よい子わるい子ふつうの子2(仮)

18禁PCゲームをメインに、ラノベや漫画についてもダラダラ話を書きます。長文多いです。

2020年10月

悪い癖。

仕事をしていて、結構プライドが高い人がいます。

クライアントがちょっとした勘違いや間違いをして突っかかって来たときに、相手にそのことを突きつけてやり込めないと気が済まないタイプの人。悪い癖ですね。まぁ割と親しい年下の同僚なんですけど。

いつだったか上司に、「○○さんは、バカが許せないんですね」と言われていました。なるほど上手い表現だと感心したものです。プライドが高いのでも意地が悪いのでもなく、バカが許せない。一文の得にもならなくても、むしろ関係を悪化させると分かっていても、「ちゃんと書いてある/言ってあるんだから理解しろ」ということを、婉曲的にでも何でも言わずにはおられないわけです。

ビジネスに限らずおよそ人間関係的に見ればやめた方がいいのは間違いありません。などと言いつつも、私もそうなる気持ちはわかる。突っかかってきた相手が丸腰なら、叩きのめしたくなるのが人情でしょう。

ただ、それをやってスッキリしたところで仕事的にはなーんのメリットもないんですよね。むしろマイナスしかない。そういうキャラクターとして受け入れられる仕事に就ければ良いのでしょうけれど、この業種だと難しいだろうなぁ。

前途多難そうですが、何処かで角が取れて丸くなるか、己を貫き通して立場を確立するか、自分に合うところを探して旅立つか。まだ若いので頑張ってほしいなと思います。

久々の飲み会。

コロナでバタバタして以降初めて、飲み会に行きました。

楽しかった!

お誘い感謝です。

何か世界でロックダウン始まってるし、またぞろ外での飲食は厳しくなるのかなぁ。そうなると、これが今年最後の飲み会とかになるのかもしれません。

反動。

なんとかデスマーチを乗り切れそう。人間、なせばなるもんです。

終わりはもう見えました。

ただ、身体の酷使と精神の摩耗が半端ないわこれ。座ってるだけで眠りそう。

早く疾く、ベッドで寝たい。ベッドじゃなくても良いので横になりたい。

秋葉原アドアーズの閉店の話。

秋葉原中央通り、JR秋葉原駅を出てすぐのところにあるゲーセン「アドアーズ」が11月8日に閉店するとのこと。

 ▼「中央通り沿いの「アドアーズ秋葉原店」が11月8日に閉店」(AKIBA PC Hotline)
 新型コロナウイルスの影響で店舗の閉店が続いている秋葉原ですが、今度は中央通り沿いのアミューズメント施設「アドアーズ秋葉原店」「カラオケアドアーズ秋葉原店」が閉店するようです。店頭には閉店を知らせる案内が掲示されています。

 “秋葉原の顔”とも言えるこの場所にアドアーズがオープンしたのは2012年8月。ビルの1~2階がアドアーズ秋葉原店、3~10階がカラオケアドアーズ秋葉原店ですが、前者は11月8日(日)で、後者は10月31日(土)に閉店予定。

いよいよ来たなという感じです。

秋葉原は外国人観光客に加えて国内の観光客も激減していて、まあもともと近所で暮らしていた人間にとっては動きやすくなった感じなのですが、インバウンドで稼働していたお店にしてみれば地獄のような状態なのは間違いありません。

おそらくですが、メロンブックスとかアニメイトみたいな地元のオタク消費がメインのお店は(もちろん不景気の影響で財布の紐が固くなることはあるだろうし、外国人オタクの購買力も相当あったとは思うものの)まだましなほうで、打ち上げの九割が観光客みたいなお店からすると、これからあと1年近く回復が見通せないような状況で、都心の一等地の店舗を維持する意味も余裕も無いだろうなと。

セガ2号館の隣の「きづなすし」とかもやべーんじゃねぇかと見ています、正直。あれもインバウンド客で溢れかえってたお店だったから……。

これから冬を超え、年末決算の時期になると消えていく店舗も増えるでしょう。秋葉原の街が大きく変わっていく予感がします。そうならないことを祈りたいですが。

ギリギリ修羅場

乗り切れるか。今日明日が勝負になりそう。キツいっす。

ずっと起きていたい。

眠いし疲れてるんだけど仕事が終わらない。

辛い仕事ではなくて比較的楽しくて、可能ならもっとブラッシュアップしたいので、ずっと起きて作業できる薬でも飲みたいです。

ヤバいクスリを飲む人の気持ち、わからんでもないなぁ。

予防接種。

インフルの予防接種打たないとなーと思っているのですが、今年はどの時期に流行るのかよくわかんないんですよね。まだ流行ってる気配ないし。

流行のシーズンまでにはもうしばらくかかりそうだし、11月半ばくらいかな? それで3月までやり過ごせればよいのですが。

今年はひとつの病院だと1回しか受け付けてくれないので、2度目を別の病院にお願いするしかなさそう。面倒ですね。

潰れたのかと思ったら。

近所のコンビニ、いきなり営業休みになっていたので潰れたのかと思ったら、どうもコロナ罹患者が出たとのこと。

なんか身近に来たなぁという感慨と、コンビニも休むんだなという新鮮な感じがしています。休んでくれるなら却って安心か。

休業は3日間。客商売は大変ですね。飲食店から出ると面倒だろうなぁ。

しかし、感染者が出てしまったらもう休んでも時すでに遅しなんじゃないかとそこはかとない疑問も抱いている人もいそう。閉じないよりはマシなんでしょうけど今更かと。

私はそれでも抑えることに意味があると思うけど、意味を見出せない人はフツーに営業続行とかしそう。怖いですね。

混迷。

臨時国会、来年の通常国会、衆議院議員総選挙と続くこの時期に日本の野党は何をしてるのかって感じ。

 ▼「社民・福島党首「党大会すべきでない」 幹事長「招集済み」 立憲合流巡り混迷深まる」(毎日新聞)

 社民党の福島瑞穂党首は21日の記者会見で、立憲民主党との合流の賛否を諮る11月14日の臨時党大会について、党内意見が割れていることを理由に「今の時点ですべきでない」と述べた。その後の常任幹事会で、予定通りの開催が再確認されたが、党首自らが党の既定方針に反対を表明し、合流を巡る混迷が深まっている。


社民党常任幹事会で発言する福島瑞穂党首(奥中央)。同右は吉田忠智幹事長=参院議員会館で2020年10月21日午後3時1分、竹内幹撮影
 合流慎重派の福島氏は会見で「党大会で激突するより知恵を出すべきでないか」と指摘した。だが、党本部は今月13日付で党大会の招集を党員らに伝えており、吉田忠智幹事長ら合流推進派は「すでに招集している」と反発。両派の対立は収まらず、常任幹事会では党分割案も話題に上った。【小山由宇】

内ゲバを露呈したみたいなもので、なんか毎回こういう拡大縮小を繰り返してグダグダになっています。大同団結しても勝てない、地道に勢力を拡大することもできない、声高に罵詈雑言は並べるけれど「政治」においてきちんと役割を果たすことができていないから身内で盛り上がるだけで世間の支持率はどんどん低迷するだけ……。

別に今の与党が良いとは思っていないけれど、野党はほんとうに、それに輪をかけてだめだなぁっていう印象しか持てないですね。

半沢直樹先生曰く。

 gomida01

 ( ゚Å゚)

gomida02


(゚∀゚)

真面目な話、野党がしっかり対抗軸として存在できないと、結局日本の政治は一党独裁の不透明な馴れ合い政治を抜け出せないと思うんですよ。国民の意見の受け皿もきちんとできないし。社民党のセンセイがた7名におかれましては、ぜひ国民の力になる政治を目指して頑張ってほしいです。

gomida03

こう言われるように……。

人体の神秘。

未知の臓器? が見つかったというニュースに割とびっくりしています。

 ▼「人の喉に未知の臓器を発見、オランダ研究チーム発表」(CNN)

オランダの研究チームが、これまでの医学では知られていなかった臓器が人ののどの奥に見つかったとして、このほど医学誌に研究結果を発表した。

発表を行ったのはオランダがん研究所などの研究チーム。鼻腔(びくう)と咽頭(いんとう)がつながる部分の頭蓋骨(ずがいこつ)の中に、未知の腺が隠れているのを発見した。同チームは「tubarial glands」という名称を提案している。

この臓器はがんの転移診断のためのスキャン検査で見つかった。研究チームはさらに、前立腺がんで治療中の患者100人の頭部と頸部(けいぶ)のスキャン画像を調べ、男性1人と女性1人の遺体解剖を行った結果、全員がこの臓器を対でもっていることが分かった。

超音波やCTスキャン、磁気共鳴断層撮影(MRI)といった一般的な検査ではこの臓器は見つけられず、前立腺がんの転移を調べるPSMA PET/CTという先端のスキャン検査で初めて見つかった。

論文を発表した研究者は「2020年にこんなものが見つけられるとは思わなかった」と振り返る

これが新しい臓器なのか、それとも唾液(だえき)腺の一部とみなすべきなのかについては論議もあったが、詳しく調べた結果、解剖学的にも機能的にも新しい器官であることが裏付けられたとしている。

病理学に詳しい米ラトガース大学の専門家は「人体にはまだ学ぶべきことがたくさんある。テクノロジーはそうした発見を可能にする。これは体内のエキサイティングな発見の始まりかもしれない」と指摘している。

これを「臓器」というのかよくわかりませんが、何にしても遺伝子の新しいなにかが見つかったとかじゃなくて、ガチで新しい器官がまだ人間の体内にあった、というのはかなりびっくりします。

これまで全然注目されてなかったということは、あんまり役割は無いのでしょうか。それにしても、まだどこかに「隠れた」器官があるかもしれないというのは夢が広がります。こういう発見をきっかけに、医学が大きく進歩したりするかもしれないですよね。
《自己紹介》

エロゲーマーです。「ErogameScape -エロゲー批評空間-」様でレビューを投稿中。新着レビューのページは以下。
 ▼OYOYOの新着レビュー

ご意見、ご感想があればメールフォームからお寄せ下さい。面白かったよ! という時は、彼女に拍手してくれると喜びます。


記事検索
応援バナー(1)
シルキーズプラス A5和牛 『バタフライシーカー』

あけいろ怪奇譚
バナー(3)
『その花が咲いたら、また僕は君に出逢う』を応援しています!
発売中応援作品
メールフォーム
Twitter
応援バナー(2)
『その花が咲いたら、また僕は君に出逢う』を応援しています!




アーカイブ(過去記事)
情熱FX大陸