こちらの、朝日新聞デジタルの記事によれば、今月21日、箱根山は噴火したけど噴火していないそうです。何やらことばあそびのようですが、実際そう言ってるんだから仕方ない。

 ▼「箱根山で火山灰確認 「噴火だが噴火の表現適切でない」」(朝日新聞デジタル/2015年7月21日20時27分) 

 気象庁は21日、活発な火山活動が続いている箱根山(神奈川県)の大涌谷(おおわくだに)で、6月に新たに確認された火口から、噴煙にわずかに火山灰が混じっている現象を確認したと発表した。火山灰の噴出が短時間だったことから、同庁は「現象は噴火だが、住民の不安をあおるなどの防災上の影響もあるので、噴火との表現は適切でない」としている。

 箱根山での火山灰の確認は、ごく小規模な噴火があった7月1日以来。大涌谷の火口で21日正午ごろ、火山灰を含んだ噴煙を10秒ほど観測。高さ約10メートルの白色噴煙が一時的に灰色になり、50メートルほどの高さになった。噴火に伴う振動は確認されず、火山性地震も同時間帯に観測されなかった。

 気象庁では、火口から火山灰が放出される現象を噴火とする一方、噴火として記録を残すのは「火口から噴出物が100~300メートル飛んだ場合」と説明。6月30日と今月1日のごく小規模な噴火では、火口から100メートル以上離れた場所で降灰を確認したことを根拠とした。ただ、21日は火口から100メートルの範囲で降灰調査は実施しておらず、実際の火山灰が飛んだ範囲は把握できていないという。

 同庁火山課の小久保一哉・火山活動評価解析官は、今回の噴出現象について、「理科研究の小学生に、噴火かと問われれば噴火だと答える。ただ、気象庁では噴火と記録はしないと説明する」と話した。(鈴木逸弘)

これもうわかんねぇな……。

いやまあ、話としてはわかります。要するに学術的な(あるいは気象庁的な)定義の上では「噴火」という現象ではあるけれど、世間一般に認知されるような噴火ではない、という話です。専門家が即座に警鐘を鳴らすたぐいのものでもないということですから、安全性についてもさしあたっては問題ないのでしょう。

ただ、この記事を読んで微妙に感じることが2つ。

1つは、単純に命名の問題です。「噴火」というと混乱するから言わない、というようなことになるくらいなら、学術的な「噴火」のほうに、はやいところ違う名前でもあてておいてほしい。混乱の原因は元から断て、というそれだけ。

もう1つは、この記事について。この記事で何が言いたかったのか。

災害情報の欄にあるけど、災害じゃない、みたいな話だし、そもそも危機管理の話題は全然出てきません。

内容を読む限り、「火口から火山灰が出てるけど問題ありません」という話なんでしょうか。だとしたら、「住民の不安をあおるなどの防災上の影響もあるので、噴火との表現は適切でない」云々の話は不必要な情報(内容をわかりにくくするだけ)だと思います。

あるいは、気象庁のいう「噴火」ということばが実質的に2通りの意味を持っている、というトリビア的な話をしたかったのでしょうか。とてもそうは読めないけれど、そういうことならまあ分からなくもない。でも、伝えることに意味のある情報だとは思えないなぁ。

というわけで、形式から内容まで、あますところなく「よくわからない」感じだなぁという印象。こちらとしてはとりあえず、箱根が大丈夫なのかをまず真っ先に確認したいんですけど、どうなんでしょうねその辺は。

==========================

【2015.0727追記】
Twitterでこなたんさん(@konata_tahake)からご意見と参考資料をご指摘いただきました。こなたんさん、ありがとうございました。

 ▼「“噴火だが噴火とは呼ばない”改め、“噴火だが噴火の表現適切でない”」(Togetterまとめ)

 ▼「噴火の記録基準について」(気象庁)

1.「噴火」現象と気象庁における噴火の記録基準
 
「噴火」とは、「火山現象の一種で、地球内部から、(火山)物質が比較的急速に放出される現象」(荒牧、1975)であると言われており、気象庁では「火山現象として、火口外へ固形物(火山灰、岩塊等)を放出または溶岩を流出する現象」を「噴火」としています。しかし、「噴火」には、富士山の宝永噴火から、桜島でよく発生している山頂噴火、阿蘇山の中岳第一火口付近で降灰がある程度のものまで、その規模は大小様々です。

そのため、気象庁の火山観測では、ある規模以上のものを「噴火」として記録することとし、この基準を「噴火の記録基準」と呼んでいます。もちろん、この気象庁の基準に満たない小さな「噴火」現象も存在します。 

(中略)

噴火の規模については、大規模なものから小規模なものまで様々であるが、固形物が噴出場所から水平若しくは垂直距離概ね 100~300m の範囲を超すものを噴火として記録する。 
 

これによると、気象庁の「噴火」の定義は学術上の「噴火」定義にもとづいたものが採用されています。ただし、噴火は規模の振れ幅が大きいため、「記録する噴火」と「記録しない噴火」とを分けている、というのが実際のところであるようです。

つまり、今回の「噴火」は「広義では噴火だが、狭義(記録するかしないか)では噴火でない」という話なのでしょう。たしかに朝日の記事にも、最後に「気象庁では噴火と記録はしないと説明する」というコメントが記載されています。しかし、それならなおのこと、「住民の不安をあおるなどの防災上の影響もあるので」云々という、あたかも気象庁が恣意的に定義をかえて語ったかのような情報は掲載する意味がなくなってくるような……。

もし本当にこんな風に言っていたのだとしても、記事を書く段階で調査とかすれば(きちんと調べずにブログを書いた私が言うのもあれですが、まあ向こうは商売なので言わせてもらいます)、そういう恣意的な判断で言っているわけではない、ということはわかるでしょうし、今回の件はちゃんとしたルールで定まっている「記録しない噴火」ということのようですから、むしろその定義について書いたり、なぜそのような定義になったのかを明らかにしたり、というのが「良い新聞記事」だったのかもしれません。