よい子わるい子ふつうの子2(仮)

18禁PCゲームをメインに、ラノベや漫画についてもダラダラ話を書きます。長文多いです。

2019年07月

足が痛い!

やけに足の裏が痛くて、何か踏んでいる感じがあったのですが、靴をひっくり返しても靴下を触っても何も出てこない……。何かが刺さっているような感じが拭えず、歩くのにも苦労する感じだったので緊急の外来で診てもらったところ、足の裏の神経が傷んでいるとのことでした。

結構治すのめんどくさそうな感じで、どういうスケジュールで病院にいくか慎重に検討する必要がありそう。

とはいえ、歩くのがだめになると死活問題だから、さっさとなんとかしたいところではあるのですが。医者からは「あるきかたが悪い」みたいなことを言われたものの、あるきかたって普段全然気にしてないし、医者の言う理想的なあるき方ってそんなの実践している人だれもいないだろ(お前もじゃん!)って感じだったので、ほんとうにそうすれば治るのかどうかもよくわかんないという。

……10000円くらいする特性インソールを買えっていうことなんすかね。

明日は選挙。

明日は参議院議員選挙投票日です。

若い人は、とにかく選挙に行くべき。

問題を凄いシンプルにして言うと、現在「少子高齢化」が進む日本で選挙において力を持つ世代というのは、基本高齢者です。だって、人数多いから。高齢者の味方をして若者を敵に回すのと、若者の味方をして高齢者を敵に回すのとだと、高齢者の味方をするほうが得られる票が多い=政治家はそういう層が多い、という話。

当然、選挙公約も実際の政策も、高齢者を優遇するものになりがちです。

たとえば、年金制度は維持されるだろうし世代間格差は是正されないだろうし、若者への投資である教育の予算などは減らされ続け、雇用上限も上がり続けることになるでしょう。

これを打開するにはどうすればいいかと言うと、若い層の味方をしたら票になる、と立候補者に印象づければ良いのです。

高齢者といえど、投票率が80%も90%もあるわけではない。もともとの人口に差がついているとはいえ、20歳代の投票率が100%に近くなれば、票の数は逆転できます。そうすれば、若い世代のための政策を提案して国会に行く人が増える。

このブログで何度も繰り返している気がしますが、とにかく投票に行くのが大事なのであります。

仕事の連絡は早くしてほしい話。

終業前にいきなり、「これ、明日までにやっといて」と言われても困ります。

ほんとうに困る。これがなきゃだめなのもわかるんだけど……。

何か一般的な風土として、「自己犠牲をして組織のために尽くすのは偉い」というのがあるのはあまり良くないと思うんですよね。むしろ、「自己犠牲なんて必要ない」であるべき。

……いやまあ、それが必要な場面もあるだろうから、百歩譲ってそれが偉いというのはOKとしましょう。でも、「自己犠牲をするのが当然」とか「自己犠牲を厭うのは自分勝手」みたいになるのは良くない。害悪です。

……ってのがふつうになってほしいなぁ。

京都アニメーション放火のこと。

京アニ第一スタジオが放火され、多くの被害が出ているようです。人命も失われました。被害に遭われたみなさま、犠牲となったみなさまには心よりお悔やみを申し上げます。

京都アニメーションは現在の日本を代表するアニメスタジオの1つであり、いまだ被害の正確な情報は出ていませんが、今回の放火が残した爪痕は5年10年のスパンで残り続けることになると思われます。

人命に貴賤なく、放火殺人はそれだけで許されざることにまちがいはないのだけれど、同時に失われた文化の重さを思うと、やはりふつう以上に怒りが湧き、許しがたい気持ちになるのを抑えられません。

なぜこんなことが起きたのか、原因の究明に努めてほしいと同時に、二度とこのようなことが起きないことを祈るばかりです。

麺inアトレ秋葉原。

秋葉原アトレ1Fが大幅リニューアルされて一ヶ月弱。なんとなく雰囲気はつかめてきたかなという感があります。現在1Fで展開されているのは下の12店舗。

atrenew
参考:「AKIBA PC Hotline

個人的に、特筆すべきは「丸亀製麺」と「餃子の王将」かなと思っています。

以前のアトレ1Fは、非常に中途半端なポジショニングをとっていました。メインの食事スペースが「東京カレー屋名店会」と「魚がし日本一」。イートインとして「マザー牧場」の喫茶店がありましたが、ゆっくりと腰を落ち着けて食べたり休んだりするスペースはありませんでした。

店舗敷地の狭さ、そして秋葉原という場所柄を考えるとそれほど大外ししていないようにも見えるのですが、秋葉原はあれで、ビジネス街の側面も持っています。街のほうが観光地みたいになっている状態で、あぶれたビジネスパーソンが救いを求めて魚がしに並んだりカレーをがっついている姿をよく見かけましたが、そうした人たちの受け皿としては不十分。かといって、観光客がとびつくような新規性や価格設定があるわけでもなく、若干微妙な位置づけに見えました。

んで、その旧アトレ。他にあった店舗は、ちょっと小洒落たお土産スイーツショップやお惣菜・弁当屋。もちろん規模はとても小さいのでデパ地下的な感じにはならず、ただちょっと高めのお店がちらほら入っているだけ。ビジネスパーソンが帰りに何か買って帰ろうという日常生活のオアシスになるわけでもなく、観光客やアキバ系の人たちが気軽になにかを買っていこうという場所として機能するでもない。やっぱり微妙な感じでした。

しかし、新アトレはレストラン系スペースが充実。「魚がし日本一」と「餃子の王将」はどちらも立ち食いですが「丸亀製麺」はかなりの座席数を確保したお店ですし、「猿田彦珈琲」も喫茶店として着席スペースがあります。持ち帰りのできる弁当・惣菜ではなくその場で食べる系にかじを切ったというのが明確にわかりますし、頻繁にあのあたりをうろうろしている利用者としては、昼~夜の秋葉原近辺の食事処の混雑具合を考えると、この変更が非常にありがたい。そして実際、目下その狙いはあたっているんじゃないかと思われる程度に、どのお店も繁盛して見えます。

中でも、最初に挙げた「丸亀製麺」と「餃子の王将」。「丸亀製麺」は、蕎麦屋は充実しているもののファストうどん店が無かったあの辺りでは実に狙い目。ぶっちゃけ、ちょっと離れたところに(肉の万世より遠い)「はなまるうどん」があるのですが、あそこまで行くの遠いし、中心地から離れる方向だから行きにくいんですよね。

いまはオープンしたてだからかもしれませんが、常に揚げたての天ぷらが並び、割と質のいい(個人的に好みの茹で具合の)うどんが安定して提供されています。

また、「王将」は、ぶっちゃけいくらあっても困らない中華系のお店。ラーメン専門店がひしめく秋葉原の中でも、500円でかなりいい味の「王将ラーメン」はじゅうぶん通用するし、立ち食いなので回転も早くて並んでいてもすぐに空くので、限られた時間の中で「とりあえず何かお腹に入れておきたい」というアキバボーイ(ガール)やビジネスパーソンからするとありがたい。

王将ラーメン、ホントに美味しかったですよ。500円のラーメンってあのあたりではレアだし、餃子セットでつけても税込み700円ちょいくらい。コスパかなり良いです。SuicaやPASMOで支払いができ、何ならアトレのポイントまで貯まるのも密かな魅力です。

個人的にはあと、「松の屋」でも入っていれば完璧だったと思うんですが、ともあれ麺類を充実させ、気軽に立ち寄れる駅前一等地の食事場所としてアトレ1Fを位置づけ直したのは、集客的に英断じゃないかなという気がします。

あとは客単価が下がるのにどう対処するかだけど、そのためにオタク系キャンペーンを打っていくって感じじゃないのかなぁ。なんだかんだよく利用する場所なので、是非とも繁盛してほしいですね。

信用問題

仕事でミスを続けていた某人に、とうとう上司の鉄槌が下りました。

といっても、罵倒されたとかではなく粛々と処分がすすめられ、減俸・部署移動が決まったという話。

ふつうなら権利問題でどうこうだし労組もあれこれ言いそうなのですが、「彼が仕事のチームに入ると、ゼロどころかマイナスになる」ということで組合側が処分を求めていたのでおおごとにならなかったという異例の事態。「信用して何かを任せられない」という声があちこちからあがっていたようです。

こういうのを見ていると、新人教育で「注意」とか、場合によっては「叱責」というのもある程度必要というか、優しさなんだろうなぁという感じがしてきます。

もちろん人間性を否定するような発言や物理的な暴力があってはいけませんが、これはだめなこと・繰り返してはいけないことだ、と教えておかなければ誰もが今回処分された人のようになりえる。そうなる前に、嫌がられても嫌われても伝えてあげる人がいないと悲惨なのだなぁと。

誰からも注意されなくなったり、誰の注意も聞かなくなったとき、その人の信用はなくなっているんですね。

洗濯物がたまりすぎている話。

今日は久々に晴れ間が見えるとか言っていたので期待していたのですが、やっぱり雨でした。これで先週から、晴れてる日がホントにない感じです。

コインランドリーを覚えてから、さして洗濯の日の天気を気にしなくなったのですが、さすがにこれでは布団も干せないし、殺菌のための天日干しも無理。お日様のにおいというのか、日の下で干した後のあのふわっとした感じと独特のにおいが好きなので、地味にストレスがたまります。

そしてこの状態だと、また冬場にお米や野菜が値上がりしそう。ただでも消費税10%とか言ってるのに、厳しいことになりそうですよほんと……。

ベルトを切りすぎた話。

ファクトリー系(ブランド物ではないので純粋に材料費)でちょっと良いベルト、具体的にはカーフで15,000円くらいのを買ったのですが、手が滑ってカットしすぎてしまいました。

フリーサイズだし自分で調整しようとしたのが失敗だった……。

多少長いベルトはなんとかなりますが、短くしたのは取り返しがつかないんだよなぁ。

教訓として思うのは、「素人の考え休むに似たり」だということ。ほんとうに。

過去、プロにお願いしてもベルトの調整が気に入らないことというのは何度かあったのですが、基本的に全部「長かった」んですよね。んで、使っているうちに不自由を感じ、適切な長さに調整した。その時はもう使いジワとかついていて、だいたいどのへんが「フィットする」長さであるか、自分で見当がつきやすかったのです。

そういう積み重ねなしに、いきなりジャストフィットを目指した私のカットが失敗するのは当然といえば当然だったのかもしれません。よりによって、結構お高い買い物をしたときにそれを思い知るハメになるとは。

ともあれ、次からは気をつけよう……。みなさんも大怪我なさらないよう、ご記憶に留めておいてください。

乗り切った?

なんとかかんとか、厳しい状況を乗り切りました。

ハラキリまで行かずに済んで良かった……。明日はおやすみできそうなので、今日ゆっくり休みます。

気が抜けたらホントに一気に疲労が来て、ここまで打つ間に寝てしまいそうになった(笑)。

今日が正念場

今日で終わらなければいろいろ終わるので、浮上しません。がんばります……。
《自己紹介》

エロゲーマーです。「ErogameScape -エロゲー批評空間-」様でレビューを投稿中。新着レビューのページは以下。
 ▼OYOYOの新着レビュー

ご意見、ご感想があればメールフォームからお寄せ下さい。面白かったよ! という時は、彼女に拍手してくれると喜びます。


記事検索
応援バナー(1)
シルキーズプラス A5和牛 『バタフライシーカー』

あけいろ怪奇譚
バナー(3)
『その花が咲いたら、また僕は君に出逢う』を応援しています!
発売中応援作品
メールフォーム
Twitter
応援バナー(2)
『その花が咲いたら、また僕は君に出逢う』を応援しています!




情熱FX大陸