よい子わるい子ふつうの子2(仮)

18禁PCゲームをメインに、ラノベや漫画についてもダラダラ話を書きます。長文多いです。

2018年07月

『シルキーズプラス5周年記念豪華BOX』予約キャンペーン当選していた話。

タイトルどおりですが、あじ秋刀魚さんのサイン色紙当選してました。『バタフライシーカー』の、早乙女羽矢でご出演されてます。暴言と傘が武器のお嬢さんですね。

haya

あじ秋刀魚さん、個人的に凄いファンだし(たしか、『キスアト』の有紗あたりから良さに気づいた記憶が)、羽矢は『バタフライシーカー』の情報公開されたときからお気に入りのキャラだったので、ダブルで嬉しいです。あ、あと応援しているメーカーであるシルプラさんの記念の色紙をいただけたというのも嬉しいんで、トリプルかな。

gahaku

ともあれそんなわけで、とてもラッキーでした。画伯、シルプラさん、ありがとうございました。大事に飾っておきたいと思います!

確認は大事

奥華子さんのライヴ、観客がいなかったという話を聞きました。

 ▼「奥華子、大阪イベントで観客ゼロのトラブル システムエラーで当選メール未送信」(オリコンニュース)
 シンガー・ソングライターの奥華子が16日、大阪で開催したライブイベントの第2部に観客が1人も来ないトラブルが発生した。 

 同イベントは、ライブBlu-ray『奥華子の弾き語りダークナイト☆』(6月20日発売)の購入者のうち応募抽選で当選したファンを招待。第1部は予定どおり行われたが、午後4時半ごろ、奥は自身のツイッターで「プレミアムイベント2部の集合時間過ぎても誰もいないです、、、どうして、、え?」と動揺した様子で投げかけた。 

 それから15分ほどして「大変な事が発覚しました! 2部の当選メールがシステムトラブルか何かで送信されてなかった事がわかりました。泣 まさかの事態です。今、どうするか緊急会議してます。今後どうするかまたここでもお伝えします」と事情を説明。「大阪2部に応募して下さった皆さん本当にごめんなさい」とお詫びした。 

 その後、公式サイトでは所属事務所とレコード会社の連名で「当選メールがシステムエラーにより送信されていなかった事が、当日現地にて発覚致しました。多大なご迷惑をお掛けしてしまった事を心よりお詫び致します」と謝罪。振替公演を実施するとし、「大阪2部ご応募の方々には、日時を振り替えさせて頂いた上で、再度ご応募を募らせていただくという措置をとらせて頂きます」としている。 

一瞬「大好評につき応募期間を延長します!」(定数集まってない)パターンかと疑ってしまいました。さすがに奥華子さんクラスで、「人気なさすぎて観客集まらない」はないでしょうけど。これは御本人もスタッフも、かなり動揺したでしょうねぇ。

しかし、ライブの当選とかSNSで「当選自慢」(悪い意味ではなく)する人が少しくらいいそうなものですけど、誰も気づかなかったってのが凄い。凄いといえばシステムエラーにしてもヒューマンエラーにしても損害とか結構凄いことになりそうで、そのへんはポニキャがひっかぶるんでしょうか。

というかそもそもの話、こういう重要なメールってCCに自分入れておいて、実際に送信できているかどうか確認したほうが良いんですよね。郵便物ですら届かない可能性があって、そっちは書留にするとか有料の方法しかないわけですが、メールならCCに入れるだけで一応のチェックはできる。そのへん怠ったのがよろしくなかったといえばなかったんではないでしょうか。

いずれにせよ無事リカバリーのライブが開催されて、解決できそうなのは良かったです。確認ってほんとに大事ですね。

『君花』応援キャンペーンの話。

Campusさんの新作、『その花が咲いたら、また僕は君に出逢う』の応援キャンペーンが始まっていました。

 ▼「Banner&Twitter item 応援キャンペーン」(リンク先18禁)

kimihana

「魔法使い」のほうにスポットをあてた物語ということで、なかなか楽しみです。あと、CVが奏雨さんなのもポイント高い。かなり楽しみです。

というわけで、キャンペーン応募しました。あたるといいなー。

kimihana2

暑さきわまる

暑すぎる……。

tenki01

このところ、天気予報の気温地図が真っ赤に染まっていて洒落になりません。

しかもこれ、8月以降もしばらく緩まないようで……。さすがにいまの気温が維持されるとは思いたくありませんが、ほんとうに厳しい夏になりそうです。

tenki02

この状態で、外で運動はまじでヤヴァいよなぁ。高校野球とか大丈夫なんかいな。

門出

お友達の新たな門出が決まりました。喜ばしい。

飲みに行ってきます。

時計が曇る話。

愛用している腕時計、内部が曇ってくるようになりました。

この手の現象は、だいたいパッキンの緩みが原因だと思っていたのですが、最近電池交換の際にパッキンを交換したばかり。時計屋さんの蓋の締め方が悪かったのかなぁとか思いつつ、さすがに内部に結露があると故障が怖いので修理に行きました。

すると、どうやら竜頭の部分にゆるみが生じていたことが判明。なるほど、そっちにも確かに隙間はありますものね……。

それにしても、こういう突然のトラブルは正直いろいろと面倒。うん10万とは言わないまでも5万とか10万とかの時計ならこまめに修理に出すかという気にもなるのですが、2万前後の「傷だらけになった」時計にどこまでコストをかけてメンテナンスするのかっていうのは、いつも悩みます。正直、この時計ももうメンテナンス代のほうが本体価格の3倍くらいになっていますしね……。

10年以上使っていて、その思い出が何物にも代えがたいという気持ちから使い続けていますが、別につけ心地が良いとか見やすいとか、そういう機能面での満足度が高いわけではありません(低くもないけど)。定期的に新しいのを買うか、いっそ4000円くらいの時計を使い潰すほうがかしこい気もするのですが、どうも変なところで意地はってキープしちゃいます。これより後に買った腕時計が、3つほどおしゃかになったことを思えば相当長生きしたと言えるでしょう。

まあ部品の寿命から考えてあと1,2年といったところでしょうし、それまでの命と考えて使い切りますか。

暑さと飲み過ぎ

連日の暑さにまいってしまい、水を飲み続ける日々。

ただ、「冷たいものの飲み過ぎ」はやっぱりよろしくない。食欲も下がるし、ほんとに水ばっかりだと「水毒」症状がでちゃったりする。あとは、体温下がりすぎて調子壊したり。

しかしですね。

あつーい日に、冷たいものをグビグビのむのってほんと気持ちいいんですよ。なんかもう、これだけがいまの苦しみから解放してくれる感がある。体に悪い? そりゃあそうでしょうよ。わかっています。でも、やめらんない。やめらんないのです……。

もういっそのこと、アイスとかかき氷とか冷たいものを飽きるまでお腹に入れてみようかな。それでも「もういいや」とはなりそうにないのが恐ろしいですが。

生活圏

どうも上司と生活圏がカブっていることが判明して結構凹んでいます。

コンビニからでた私に、「おっ、OYOYOくんじゃないの!?」という声が。振り向くと、隣の部署の上司氏……。住所録とかチェックしてなかったんで(向こうもたぶんこっちのことなんか知らなかっただろうと思われます)、ほんとにびっくりしました。

正直、あんまり親しくないけど職場で交流ある人が生活圏にいるとしんどいっす。

たとえば、金曜日。大量のエロゲーの特典とかを抱えて家に戻っている途中を見られたりしたら……。あるいは、バスを待っている時にケータイゲームをしているのを見られたりしたら……。

引っ越しを考えるほどではないにしても、参ったなぁという感じ。ど~しようかなぁほんとに。

メガネよさらば

結構長い間つけてたメガネがぽきっと折れて壊れました。

また新しいの買う出費も痛いけど、愛用の道具が無残な最後を迎えたことに悲しみがつのります。

やっぱり寝るときにつけたままなのは良くなかったよなぁ。

【ハチナイ】ランクマ終了

1周年記念ランクマ終了しました。全国の監督のみなさん、お疲れさまでした。

Screenshot_20180712-165824

仕事で缶詰になり結果をきちんと見ることができませんが、残り2分の状態で16位だったので、多分そのくらいだろうと思います。

今回は平日ランクマということもあり、対戦相手の吟味などができず、調子のいいキャラが揃ったときにひたすらチケットを使い切る感じになりました。特攻キャラを揃えられたこともあって10位以内入れたら嬉しかったけれど、運もあるのでしょうがないですね。

今回一周年ということで実施された各種の変更――たとえば、89回という有限なランクマの試行回数、チケットの入手を事前のイベントからオープンにしておく時間への配慮、計算式変更と倍率調整によってランダム要素を増やしたランキングスコア――について、私個人としては「アリ」だと思っています。

ランクマのようなイベントに対する考え方というのは何通りかありえて、多くのソシャゲーがそうであるように、「ヘヴィユーザーがのめり込み度に比例して有利になる」ようなパターンもあり得るのだろうと思います。ランダム要素を排除し、ゲームに支払ったコスト(時間・課金)に応じて稼ぎやすくすればいいわけです。青天井などがその好例でしょうか。

ただ、カードゲームのように、「支払ったコストの最低ラインは求められるけれど、それ以上になるとプレイングや運が絡んでくる」ような仕様が持つ魅力というのもあるはずです。そして、繰り返しになるのですが、今後ハチナイが新規ユーザーを開拓して盛り上がり、ランクマを軸コンテンツとして参加者を増やそうと考えているなら、ある程度運の要素が大きく絡んだり、先行ヘヴィユーザーとの格差が開きにくいような仕様が望ましいのではないかなと考えています。そりゃあまあ、ある程度地力によって結果の差は出てくるでしょうけど、「頑張れば上位いけるかもしれない」コンテンツと「頑張っても廃人には絶対勝てない」コンテンツなら、前者のほうが参加のハードルは下がるだろうし気合を入れる人の数も増えると思うんですよね。

もちろんそのためには、ランクマが面白くなくてはならず、現状言うほど面白いコンテンツかというとそうでもない……。どちらかというと積極的なユーザーが自分たちで工夫を付け加えて楽しみを見出している状況ではないでしょうか。そのあたりが改善されないならば、正直、ヘヴィユーザー向けのコンテンツとして舵を切るほうが良いのかなと思っています(運要素をなるべく減らし、ガンガン課金したほうが有利になるような特攻ボーナスを配し、ゲーム内で時間をかけるほどランクマ参加券がもらえ、試行回数は青天井……という具合に)。

いずれにしても、ハチナイがこれからどういう方向でやっていくのか、その中でランクマの位置づけをどういったものにするのか、というところで仕様に対する評価は変わってくるのでしょう。むしろ迷走に近い変更を続けるランクマからそうしたビジョンが見えてこないことのほうに私個人としては戸惑いを覚えているので、できればはっきりした指針がランクマを通して見えてくればいいなと思っています。

……なんか毎回同じこと言ってる気がするんですけどね。
《自己紹介》

エロゲーマーです。「ErogameScape -エロゲー批評空間-」様でレビューを投稿中。新着レビューのページは以下。
 ▼OYOYOの新着レビュー

ご意見、ご感想があればメールフォームからお寄せ下さい。面白かったよ! という時は、彼女に拍手してくれると喜びます。


記事検索
応援バナー(1)
シルキーズプラス A5和牛 『バタフライシーカー』

あけいろ怪奇譚
バナー(3)
『その花が咲いたら、また僕は君に出逢う』を応援しています!
発売中応援作品
メールフォーム
Twitter
応援バナー(2)
『その花が咲いたら、また僕は君に出逢う』を応援しています!




情熱FX大陸