野球漫画やTVの野球放送の解説、あるいはニュースなどでは、「初速と終速の差の小さいストレートは伸びるように感じる」ということが言われていました。

mizuki

専門家が言ってるんだからそうなんだろう、くらいの感じで私も原理をよくわからないままそう納得していたのですが、これに関して非常に興味深い記事があるということを教えていただきました。

 ▼「「初速」と「終速」の差が小さければ良いストレートなのか?」(Baseball LAB) 

 野球界ではよく「あの投手は初速と終速の差が小さいストレートを投げる良い投手だ」という話が出てきます。私もこの言葉を野球観戦中に使ったことがあるような気はしますが、そのときは実際にスピードガンで計測しているわけではありませんでした。「ノビやキレのあるストレートを投げる投手は良い投手だ」とほぼ同じような、あいまいな意味で考えていた気がします。

 では、実際にトラッキングシステムで計測すると「初速」「終速」はどのような傾向が見られるのでしょうか。 

(中略)

 変化量や曲がり幅という言葉はイメージしにくいかもしれませんので、ここでは「ストレートの変化量=ノビ」と言い換えてみましょう。

 上の図は「ノビ」と「初速」「終速」の差の関係を表したものです。できるだけ球速に影響されないように、平均初速が140~145キロの間のストレートだけを対象としています。

 これを見ると、ノビがある球ほど「初速」「終速」の差が大きくなる傾向にあると分かります。上原や藤川はノビが大きいため、「初速」「終速」の差が他よりも若干大きいのではないかと考えられます。

 すなわち、上原、藤川に「初速」と「終速」の差が小さいと感じていたものは、実はそうではなく、変化量が大きいノビのあるストレートを意味していたのではないかということです。

 最後に球種別の変化量と「初速」「終速」の比を見てみましょう。変化量が小さく、比が小さめの球種はストレートではなく、スライダーやカットボールになっています。やや細かな話になりますが、スライダーやカットボールの多くは弾丸のように進行方向に対して渦を巻く回転がかかるため、上下左右には変化しにくいです。もちろん回転軸を縦にして真横に曲げるスライダーもありますが、平均的には変化量が小さい球種となります。

 つまり、スライダーやカットボールに近いタイプのストレート、いわゆる「真っスラ」であれば、「初速」と「終速」の差が小さいと考えられるかもしれません。しかし、それは今までの「良いストレート」を指す言葉とは異なっているかと思います。 

要するに、手元で浮き上がって見えるようなストレート(この記事では若干ニュアンスが違いますが、一般に「伸びる」ストレート)というのは、初速と終速の差が、むしろふつうよりも大きい。錯覚の原因となっているのは速度ではなくボールの回転数(変化量)ではないか、という話ということでしょうか。

トラッキングシステムを使ったピッチングデータをもとに、非常に理路整然とした説明が書かれています。私が特に要約なんぞつけるほうが蛇足になるような、過不足のない説明ですね。目からウロコの盾。

しかし、このデータの通りだとすると、これまで言われていた「初速・終速理論」はいったい何だったのか。もちろんそちらが完全にでまかせというわけではないのかもしれませんが、専門家が言っているから、その道でずっとやっている人が言っているからそうなのだ、という安易な思い込みこそ、ものごとに対する見る目を曇らせる んだなぁと改めて感じた次第です。