よい子わるい子ふつうの子2(仮)

18禁PCゲームをメインに、ラノベや漫画についてもダラダラ話を書きます。長文多いです。

2020年11月

予防接種。

インフルの予防接種うちました。備忘録的に。

こういう記録を簡単に残せるのは、シンプルな日記系ブログのメリットだよなぁと思います。読者の需要とかはあんまり考えなくても良い記事を自由に残せますからね(笑)。

今年は2回目打つの厳しそうですが、可能ならやっぱり打っておきたいよなぁ。

つらい時は逃げて良い。でも、逃げてばかりではいけない。

会社の別部署の人が無断欠勤2日目になり、電話にも出ず、実家に連絡したところ休みだと偽って帰省していたことがわかりました。

何があったのかわかりませんが、そこまで辛かったなら逃げて正解でしょうり我慢したって良いことありません。三十六計逃げるに如かず、逃げるは恥でもないし役に立ちます。

しかし、家や学校で子ども相手に「逃げる」コマンドだけを教えて何でもかんでも良いことにするのはどうかなぁと思います。この歳まで生きていれば、自分にとって何一つ不自由のない環境なんてまず降ってこないということが分かってきます。選ばれし勇者ならまだしも、私のような凡人は、望まぬ環境に身を置き、望まぬ仕事をやりながら、理想とは程遠い生活を送るしかありません。

そうなった時、撤退するのは選択肢です。でも、それを続けていたらいつまでもいつまでも、逃げるしかないかもしれません。どこかで、力づくでも自分の居場所を掴み取る、そんな腕力も必要でしょう。

その挑戦を試す機会、勇気を振り絞る機会は若いうちがベターです。そうしてまた、そんな「ウザくて暑苦しいこと」を言ってくれるのは、家族が先生しかないんじゃないかと思うのです。社会人になって、個の確立したひとりの大人にそんなことをやる人はいないし、やったとしてもうまくいかない。

戦う勇気と力と方法を身につけるには、流行りの褒めて伸ばす手法だけでは(自信をつけるためにも誉めることは大切だと思いますが)ダメで、しっかりと追い込んでやることも必要なんじゃないかと思います。褒めつつ追い込む、でもちろん構わないわけですが。

コロナ危機感の再来。

東京のコロナ1日感染者数報告が、再び500人に近くなりました。繰り返しているように驚くことではありません。危機は今にして出てきたわけではなくずっと続いていましたし、検査数が増えているから炙り出される実数も当然増えるでしょう。肝心なのは陽性率。

とはいえ先行きが不安なのは確かです。

さまざまな意見があるんでしょうが、実際に日本の現状と政府の腰の重さを考えると、こうなったからと言って即座に大きな動きは起きないだろうとも思うんですよね。賛否はともかくとして、いきなり学校を閉じさせた安倍内閣の対応はかなり特殊だったはずです。

正直なところ、問題は一気に感染が拡大したときに国民の生命が守られるのかというところに尽きるでしょう。今から、こういう対応をとるべきだ、というべき論を戦わせている場合ではないと思います。

というか、しばらくそういう状況が続いてきたしこれからも続くハズ。だからこそ、できるときにべき論もしていかなくてはならないのですが、それ以前に打つべき手を打ちきれているのかという疑問、不安は拭いきれません。病床数の確保とかたいへんだと分かってはいるんですけどね。現場の労働力の確保とか、進んでいるのでしょうか。

政府批判のために悲劇が起きることを期待するタイプの言説も見かけますが、正気を疑います。そんなこと言ってる場合じゃなかろうと。これから冬本番に突入していくなかで、大混乱がおきないよう祈るばかりです。

C99開催の告知が来た話。

C99開催と申込みの連絡が来ました。11月25日から申し込み開始のようです。開催は、2021年5月2日~5日(予定)。

 ▼「コミックマーケット99(及び今後の開催)のご案内

申し込み期間は2週間程度。基本的にはPDF版の冊子を購入しての郵送、もしくはオンライン申し込みになりそうです。

 ▼「コミックマーケット99 サークル参加申込書セット販売のご案内

ふだんと手続方法が違うから早めにやらないと思わぬミス、つまらないミスをして苦労しそう。

とはいえ、ギリギリにならないとなかなか動けないのが人情なんですけどね……。

何にしたって優勝は凄い話。

何部かわかりませんが、仕事場の近くの学校の前を通りかかると、「優勝したからと言って満足するな! お前たちはコロナでたまたま勝てただけなんだ!」みたいなことを言ってるのが聞こえてきました。

まぁ実際にコロナの影響で練習できなくなった学校いっぱいあるし、今も対外試合禁止とかしてる自治体もあるんで、間違ってはいないんだろうけど、どんな状況でも優勝したなら大したもんだと思うんです。モンドセレクションとかなら知らんけど。

部員を鼓舞するため、次のチャンスを掴むためなのかもしれませんが、ああいう言い方になってしまうのは悲しいなぁと少し思ったのでした。

誤字ニ非ズ。

これは笑う。

 ▼「タコな大根、おしりリンゴ 自慢の珍品野菜や果物ずらり
 珍品や大物など、野菜の出来栄えを自慢する「自まんこ」コンクールが13日、横手市のJA秋田ふるさと金沢支店であり、管内の農家が丹精込めて栽培した135点が並んだ。

 品質や形など様々な観点から農産物を評価し、見て楽しむことで農作業にやりがいをもってもらおうと開催し、今年で23回目。

 並べられた野菜は珍品や大物、良品の部に分かれており、訪れた農家からは「りっぱだ」「上手にできている」などの声が聞かれた。子どもたちに人気の作品にちなみ「おしりたんてい」と名付けられた、お尻のように見えるリンゴも出品された。また、珍品部門の出品者でもある金沢保育園の園児たちは、五つに分岐したダイコンを見て「タコだタコ」と歓声を上げ、本数を数えていた。
「自まんこ」コンクールとはなんぞや。Myまんこ? てっきり「こ」が勢い余っちゃったのかと思っていたのですが。



jiman

なんということでしょう。

真偽は定かではありませんが、「~っこ」という感じでついている「こ」ではないか、というのが有力な説のようです。

まあそれにしたってあとで気づかないわけもないので、狙ってるんじゃないかと思うんですけどね。

秋葉原の駅ナカシェアオフィス。

秋葉原にちょっと前から駅ナカシェアオフィスのSTATION workが二つほど設置されていました。

E5B5C4E0-9C89-41EE-A2DE-889D1D35C455


15分250円のワーキングスペースで、WEB予約も可能。こんな小型スペースですが空調完備をうたっています。

ちょっと駅前で急な打ち合わせの必要が出たので、いつもなら喫茶店に行くところを物は試しと入ってみました。

F5C8091D-7C3D-4C10-8E56-1CFFDD44DB2C


中はこんな感じで、思ったより暗い。もちろんライトはつきますよ。

んで、空調らしきものがこれ。

1E29659C-422F-4C22-AB28-FBD6723553DB


思ったよりちゃんとしてます。ただ、机のスペースはそんな大きくはありません。ノーパソ開いてがっつり作業展開…みたいな感じではありませんね。

防音は結構しっかりしている印象で、電話とかしても普通の声なら隣には聞こえなさそうかな? 盗み聞きとかの心配はしなくても良いと思います。

ただ、密室になったあと特に管理とかされないようなので、盗撮器具とか置いてあったらという懸念はあります。クレカとか、大事な書類なんかは中で出さないのが賢明でしょう。

今回は仕事に使いましたが、どうしても眠いときの仮眠スペースとかにはもっと良いかも。

長時間、何千円か払ってここを借りるのはもったいないとおもいますが、15分とか30分を退避するには悪くない選択肢かもしれません。

秋葉原駅ナカのドラえもんポップアップストアの話。

昨日から、JR秋葉原駅の一階ホール部分でドラえもんのポップアップストアが期間限定で開かれています。今月の23日まで。

230769D3-024F-4849-BB15-FC19DFB6FA77


初日ということもあってか、7時ごろだったにもかかわらず物凄い人で賑わっていました。レジには長蛇の列。

客層は女性、それも若い女性がすごく多かった。たぶん、のぶ代ドラえもんではなくわさびドラえもんで育ってきたんじゃないかという世代。男性のサラリーマンもちらほら見かけましたけどね、私を含めて。

35DE7A90-9FC4-498D-B2E6-19399639ED6A


正直私は、グッズを買うほどドラえもんを特別には思えないのですが、デザインはかなりグッドな感じでしたね。トートバッグやキーホルダーを見ながら「かわいー」という声も上がっていました。ドラ焼きクッションとか抱えてる人もいたな……。

みんなが知っているから共通の話題になり、それなりに人気もあってオタ臭さがなく、デザイン的にも悪くない……ということで確かに使いやすいアイテムなのかもしれません、ドラえもん。子どもにも人気だろうし。

人が多かったのであんまりじっくりと見ませんでしたが、どうせ立ち寄る駅ではあるので早く仕事が終わった時とか見に行こうかな。

確か有楽町のマルイでも今月末まで同じようなポップアップストアが出ているので、そっちでも良いかもしれませんね。余計混んでるかな?

京大で縛りプレイ。

先月のこと、京都大学で「緊縛」に関するシンポジウムが開かれて大炎上していたというニュースが入ってきて大笑いしました。さすが京大。

 ▼京大 緊縛動画を公開停止し謝罪(NHK NEWS WEB 関西)

京都大学で先月開かれた、縄で人を縛ることをテーマにしたシンポジウムで、着物姿の女性を縛るようすを実演し、動画をインターネットで配信していましたが、大学は内容に不快感を示す意見が寄せられたことから、公開を取りやめました。

先月24日に京都市左京区の京都大学で開かれたシンポジウムは、縄で人を縛る「緊縛」をアートとして紹介しようと京都大学文学研究科の教授が企画したもので、学生などおよそ80人が出席しました。

会場は文学部の講義室が使われ、この中で男性が実際に着物姿のモデルの女性を縛るなど、およそ30分にわたって実演が行われました

シンポジウムの様子は、動画投稿サイト「YouTube」で配信され、海外で話題になるなどして、50万件以上のアクセスがありました。

一方で、この動画を見た人から「女性を軽視している」とか、「これは学問なのか」など不快感を示す意見が寄せられ、京都大学は今月5日、動画の公開を停止したということです。
京都大学は、「大学の研究成果はできるだけ社会に還元すべきと考えているが、今回の動画の一部について不愉快に感じた方には申し訳なく思います。今後は適切な配慮を行う」とコメントしています。

シンポジウムを企画した京都大学文学研究科の教授はNHKの取材に対し、「“緊縛”が現在、国内外で現代アートの新潮流として注目を集めている現状を踏まえ、新たな動向に光を当てることが今回のシンポジウムの意図でした。意見を寄せられた方以外にも、不快感を持たれた方々がおられた可能性がありますので、おわびの文書をホームページに掲載させていただきました」とコメントしています。
kinbaku

ネタかマジかわかりませんが上から下まで煽っているとしか思えないコメントが並んでいて大草原です。というか、「縄で人を縛ることをテーマにしたシンポジウム」という一行目の文言が既に意味不明です。どう社会に還元するのか……。

動画のほう(これ)も見たんですが、パンチが効きすぎて笑えます。

kinbaku2

この辺はまあ、ちょっとえっちぃなあくらいだったんですが……。

kinbaku3

大股開きになってヤバさが激増。ちっちゃい子には見せられない展開になってきました。大真面目にやっているのが相当シュールです。

kinbaku4

この辺になってくるともう何が何だか。お尻も丸見えでポーズもエロすぎるはずなんですが、大教室っぽい後ろの黒板といかにも古い校舎にありがちな時計のミスマッチが絶妙で笑えます。というか、たしかにこの辺までくるとアートな雰囲気がしてきました。

isaku

古い校舎で縛る…………う~ん、遺作さんかな?

何というか、さすが京大という感じです。これが教室使用申請通っちゃうんだもんなぁ。そして80人も学生がくるんだもんなぁ。こんなアホ(褒めてます)な真似は、頭が固い東大にはできないですね。

学術会議云々で揉めたこともありましたが、これぞ「学問の自由」って感じがします。ロックです。あちこちに笑いをばらまきながら、本気で、文字通りカラダを張って既存の枠組みをぶっ壊しに行ってますよね。だいたいこんなもの、Youtubeで配信して問題にならないと予想しないわけがないんです。やった時点でわかっていたでしょう。「今後は適切な配慮を行う」というコメントまでが既定路線の、壮大なパフォーマンスだったんじゃないかと思っています。

京都大学文学研究科には是非今後とも研究に邁進していただき、緊縛文学の発展に貢献していただきたいと願う次第です。

セガがゲーセンから撤退する話。

数日前から話題になっていますが、時事通信のこの報道。セガがゲーセン事業を売却するようです。

 やっぱ儲かってないんだなぁというのが正直な感想で、コロナのご時世に膨大なコストをかけて維持していく余裕は無いってことなんでしょうね。対戦ゲーム自体はネットでできるようになったいま、ゲーセンは社交場としての側面が大きいですから。

私自身はそれほどゲーセンに通っていないので、そこまでの感慨はありません。しかし、中高生の頃からゲーセンというのは憧れの遊び場であり、格ゲーで青春の幾ばくかを過ごしてきた身としては、ゲーセン文化ぎ廃れていくことに見過ごせないくらいの寂しさを感じるのも事実です。 

VRとかで再び隆盛を迎えることはあるんでしょうか。あってほしいと願うけれど、実際難しそうですよねえ。ただ、ゲーセンに限らず他の文化が倒れていく方が早そう。各企業の中間決算過ぎて、あちこちでヤバい雰囲気が漂ってきたのは心配です。三越も、青山も真っ赤ですからねー。

上向いてきたところもちらほら見えてきたものの、いろんな業界の崩壊が落ち着くのにはまだまだ時間がかかりそうです。ホントにたいへん。 
《自己紹介》

エロゲーマーです。「ErogameScape -エロゲー批評空間-」様でレビューを投稿中。新着レビューのページは以下。
 ▼OYOYOの新着レビュー

ご意見、ご感想があればメールフォームからお寄せ下さい。面白かったよ! という時は、彼女に拍手してくれると喜びます。


記事検索
応援バナー(1)
シルキーズプラス A5和牛 『バタフライシーカー』

あけいろ怪奇譚
バナー(3)
『その花が咲いたら、また僕は君に出逢う』を応援しています!
発売中応援作品
メールフォーム
Twitter
応援バナー(2)
『その花が咲いたら、また僕は君に出逢う』を応援しています!




アーカイブ(過去記事)
情熱FX大陸