思わず「欲しい!」となった一品。スマホを顕微鏡に変える、画期的アイテムが日本で開発されたそうです。

 ▼「「スマホ顕微鏡」でミクロの世界を見る」(WIRED)

絆創膏サイズのプラスチック板を自分のスマートフォンに載せるだけで、高性能な顕微鏡に早変わり。そんな便利な「スマホ顕微鏡」が登場した。カメラアプリを起動し、ディスプレイ側についている「自撮り」用カメラレンズに専用レンズ付きのプラスチック板を載せるだけで、100倍に拡大されたミクロの世界を楽しめる。
 
自撮り用カメラがついていればどんな機種のスマートフォンやタブレット、PCでも使える。プラスチック板には直径3ミリメートルのガラス球が埋め込まれていて、これがレンズの役割をする。自撮り用カメラの上にガラス球が重なるようにプラスチック板をセットして、その上に試料台として薄いカバーを付ける。

これは何というかアイディアの勝利ですねぇ。顕微鏡のみならず、ズーム機能とかも使って上手くやればオペラグラスのかわりにもなったりしないでしょうか。

何より素晴らしいのは、これ写真を即座に撮って、保存したり送信したりができるんですよね。楽しそうだと思うし、応用力も高そう。「美味しんぼ」で、包丁の研ぎ具合によって魚の組織がどうこうって講釈垂れる山岡さんが、わざわざ大学にいかなくても、 懐からスマホを取り出せばあっというまに証拠が見えちゃうわけです。ワンダホー。

楽しいのみならず、今後の展開によっては何かと実用性も高そうなこのアイテム。お安いものではないんだろうけど、2000~3000円とかで買えるようになるなら、手に入れてみたいところです。色々使いでがありそう!