く撮影の依頼に応じてくださった売り子のお二人、スタッフの方、ありがとうございました。



PRETTY×CATION (hibiki works ) 
002
『らぶりけ』の姉妹版ということで、insiderさんおられなくなって、『らぶりけ』の遺伝子がどういう風に引き継がれるのかなという興味もあって購入しています。あとはお布施的な意味も込めて。絵師さんが変わっても、女の子は相変わらずかわいい感じがいいですね。狙うなら エレクチオン エレクトリーチカちゃん1択なんですけど、某かしこいかわいいお嬢さんに似た名前なこととは関係なく、微妙に食指が伸びないので、プレイはちょっと後回しになりそう。



氷堂伊吹 ~完璧伊吹会長が拘束ドM!?な理由~ (Grand Cru noir 
006
美少女文庫の小説『完璧生徒会長は拘束ドM!?』をゲーム化したものですね。ライターさん、絵師さんともに変更なし。実は買ってきてその日のうちに終わらせました。声がついてエロエロでよかったです。ちなみに、セリフしかでてこない女友達にも声ついてました(笑)。ロッカーに二人で隠れているうちに気分が高まってことに及ぶ……みたいなやや強引な展開は、エロ小説・エロゲーのお約束で良いんですが、小説と同じように最後の展開が駆け足になって、二人の恋人としての心の交流がじゅうぶん描かれなかった感じがしたのは少し残念かな。でも、エロは思ったよりGoodでした。希望を言えばコスプレとか拘束系もうちょっとほしかったかな。独占系なので、リンカーンとかジュウカーンとかはありません。



巫女喰イ ~魔手ノ黒箱~ (わるきゅ~れ
007
巫女さん凌辱ゲー。わるきゅ~れさんは、お値段の割にボリュームと内容が詰まっているのでお得感あります。前作(ギャンブラージェシカ)はちょっといまいちだったんですけど。今作は、なんかサスペンス的な要素もありそうで、そっちに期待しても良いのか、それともそっちは見なかったことにして粛々とエロシーン回収するのが賢明なのか、なかなか悩ましいところではありますが、とりあえず巫女さんたちには、わたくしのせいよくのはけぐちになっていただくつもりでおります、はい。

あと、『海空のフラグメンツ』と『デモニオン2』、『ガチゆるヒーローバトル』、『昆蟲姦察』は泣く泣く見送りました。 


全部やりきれるのいつになるかわからないけど、新年度に入って初のエロゲーなわけで、楽しんでいこうと思っております。