11月28、29日の「大アクアプラス祭」が終わりました。

両日とも参加だったのですが、本当に貴重な経験ができたと思います。特に今回の内容は映像に残らない(写真には残す)ということで、ちょっと無理があったんですけれど、おして参加したかいがありました。

中山愛梨沙さん、中司雅美さん、AKKOさんのお三方は、私の青春時代を直撃した歌い手さんたちであり、しかしその頃はいまほどギャルゲー・エロゲーの歌い手さんが積極的にライブやイベントをやる時代ではなく(行われていたとしても経済力や住んでいる地域的に参加は無理だったのでしょうが) 、まさに「声と曲だけ知っている」伝説の存在。

もちろんそれぞれに音楽活動をしておられるのですが、そういう方々が「アクアプラス作品の歌い手」としてはじめて登場し、しかも一堂に会する場にいられたというのは、とても感慨深いものがありました。もしかすると、もう二度と無い機会かもしれない(再びあることを期待したいですが、これだけの規模となると何かしら「口実」が必要でしょうし……)と思うとなおさらです。水樹奈々さん&平野綾さんとかも、事務所・レコード会社が違うと簡単には呼べないですしね……。

あと、若いファンの評価はどうかわからないのですが、「古い作品」に対する思い入れが相当強いイベントだったと思います。エンディングは2日とも、初代PC版『To Heart』の曲でしたし。Suaraさん、上原れなさんら今のアクアプラスの「歌姫」たちにフォーカスするだけでなく、歴代の歌い手さんたちにまんべんなく出番があり、おじさん大満足でした。

あと、「POWDER SNOW」。AKKOさんの生歌でした!!! ほんと嬉しかった。・゚・(ノД`)・゚・。 ぶっちゃけ、マジで泣いていた人もいたくらいで、私もかなりうるっときました。

この辺の話は、記憶が薄れないうちに、まとまった時間をつくってきちんと書きとめておくつもりです。






で、今日は月曜日なわけですよ。 おしごと。いきたくねー(笑)。まあお祭りはいつか終わるものですからしゃーないですね。また一週間、頑張っていきましょう……。