よい子わるい子ふつうの子2(仮)

18禁PCゲームをメインに、ラノベや漫画についてもダラダラ話を書きます。長文多いです。

2016年08月

火に油。

先日話題になった、NHK「ニュース7」(8月18日放送)の貧困女子学生の話。

「貧困」にあえいでいる女子高生として紹介されていた方が、どうも実生活はまったく貧困ではない感じである、ということで本人と番組を放送したNHKに批判が集まっています。撮影時の映像の検証なども進んでいますが、本人のTwitterアカウントが発見されて、そこでいろいろ書いてあったのが決定的という感じ。

▼「NHKでまたも「ヤラセ」発覚!? 「貧困女子高生取材」の「実生活」が違いすぎて......」(ギャンブルジャーナル)

 NHKでまたも「疑惑」の報道がなされたと話題になっている。
 
 18日、NHKのニュース番組で特集した「子どもの貧困」。ニュースでは特に母子家庭の子どもの貧困が深刻であると報じていたのだが......。

 NHKが特集内で取材したのは、1人の女子高生。その女子は小学5年生のときに両親が離婚し、中学でパソコンの使用法がわからず、母親に「1000円程度のキーボードだけ」買ってもらったというエピソードを紹介。さらに、番組では学生の貧困を訴えるイベントの模様も紹介。「6人に1人」が貧困という現実を示した。

 しかし、放送後ネット上に溢れたのは、「貧困」だったはずのその女子高生が「EXILEコンサートチケット」「ONE PIECE映画2D3D観賞チケット」「ONE PIECEグッズ大人買い」「iphone所有」など、どう考えても「普通以上」の生活を送っているような彼女のTwitter情報の数々だった。

 すでにネット上では「これはヤラセ」「女子高生にヤラセさせるNHK」「NHKは知らなかったのかどうなのか」と批判が殺到。NHKが捏造したのか、取材力がないのかは現状明らかになっていないが、「貧困」というネタで特集を組む上では適正でない人物だったのは確かだろう。
 
まあ、「子どもの貧困」というテーマは非常に重要ですし、私も番組を見ていた限りそれほど大きく外したことは言っていない。もっとこの手の問題に踏み込んでほしいなぁという気持ちもある。そして、だからこそ事実の重みにもとづいて番組を作って欲しかった。

制作上の演出だというのなら論外ですし、取材に行って気づかなかったというのなら取材能力がゴミでしょう。佐村河内氏の事件などもありましたけれど、こういうのはマスメディアの力と良識が問われる問題だと思います。

ところで、じゃあ「貧困女子」として実態と違う内容で出演していた本人のほうはどうなの? というところで、どうもお姉さんを名乗る人物が登場して物議を醸しております。「姉」が偽物という可能性もあるけれど、家族の写真などもあげているので7~8割本物かな?

▼「NHKに出演した貧困女子高生の姉と名乗る人物がTwitterに登場」(ゴゴ通信)

片山さつき議員までこの問題に参加し、「週明けにNHKに説明を求める」とし問題は大きくなってきている。
 
そんなときに女子高生の姉と名乗る人物がTwitterに現れた。その人物は次のように投稿している。

「貧困JKの件ですが実家にどうやら知らない人が訪れてるのらしいのですがさすがに家に行くのはやめてください。実家の写真が載っていて怖い思いをしています。母も妹も心配です。妹は何も嘘をついてません。高価な物は私が全部買いました。家に行くのは本当にやめてください」

とTwitterの投稿者の妹(貧困女子高生)は嘘をついていないとしており、高価な物は姉が買ったとしている。実際にこの姉もワンピースが好きなようで、声優に関するツイートを投稿している。

完全にゴシップネタになってしまってコメントのしようもないのですが、 これ炎上時に一番やっちゃいけないパターンですよねぇ……。

一応本物のお姉さんだと仮定して、まず、身内がかばっちゃう&言い訳しているのがよろしくない。舛添元知事の辞任騒動がぶっ叩かれて、ファンモン加藤某の不倫があまり燃えなかったあたりなんかでも分かることですが、日本的な文化では、とりあえず「言い訳せずに謝る」ことでずいぶん騒ぎは沈静化します。 逆に、下手な言い訳はさらなる批判を呼ぶことが多い。

次に、その「言い訳」の内容も問題です。お姉さんが買い与えていたというのが事実かどうか、客観的に証明することがほぼ不可能に近い。いわゆる「主張している人間を信じるかどうか」に依存するような主張をするというのは、そもそも自分(たち)が疑われている時点では不利益しかありません。

また、仮にそれが事実だったとしても、本人は「貧困」層としては享受できないような、さまざまな楽しみに触れているというのも問題です。「あしながおじさん」に救済された子どもが、幸せじゃなかったとは言い難いわけで。

更にまずいのは、「超貧困として放送されたけど、実際にはそうでもない暮らしをしている」ことを暗に身内が認めているような内容のツイートになってしまっているということですね。自覚してんじゃん、という。

これが、「放送内容に対する批判はまったく的外れであり、自分たちが正しいということを、どれほど傷だらけになっても主張していく!」という強い態度であるなら、自称お姉さんが自分の考えをアピールして世間に問うことはまったく問題ないしむしろやるべきだと思うのですけれど、この方がツイートで書いてらしたように、「そっとしておいてほしい」というのが切なる願いであるなら、完全に逆効果という感じがします。

人の噂も七十五日。この情報化社会だと、その半分も保たないことが多いので、嵐が通りすぎるのを待っても良かったのではないかなあ。

台風やばい

台風が3連続で襲来するとか何とか。黒い三連星かよ。

 ▼「3個の台風が列島に影響か」 (tenki.jp)

台風が3個になる見込みです。それぞれが列島に近づく恐れがあります。
最新の情報から、お住まいの地域にどんな影響がありうるかを確認し、備えをしてください。

台風9号は22日(月)から23日(火)頃に本州付近にかなり接近、上陸の可能性があります。
東日本や北日本を縦断していくような進路をたどりそうです。

台風10号は本州の南を西南西へ進むでしょう。進路によっては九州南部、または沖縄へ近づく可能性があります。

日本の東にある熱帯低気圧はきょう(20日:土曜)の内に台風へと変わり、関東から東北、北海道にへ接近する可能性があります。

日本列島には暖かく湿った空気が流れ込んでいるため、全国的に大気の状態が不安定です。
所々で雨雲が発達して、激しい雨の降る恐れがあります。

特に東北や北海道ではたった2日ほどの短期間で一ヶ月の総雨量(平年値)を上回るほどの雨が降る所もありそうです。

これはヤバいっすね……。

私の居住区は東京の都心なんで土砂崩れとかはあまり心配しなくてもいいにしても、補給とかその辺はしっかり確保しておきたい。飲み物・食べ物がきれたらすぐ買いに行けないかもしれませんし。

まだ予想経路なので今後とんでもない動きをするかもしれませんが、直撃コースにお住まいの方などはくれぐれもお気をつけ下さい。
 

ちゅうちゅうとれいん

スーパーわたくしごとですが、家にネズミが出ました。マジびっくりした……。

夜中にガタガタ音がするナーと思ったら、いきなり部屋の隅のCDラックからネズミが走り出てきまして。白かったのでハツカネズミかな?

田舎にある実家では家ネズミを何度か見たことはあったのですが、こんな都会のど真ん中でお目にかかるとは思いませんでした。まあ、渋谷の駅とかにはいっぱいいるの見かけますけれども。

空調修理のために業者さんが入った時に侵入したのか、どこかに侵入経路があったのかはよくわかりません。

黒光りするGのかたと比べると不気味さはないものの、やはり衛生上問題もあるので、粘着タイプのネズミ捕りをしかけるとともに忌避剤を置いて一応の対策完了。しばらく様子を見ることにしました。

しかし、捕まえてもどうすりゃいいんだろう。野に放つのかな。

 

冷房が壊れた話。

4年ぶり2度目の空調故障……。

うーん、死ねます。冗談や大げさな話ではなく、割とマジで死が見える。日中は仕事なんでいいんですけど、夜になっても眠れるような室温ではないので家を離脱して空調の効いた施設をはしごしています。明日修理に来てもらうので、それまでの我慢……。

空調に頼り切った生活はだめだなぁと思うものの、やっぱ扇風機では限界がありますね。 

コミケのネット申し込みの話。

C91のネット申し込み、申し込み期限はもうちょっとあるんですが振り込みの期日が明日18日の23時59分までとなっています。

夏コミ後即申し込みというのがいつものパターンで結構大変なのですが、ご参加を考えておられるかたはお忘れないように……。

私の参加サークルも、まだあまり内容決まっていない状態だけどとりあえず申し込みだけは、みたいな感じですし、内容についてはまだ変更効きますしね。

お盆が過ぎて

台風の影響で雨足がいよいよ強くなるなか、近所の家から、帰省していたらしい家族が続々と旅立っていました。東京から地方へ帰省するのがスタンダードと思いきや、よく考えると東京が故郷という人もいますもんねぇ。

私はというと、今年も帰省しなかった……。まあコミケがあるししょうがない(言い訳)。

たまには親に顔くらい見せた方が良いかなという思いがなくはないものの、あれやこれやとやりたいこと、やるべきことがあるとなかなかそういう訳にもいかず。いやまあ、実家に帰れば食事や洗濯やらなくていいのでいろいろ楽だし仕事はかどるところもあったりするのだけど制約も多いので悩ましい。えっちな同人誌ひろげて精神統一とかできないから……。

しかし、五輪でコミケ開催が危ぶまれるとして、実際やるとなると日程はどうなるんだろう。場所にもよるのでしょうが、ずらしたりするのかなぁ。夏、冬の予定がいろいろ変わる可能性高いし、はやく発表があるといいですね。 

シャドウバース2Pickについて。

シャドウバースのシステム大幅変更が入り、新しい「2Pick」が実装されました。プレイしてみた感覚と、プレイのコツなどを少し。

2Pickというのは、どうも擬似ブースタードラフトみたいな感じ。下のように2枚1組のカードセットが表示され、好きな方を選ぶ、ということを繰り返して30枚のデッキを作り、それで対戦する方式です。

10

自分が実際に持っていないカードを選ぶこともできるかわりに、好きなカードを何枚でも積む、ということもできません。どのカードを何枚デッキに入れられるかわからないままカードを選んでいくので、事実上、コンボデッキなんかは不可能ですね。

私は強いデッキや戦い方が固定化される構築デッキ対戦より、いろんなカードをそのときどきの状況に応じて使っていけるブースタードラフトが大好きなので、さっそくプレイしてみました。

13

新しくできた、「アリーナ」から参戦。

参加するのにコストがかかります。「アリーナチケット」か、「150ルピ」もしくは「150クリスタル」。ブースター1枚引くのが100ルピなので、結構な出費といえば結構な出費。

14

リーダーはランダムで3人のうちから1人を選べます。勝利数に応じて報酬が貰えるシステム。

対戦は5連戦。ただ、5回ぶっ通しでしなければならないわけではなく、1戦ごとに続けて2Pickをやるか、他のバトルモードに移るか、2Pickを棄権するかが選べます。2Pickに参加するには参加料がかかるので、よほどの事情がないかぎり棄権はやめたほうがいいと思いますけれども。

08

結果、1回目はこんな感じ。報酬は、カードパック1枚と150ルピでした。参加料が150ルピなので、実質カードパックを1枚タダでもらったのと同じですね。

2回目の挑戦で、なんとか全勝。

11

報酬はご覧のとおりでした。

12

カードパック1枚、250ルピ、レッドエーテル50。結構大盤振る舞いです。

(追記) もっかい5連勝したんだけど、今度は内容が違っていました。毎回変わるのか、いくつか宝箱のパターンがあるのか、ちょっとよくわかりません。

15


聞くところによると、2勝できればルピが半分くらいかえってくるらしいので、とりあえず勝ち越し目指して籠ると、ミッションこなすより効率いいかもしれません。

◆対戦の感覚
とりあえず、普通の構築デッキ対戦とはだいぶ違います。まず、1コス~2コスでの動きが少ない。基本後半勝負になります。

また、普段見かけないようなフォロワーをやたら見かけます。「何やっけこいつ……」と思って注意書きを確認すること多数。「憤怒の巨人」とか。名前言われても絵柄が思いつかない人も多いのでは。

また、基本フォロワーの殴り合いです。スペルによる除去や直接ダメージも見かけるには見かけますが、それほど頻繁ではない。狙ったカードを積めていないのだから当然です。プレイングの際には、除去への警戒を普段の構築戦より少し下げて良いでしょう。慎重になりすぎると勝機を逃すこともありえます。

いっぽうで、普段見かけないスペルも見ます。典型例が、フォロワー強化スペル。研磨の魔法(+2/+0)とか、天上の楽曲(+0/+3)とか。大丈夫だろ、と思っていた思考の死角から致命傷をもらう場合もあるので、カード全般に対する知識が求められるのですが、まあ全カードを把握するのは難しいしなぁ。

とりあえず、フォロワーを強化するスペルは普段より効果を発揮しやすい、という感じで考えておけば良いかなと思います。

◆強いリーダー
カードの性質から、リーダーによる強弱がハッキリしています。

私の主観では、まずヴァンパイア。これ強い。ハマった時の強さではドラゴンやロイヤルに譲りますが、安定性が高いのが魅力です。なんせ、質の良いフォロワーが揃っているし除去も優秀。ドロー強化に回復といった搦め手も充実しているので、大きな事故に遭う可能性が少ないし、ちょっとした劣勢なら大きなカードパワーに頼らず、コツコツと覆すこともできます。

5連戦で3~5勝することを考えると、どんな相手にも安定して力を出せるのは大事かなと。

次が、たぶんネクロマンサーかドラゴン。単純なパワーだとドラゴンに軍配なんですが、ドラゴンの強烈なフォロワーって重すぎるのと、ドラゴンが真価を発揮できる覚醒状態に持っていくまでに時間かかるのが問題です。ドローソースやPP加速を思うようには引けませんし、そもそもデッキに入れられるかどうかすらわからない。

その点では、とりあえずフォロワーをだしておけば墓場が溜まっていくネクロマンサーのほうが動きやすいですね。ただ、後半のフィニッシャーが案外少ないのが悩みの種です。バリバリの優勢からでも、相手のパワーカード1枚でひっくり返されるおそれがある。モルディカイさんとか出せれば相当強いんですけど、そもそも来るのか問題があるからなぁ……。

逆に微妙なのはウィッチやエルフ。コンボやコンビネーションが頼みの綱なので、カードを任意に入れられないドラフト形式との相性は最悪です。フォロワーも基本的に小型で能力も素で強いわけではないため、ウィッチ・エルフで勝ちきるのは相当しんどいのではないでしょうか。まあエルフのほうは、まだ素で戦えるメンバーが揃っているとは思いますが。

ビショップも、防御的すぎて難しい。強烈な全体除去やドローソースがあることと、カウント系カードの出足の遅さがある程度救済されるので全然駄目という感じではないにしても、今のところの想像では、すんなりと強いデッキを組むのは難しいのかなと。

もちろんこれからの研究で見方が全然変わる可能性はありますが、何も考えなくてもそこそこ戦えるのは、ヴァンプ・ドラゴン・ネクロあたりだと思います。ロイヤルは可もなく不可もなし。除去がないのがちょっとネックかな。

◆強いカード
強いカードについてはもうちょっと検討してから後日。

少しだけ(まだ2,3戦程度ですが)目安を書いてみると、フォロワーは、基本は「序盤の展開を支えるフォロワー」、「中盤をしのぐフォロワー」、「フィニッシャー」を、5:3:2か4:4:2くらいの構成がいいでしょうか。中盤にいかに厚みをもたせられるかですね。単体ででかいのをだすくらいなら小型のを複数出したい。とはいえ都合よくドローソースを引けるとはかぎらないし……。難しいですね。

特殊能力がついているのは何でもありがたいです。中でも優れているのが、疾走、潜伏、回復系のファンファーレ能力。必殺も決まると強い。とにかく除去が殴り合いになりやすいので、殴り合いを避けられるカードや一方的に殴り勝てるカードはポイントが高いと思います。

あと、横に広がる(わがままプリンセスやフローラルフェンサーのような)カードは文句なし採用。乙姫あたりは超パワーカードですね。

コミケお疲れさまでした。

コミケ3日目が終了。皆さまお疲れさまでした。

告知をほぼしていなかったのですが、にもかかわらず足をお運びくださったかたに感謝申し上げます。

いろいろやらないといけないこともあるのですが、とりあえずひと休みしよう。

グラブルコンサートは最高でしたという話。

控え目に言ってすげーよかったです。

音楽を語ることばを持たないので他に言いようがないのですが、トークも含めて皆が楽しめていた感じでしたし、曲全部わかるし、いこういうアレンジなんだーとひとつひとつ思い出深くもあり新鮮でもありという。

最後、私の行った回はアンコールのアンコールでロボミのテーマみんなで手拍子しながら聴いたんですが、スーパー盛り上がってやばかったです。拍手5分くらいなりやまなかったし。

驚いたのは、4割くらい女性客だったこと。あと、若い人多い。エロゲーのそれとは違うぜ……。

最後春田さんに握手求める列が凄くて若干引きましたが、それだけ楽しかったしなぁ。タペストリー買っちゃったよ。まぁガチャ1回ぶんやし(違)。

全国五ヶ所まわる予定なので、次も楽しみになりました。よかった。

明日はコミケなので気合いいれていこう。

サイゲってしゆごい金あるんですねという話

グラブルのコンサートに行ってきましたというか、現在絶賛現場にいます。

ニコ生で噂に聞いてはいたのですが、まじ凄い。渋谷の駅ナカから駅前、センター街とあらゆるところがグラブル一色に染まっています。

駅ナカこんな感じ。

DSC_0096


駅前の巨大看板はほとんどグラブルが占領。


DSC_0097


駅の内部再び。駅内部やセンター街のBGMもグラブル。


DSC_0094


これ、今日明日だけでなく2週間くらいやってるってんだから驚きです。呆れるのを通り越して軽く尊敬するレベル。


DSC_0104


Bunkamura前は当然。


いやー、正直そのお金を開発費に当ててくれと思わなくもないけど、こういうPRも新規層の獲得には大事なんですかね。ジャンプとかサンデーにも広告のせてますし。


宣伝にここまで投資できるってのは運営うまくいってるってことだと信じて、ゲームの今後にも期待したいと思います。


まあ、まずは目先のコンサートですね。楽しみやなぁ。
《自己紹介》

エロゲーマーです。「ErogameScape -エロゲー批評空間-」様でレビューを投稿中。新着レビューのページは以下。
 ▼OYOYOの新着レビュー

ご意見、ご感想があればメールフォームからお寄せ下さい。面白かったよ! という時は、彼女に拍手してくれると喜びます。


記事検索
応援バナー(1)
シルキーズプラス A5和牛 『バタフライシーカー』

あけいろ怪奇譚
バナー(3)
AXL新作第12弾「恋する乙女と守護の楯~薔薇の聖母~」 2016年2月26日発売予定!
発売中応援作品
メールフォーム
Twitter
応援バナー(2)
『夏色ラムネ』を応援中!


もっと!孕ませ!おっぱい異世界エロ魔法学園!

情熱FX大陸