よい子わるい子ふつうの子2(仮)

18禁PCゲームをメインに、ラノベや漫画についてもダラダラ話を書きます。長文多いです。

2015年09月

コンビニのおでんは助かるという話。

本日はTGSの2日目、グラブルのコンサートとステージイベント観覧に行くつもりだったのですが……。

始発に乗るべく家をでて東京駅を目指して大手町あたりに来たところで急激に体調が悪化し、「こらあかん」と思ったのでUターンで家に。 コンビニのお手洗いでケロケロしました。

不思議と、帰宅して一眠りした後は調子がよくなり、なんかふつうに生活できていたのですが、朝はめちゃくちゃ調子悪かったんですよね。 うーん、謎です。

まあともあれそんな感じだったので、お昼から急にお腹がすきまして、かといってダルいはダルいので自炊するのも面倒だなぁということでコンビニへ。すると、おでんが販売されていました。そういえば一週間ほど前からおでん解禁になっていたなぁと。

以前も書いたでしょうか、コンビニのおでん、ちょっとナメてたところがありまして、どうせ不衛生で味もいまいちなんだろーとか思っていたら食べてビックリ、味が染み込んでいて結構おいしいし衛生面も気をつけてるお店は気をつけてる(フタをするとかで)。 

今日はセブン-イレブンで買ったんですが、私は割とローソンのが好きです。あ、でも昆布はセブンが美味しいかな。

おでんは2日くらいもつので冬場に自炊することもある好物メニュー。自分で作るほうが安上がりだし細かい味の調節とかもできるから上だと思っていたものの、コンビニのおでんは食べられないほど不味くはないどころか、かなり美味しいと思いますし、なにより手間暇かからず温かいものでお腹を満たせるのがすばらしい。特にこういう、病み上がりだか病中だかわかりませんけど胃腸が弱っていて、レンジでチンとかカップ麺の系列では負担があるなぁというときに、大根やこんにゃく、豆腐のようなメニューを選べると、いっそうありがたみを感じます。

なんというかまあ、便利な時代になったもんですね。 

TGSに行ってきました。

というわけで、TGSから帰還しました。

4時55分の京葉線始発にのって海浜幕張へ。早すぎるかとも思ったのですが、9時前には列形成に制限がかかったので、 結果的には、早めに行ったの正解だったかなーと。

いちにちグラブルブースにはりついて、リアルとゲームのイベントをこなしていました。楽しかったけどすっげー疲れた。

報告はまた後日。参加者の皆さん、お疲れさまでした! 

いろいろイベントに行ってきた話。(報告だけ)

今日は、なないろリンカネーションPSVita版の発売記念イベントと、キャララ!! に参加してきました。

時間が微妙に重なっていたのですが、17時からキャララ、18時からはななリンのイベント、という感じ。どっちも非常に楽しくて、いろいろブツもゲットできたのですが、詳しいレポートはまた後日ということで……。

明日はTGSに行く予定なので、またちょっとダウンしているかもしれません。会場でもしお会いできそうな方おられたらよろしくお願いします。 

白昼の悲劇

世間を騒がせている、ペルー人男性による殺人事件。

 ▼「ペルー人の男 母娘や夫婦など6人殺害か」 (NHK)

16日、埼玉県熊谷市の2軒の住宅で小学生を含む合わせて4人が相次いで死亡しているのが見つかり、警察はペルー人の30歳の男の身柄を確保しました。今月14日には近くの別の住宅で夫婦が殺害される事件があり、警察は男が合わせて6人を殺害した疑いがあるとみて調べています。
16日午後4時半ごろ、熊谷市石原の住宅で1人暮らしの白石和代さん(84)が浴室で血を流して倒れているのが見つかりました。警察が付近を捜査していたところ、別の住宅の2階で刃物を持った外国人の男が見つかり、男は刃物で自分の腕を何度か刺したあと転落し、警察官が身柄を確保しました。
 
この住宅では1階と2階のクローゼットで母親の加藤美和子さん(41)、いずれも小学生で長女の美咲さん(10)、次女の春花さん(7)が血を流して倒れているのが見つかり、2軒の住宅の4人はいずれも死亡が確認され、警察は殺害されたとみています。
身柄を確保されたのは、ペルー人で住所、職業とも不詳のナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン容疑者(30)で、別の住居侵入の疑いで逮捕状が出ていました。頭の骨を折って意識がないということです。

熊谷市内では今月14日、1キロ余り離れた別の住宅で、夫婦が刃物で刺されて殺害される事件も起きています。警察は3つの事件の現場に残された足跡などからナカダ容疑者が合わせて6人が殺害された3件の事件に関わった疑いがあるとみて、調べています。

一方、一連の事件が起きる前の今月13日、消防から警察に「外国人が片言の日本語で意味の分からないことを話している」と通報があり、警察はナカダ容疑者とみられる男から事情を聴きましたが、男は「たばこを吸いたい」と言って、警察署の玄関先に出たあと走って逃げ、その後、行方が分からなくなったということです。その後、熊谷市内で別の住居侵入の事件が起き、警察はナカダ容疑者が関わったとして逮捕状を取り、16日、顔写真を載せた手配書を県内の警察署に送って行方を捜査していたということです。

●逃走中 複数現場で犠牲者次々出るのは異例

大勢の被害者が巻き込まれる殺人事件はこれまでにも起きていますが、容疑者が逃走中に複数の現場で犠牲者が次々に出るのは異例です。
ことし3月には、兵庫県淡路島の洲本市の2つの住宅で5人が胸や背中をサバイバルナイフで刺されて殺害され近くに住む無職の男が逮捕・起訴されています。
おととし7月、山口県周南市で同じ集落に住む男女5人が木の棒で殴られて殺害され、住宅2棟に火が付けられ全焼した事件では、ことし7月、殺人と放火の罪に問われた男に死刑判決が言い渡されました。

7年前、東京・秋葉原の繁華街では、元派遣社員の男が通行人をトラックではねたりナイフで刺したりして7人を殺害、10人に重軽傷を負わせたとして殺人などの罪に問われ死刑が確定しています。
さらに11年前には、兵庫県加古川市の2つの住宅で近くに住む無職の男が隣の家に住んでいた伯母や近所の一家など男女7人を刃物で刺して殺害した罪に問われ死刑が確定しています。

●警察が説明した事件の経緯

警察が会見などで説明した、事件に至る経緯は次のとおりです。警察が逮捕状を取ったペルー人とよく似た男と接触したのは、今月13日の午後1時半ごろです。熊谷市内の消防署から「外国人が片言の日本語を話しているが意味が分からない」という連絡があり、警察官が熊谷警察署に連れて行きました。事情を聴くと、「ペルーに帰りたい。神奈川に姉がいる」などと話したということです。
その後、本人の求めに応じ、警察官1人が立ち会って玄関先でたばこを吸わせていたところ、男は警察署の前の国道を横断し、走り去りました。直後に警察署の近くで住居侵入事件が相次いで2件起きます。
 
翌日の14日、熊谷市見晴町で田崎稔さんの住宅で、田崎さんと妻の美佐枝さんが殺害されているのが見つかりました。

15日、警察は13日に起きた、住居侵入事件で男の逮捕状を取りました。そして、16日の午後4時半ごろ、熊谷市石原の住宅で1人暮らしの白石和代さんとみられる女性が浴室で血を流して死亡しているのが見つかりました。

現場の周辺を警察官が調べていたところ、加藤美和子さんの家のインターフォンを鳴らしても応答が無く、住宅の裏に回ると、ペルー人の男が刃物を持って2階の窓枠に足をかけていました。警察官が説得を続けるなか、男は、自分の腕を刃物で何度か刺して、2階から飛び降り、その場で身柄を取り押さえられました。

その後、住宅の中を調べると、1階と2階のクローゼットの中で加藤美和子さん、小学生の美咲さんと春花さんとみられる3人が死亡しているのが見つかりました。

飛び降りた男は、「かなり重症で意識がない」ということです。一連の対応について、埼玉県警察本部の阿波拓洋刑事部長は、会見で「現段階では必要な捜査を行っていたと考える」と述べました。

●「仲のいい家族 信じられない」

小学生の加藤美咲さん(10)と同じクラスの男の子は「美咲さんはおとなしくてやさしい子です。妹と仲よく近くの公園で遊んでいるのもよく見ました。事件に巻き込まれたのなら悲しいです」と話していました。また、美咲さんと同じ学年の男の子は「低学年のころ一緒に話したり、遊具で遊んだりしたがとてもやさしい友達だった。事件の話を聞いてとてもショックです」と話していました。男の子の母親は「美咲さんは勉強が得意なとってもいい子です。お母さんもいつもにこにこしていて仲のいい家族です。事件の話を聞いて信じられない思いです」と話していました。

また、白石和代さんの知り合いの女性は「白石さんは静かで穏やかな人です。大正琴を趣味にしていました。トラブルを抱えるような人ではないと思います。この間、会った時に元気だよ遊びに来てと言っていました。事件のことを聞いて驚いています」と話していました。 

マジで恐ろしい事件ですね……。

上記NHKでもちらりと書かれていますが、こちらの情報によれば、事前に「怪しい」素振りを見せていたようで、何とかならなかったのかなぁと(実際には難しいのでしょうが)、残念なきもちがあります。

 ▼「ナカダルデナ・バイロンジョナタン容疑者 埼玉県警熊谷署が大失態か」(ニュース速報Japan)

逮捕されたのがペルー人ということでしたが、なんか広島の事件を思い出しました。あれは、遺体の様子から「性的に倒錯したオタクが犯人」みたいなことが言われていたら全然違っていたとか、小学生の女児が性的暴行を受けたということを、報道機関に対してきちんと報道してほしいと(たしかご両親が)求めたりとか、いろいろ衝撃的な事件でした。

 ▼「広島小1女児殺害事件」(Wikipedia)

広島小1女児殺害事件(ひろしましょういちじょじさつがいじけん)は、広島市安芸区矢野西で2005年11月22日、帰宅途中の女子児童がペルー人によって強制猥褻のうえ殺害された事件である。

一部報道によれば、今回の事件の容疑者として逮捕されたペルー人男性の兄は、ペルー本国で17人を殺害した罪で服役中の、わりと「名のある」シリアルキラーだとか。「死の使徒」という二つ名まで持っているようですから、相当な感じですね。

nakada
 ▼「埼玉殺人犯、 ペルー史上最悪のシリアルキラー通称死の使徒の弟だった」(2ch.net)

真偽の程ははっきりとしませんが、こういう情報を受けて、ペルー人がどうとか、殺人者の血族だとかいう話がありますが、それは少々乱暴な議論でしょう。仮に容疑者の兄がペドロ・パブロだとすると、兄のほうにWikipediaがあり、そこにこういうことが書かれています。

 ▼Pedro Pablo Nakada Ludeña (Wikipedia)

He was also raped by his brothers after they thought that he had killed a dog. 」。ちょっと家庭環境に問題があった、ということでしょうか。人種、民族の問題と結びつけるのは、時期が時期だけに少々怖いかなぁと思います。正直、日本人でもこういった連続殺人をする人はいるわけですし、問題はこの人が外国人だとかペルー人だとか、そういう話ではないでしょう。

ちょっと話がずれましたが、こういう予想もできないような災難によって命が奪われたということに、やはり哀しさと憤りを感じます。特に、小学生のお子さん2人とそのお母さんが入っているというのが、命に貴賎がないとはいえ、とりわけ胸が痛い。謹んでお悔やみを申し上げます。

こういった事件が起こらないよう再発の防止に努めてもらうのはもちろんですが、それでもそういう「被害」は来るかもしれないわけで、おとなも自分の身を守る術を、なんらかのかたちで身につけることも必要なのかもしれませんね。

『恋クマ。』発売記念サイン会の話。

SMILEさんから今月末発売される『僕と恋するポンコツアクマ。』の発売記念サイン会が実施される模様。どうやら事前登録制。


koikuma

▼「 恋クマ。発売記念サイン会のお知らせ!
2015年9月25日の「僕と恋するポンコツアクマ。」発売日に秋葉原にて、原画家のさよりさんをお呼びしてのサイン会を開催致します!

参加をご希望される方は注意事項をよくお読みになられた上で、下記リンク先の「サイン会参加応募フォーム」より抽選受付期間内にお申込み下さい

【開催日時/場所】
2015年9月25日(金)18時より 東京都/秋葉原 アキバ☆ソフマップ1号店

【抽選受付期間】
2015年9月11日〜2015年9月21日まで

【当落発表】
2015年9月23日 

『恋クマ。』は今月期待の新作なので、ひじょ~に参加したいです。行けるかわかんないけど。参加したい。とりあえずまずは申込からですね。
 

TGSに行こうかなという話。

この週末に開催されるTGS(東京ゲームショウ)。

 ▼TGS2015

グラブルとモバマスの出展があるので、ちょっと見に行こうかなと思っています。

ちなみに入場は前売りで1000円。当日はちょっと高く1200円になってます。

ホントは、ビジネスデイのTGSフォーラムにも興味があるのですが、こっちは一般人はなかなか行けそうにないし、木曜はどう頑張っても行くの無理なので見送り。金曜日の「スマホおよびPCゲームセキュリティ最新動向と対策」と、「これまでのオンラインゲーム、これからのオンラインゲーム」はちょっと聴いてみたかったな……。

TGSって話題は耳にしてても行ったことなかったので、ちょっと楽しみにしています。


 

セイクリッドリネージュの色紙が届いた話。

Triangleさんから発売された『セイクリッドリネージュ』(リンク先18禁)の購入者抽選で当選したサイン色紙が届きました!

 sacred

わぁい(古)。Triangleさん、ありがとうございます!

Triangleさんの作品にはこれまでも相当数応募を出しており、ちゃんと数えてないけどかれこれ6年くらいでしょうか。全滅してきていたので、これは縁がないのかなぁとも思っていたのですが、諦めずに出していれば当たるもんなんですねぇ(しみじみ)。

そういう感慨もさることながら、何度か繰り返していますが、『セイクリッドリネージュ』は今のところ今年一番の抜きゲーで、Triangle作品の中でも上位に食い込む感じなので、そういう作品の記念になるものを頂けたというのがめっちゃ嬉しい……。一時は「これで10周年かよぉ、大丈夫?」みたいなことも思いましたが、最近の復調ぶりは凄いです。凌辱シーンも過激になり、地味ながら随所に新しいチャレンジが見られるので、これからまた一時代を築くかもしれません。

あとほんとうにどうでもいい話ではあるんですが、梱包がめっちゃ丁寧で驚きました。色紙の「配分」も適当ではなく、きっちり分けた形跡があり……。送り状もきっちりしていて、正直すげーなと。製品としての良し悪しはともかく、ビジネスとしてこれほどしっかりした姿勢のメーカーさんという印象はあまりもっていなかったので、認識を改めることにいたします。 

ともあれ、 貴重な思い出の品になりそう。あらためてありがとうございましたヽ(=´▽`=)ノ。大事にいたします!

「セイクリッドリネージュ」2015年6月26日発売

五輪のエンブレム問題をめぐって(1)

書こう書こうと思いつつ、 グラブルやらデレステやらに時間をとられて 仕事やら私生活上の都合やらのために先延ばしにしていたのですが、ちょっと書かないと始まらないなと思ったので、準備不足ながらぽつぽつと書き進めてみることにします。

佐野研二郎氏と彼が考案した五輪エンブレムをめぐる問題の経緯については、いま世間で言われている以上のことはあまり出てきていませんので簡単にまとめると、要は2020年の東京オリンピックのエンブレムに選ばれた氏のアイディアが、ベルギーの劇場のそれと酷似していたことから「盗用」 が指摘され、実際に訴訟沙汰となり、佐野氏と組織委は疑惑を全面否定するも、その過程で佐野氏の経歴や過去の業績に関するさまざまな疑惑・憶測が飛び交い、騒動が大きくなったことを受けて氏がエンブレムを撤回する、という話です。

敢えて新しくわかったことと言えば、「決定打」ともなった、エンブレムの「使用例」における個人ブログ画像の無断使用。似たようなことを組織委も行なっていたことが11日の会見で明らかになったことくらいでしょうか。まあ、これはこれで大きな問題だとは思いますが。

 ▼「東京五輪:組織委が画像3点を無断使用」 (毎日新聞)

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は11日、撤回された佐野研二郎氏(43)のデザインによる公式エンブレムの選考過程などを説明した8月28日の記者会見で提示した資料で、海外在住の個人ブログの写真など合わせて3点を無断で使用していたことを明らかにした。デザインの模倣を否定した会見で組織委自らが無断使用する失態に厳しい批判を浴びそうだ。

 組織委によれば、資料は組織委マーケティング局が作成し、12年ロンドン五輪におけるエンブレムの展開例として競技会場の写真を使用していた。10日夜に権利者本人からメールで「私の画像が使用されている」との指摘があり発覚した。11日に電話で本人に謝罪して使用料を支払うことで合意したという。改めて他の画像について確認した結果、その他2点の無断使用が発覚した。権利者と連絡がとれていないため、詳細の公表は避けた。


さて、エンブレムが白紙になったことを「当然のこと」として歓迎する向きがある一方、佐野氏が「人間として耐えられない限界状況」と自身のブログで綴り、既に運用までされていたエンブレム撤回にいたるというきわめて異例の事態を受けて、おそらくは最も氏を追い込んだであろう「ネット民」に対する非難なども見受けられます。

私個人としては、「佐野叩きなら何を言っても許される」といわんばかりの事実無根の誹謗中傷や、 「それはやり過ぎだろ」と思うような行き過ぎた非難・抗議のやり口に対してはさすがにドン引きというか、否定的な感情を抱くものの、佐野氏、組織委、そして氏を擁護するデザイナー業界の面々の対応の不味さみたいなものも、今回の件には大きく関わっているのではないかという印象を持っています。

というか、ここまで騒ぎが大きくなったのは、無責任に氏の責任を追及したネットの「大衆」だけではなく、同じように無責任に氏を擁護し、たとえば不要な選民思想を持ちだしてその「大衆」を煽った有識者の責任も大きいと思います。本件に関して頻繁に口にされる「上級国民」というキーワードなど、佐野氏はひとことも口にしていないにもかかわらず、さも氏がデザイナー至上主義的な思想を振りかざすいけ好かないお貴族様であるかのように言われ、「素人は黙ってろ」とかそれと類することを口にしていた彼の「同業者」は対岸から燃え盛る炎を眺めているだけ。

何というか彼らは、火災現場の入り口に行って佐野氏を助けようとしたけれど、あまりに火の勢いが強いので怖気づき、撤退の際に救助のために持ってきた荷物を入り口に積み重ねた結果、氏が逃げ出す入り口を塞いでしまったみたいなところがあるわけで、その辺もうちょっと考えて対応すればよかったんじゃないかなぁと思ったり思わなかったり。

ともあれ、そういう周辺から投げ込まれた燃料を吸い込んで恐ろしい勢いでボーボー燃えた今回の件、幾つもの、視点の異なる問題が絡まり合っているせいで議論がしづらくなっているところがある、というのは夙に指摘される話。

私自身もその辺を整理しないとちゃんとものが言えないし、また自分の興味関心と違うところで議論に参加してしまって話をこんがらがらせるということも怖いので、とりあえずはその辺りを整理しておこうかなと思います。

ざっと見た感じ、今回のエンブレムについては以下のような批判が展開されていました。



1.佐野氏の考案したエンブレムは「よくない」。(好き嫌い/センスのよしあし)

【東京五輪】弔旗に見えて気分が悪い。」」(行橋市 市議会議員 小坪しんや)
東京五輪を私は歓迎する、決定した際、心から喜んだ。
ゆえにこのようなケチがつくことが残念でならない。

「盗作」についてもほぼ確定のように思うが、
海外の有名デザイナーたちがここまで激怒し、
法的手段まで講じる中、我が国が「このようなエンブレム」に固執する理由はどこにもない。

このようなエンブレムと突き放した言い方をしたが、
それは個人の趣味というものだ。
私は、やっぱりどうしても、これが喪章・弔旗の類にしか見えない。

(後略) 


2.ここまで騒ぎが大きくなったエンブレムを利用することは望ましくない/不名誉である。(効用論)

東京五輪エンブレムについてアンケート結果発表 95%が「変更してほしい」」(ゴゴ通信)

盗用疑惑のエンブレムではイベントそのものにケチがつきそう
ケチがついたもので迎えたくない。恥ずかしい。


3.誰がどう見てもパクリ。(エンブレムはパクリ説)

五輪のデザイン疑惑、実際はまったくのコピペか?!」(大槻義彦の叫び)

 そこで私もヒマだから、余計な計測をやってみた。上左の『三角形モドキ』と右下の同じ形を問題にした。ここで
『三角形モドキ』とは直角三角形の斜線部分が湾曲したものを指す。
 
 この湾曲は円の一部である。驚いたことに以下のようなことが分かった。(1)この円の中心はピタリと縦長の長
方形の中心と一致している。五輪デザインもベルギー劇場のデザインもまったく同じ!(2)両者の曲率半径(内接円の半径)と右下の底辺の位置(三角形モドキの右下の点と長方形の間の距離)の比。五輪0.78、ベルギー劇場0.79、(誤差5%から10%)。つまり両者は同じになったではないか!
 
 まったく独自にデザインして三角モドキや長方形は似たモノが作れるだろうが、この三角モドキの曲率半径の比まで同じなものは作れない。これは五輪デザインが単に似たモノを作ってしまったどころかまったくコピーしたのだ、という疑いをもたざるを得ない。これでは特許も商標登録もパスしないだろう。


4.今回のエンブレムはさておき、佐野氏はパクりデザイナーだから信用できない。(デザイナーとしての資質)

東京オリンピック・エンブレムはもう無理筋」(INSIGHT NOW!)

サントリーのトートバッグの一件で、このデザイナーがpinterest、その他、ネットのかなり奥深いところから巧妙に素材を拾ってきていることが完全に明らかになってしまった。これまた、①知りえた可能性、というだけでなく、実際にネットで知った事実性がかなり高い、ということを自分で立証してしまったようなもの。おまけに、②酷似どころかまんまコピペの常習犯、となると、当該エンブレムに関してのみ、似ていない、関係が無い、などと主張する方がもはや難しい。


5.佐野氏のエンブレムはコネで選ばれた(陰謀論)

オリンピックエンブレム選考前から佐野研二郎に決まっていた?」(ニュースランド)

というのも、2014年の4月の時点で、すでに佐野研二郎氏は美術出版社発行の書籍「文字のつくりかた(デザインの現場BOOK)”伝わる”文字はどうやって生まれるの?」の中で、オリンピックロゴ作成の実践記事と称して記事に登場している。

驚いたことに、この記事を書いたのは、オリンピックのエンブレムデザイン選考の半年前のことだ。

(中略)

つまり、こうした佐野研二郎の受賞歴にあった応募条件を加える事で、さらに佐野研二郎を有利にしていたという事実が見て取れます。

これによって佐野研二郎氏は余裕でその応募条件をクリアするのです。
 


6.コネかどうかはともかく選考過程が不透明だし、「リテイク」があったなら公平ではない。(コンペ不成立論)

五輪エンブレム問題で組織委が原案公開したけどツッコミドコロ多過ぎ!」(Togetter)

原案に問題があったのなら、その時点で落選が普通でしょ、なぜ修正してまで佐野にこだわらなくてはならなかったの?



7.当初のデザインコンセプトが後付では評価できない。(デザイン視点)

佐野氏のこと」(はてな匿名ダイアリー)

で、佐野氏を結構擁護してた僕なんですけど原案を見て「もうダメだわ」となりました。

だって当初発表していたデザインコンセプト自体が後付けだったってことがはっきりしちゃったので。亀倉さんへのオマージュなんてどこにも無いじゃん!みたいな。あー、どうりで最初の会見でプロセスをはっきり説明出来なかったんだなーと。この時点でもう擁護するのが面倒になりました。心ももう痛まないです。

8.一般人に分からないものを出すな。(大衆への訴求力を欠いたことへの批判)

佐野研二郎がパクリではないことを上級国民が一般国民に解説」(ハムスター速報)

19 :名無しのハムスター2015年09月08日 11:17 ID:ZI.x4OUL0
デザイナーのこういう選民思想ホント嫌い。

一般人にわからんデザインなんか捨てちまえ
一般人のが確実に多いだろ

9.その他(とりあえず燃えてるから燃料投下だだだ!!!)

略。



と、まあざっとこんな感じでしょうか。できるだけ広範囲なソースから拾ったつもりですが、もっと適当なソースや漏れている論点はあるかと思います。さすがにすべてを見て回ることは難しいので、ご寛恕下さい。

それぞれの視点、論点が実は微妙に異なっており、それぞれに有効な反論、意味のない反論があり……という感じでお互いがこんがらがり、ネット上の議論やマスメディアの記事を見てもよくわからないことになっています。

うーん、こうやって切り分けるだけでも結構大変だったんで(しかもこれが十分かは分からない)、本腰入れてこの辺の話するのってホント大変そう……。なんでこんなややこしいことになったのか(´・ω・`)。

私的な興味関心からすれば、「6」、「8」あたりが中心になってくるのですが、実際どんな議論ができるかということは、次の機会に回すことにいたします(書けるかな……)。

風邪でした。

昨日の記事から予定調和のような展開ですが、風邪でした(笑)。

今朝起きたら凄い熱アンド喉が痛くて喋れない状態に。 病院の検査も症状が出るまで風邪はチェックできませんわな……。

毎年、一度くらいはこうして体調を崩して、部屋で布団にくるまっているのですが、病気になるとやっぱりちょっと不便を感じますね。エロゲーのヒロインは残念ながら、ディスプレイから出てきて看病してくれたり買い物にいってくれたりはしないので……。

だからといって実家暮らしなら良かったとか、誰かに看病に来てほしいとか、リアル嫁がほしいとか、そういうことは微塵も思いませんけれども、気軽に病人食とかデリバリーを頼めるサービスがあればなぁとはちょっと思う。実際一人暮らしの人は老若男女問わず増えていて、そういう人が病気にかかって食事等で不自由することって都会では結構多い気がします。両親共働きの家庭で小学校高学年くらいの子が病気になった時とかも役に立つ気がするのですが。

まあ実際にはそれだけで会社が成り立つほどの需要があるのかわかりませんし、セキュリティの問題(頼んだ次点で、弱っている人or一人暮らしであることがバレる)なんかもあるから簡単には行かないのでしょうけれど、もしそういうサービスがあったら使いたいなぁとは。

もしくはメイドロボが欲しいです。というか、そっちのほうが欲しいです。

multi

具体的にはこういうやつね。

来栖川エレクトロニクスは、いったいいつになったらHMX-12の一般販売を始めてくれるのでしょうか。
 

眠い。

何か最近やたら眠いというか、眠気に耐えられなくなることが増えました。たとえばPCの前に座ったまま気づいたら寝ているということが多いんですよね。何なんだろうこれ……。

ちょっと日常生活に支障が出るレベルだったのでやばい病気かと思って検査受けたんですが、特になんてこともないという話で、安心なような、原因がわかってほしかったような。

季節の変わり目で身体がついてきてないんじゃないか、ということだったので、自覚がないだけでちょっと体調を崩しているということなのかなぁ。まあ仕事に差し障りがないことを祈りながら、もうしばらく様子を見ていようかなと思っています。

みなさんも体調にはくれぐれも気をつけてくださいね(´・ω・`)。

 
《自己紹介》

エロゲーマーです。「ErogameScape -エロゲー批評空間-」様でレビューを投稿中。新着レビューのページは以下。
 ▼OYOYOの新着レビュー

ご意見、ご感想があればメールフォームからお寄せ下さい。面白かったよ! という時は、彼女に拍手してくれると喜びます。


記事検索
応援バナー(1)
シルキーズプラス A5和牛 『バタフライシーカー』

あけいろ怪奇譚
バナー(3)
AXL新作第12弾「恋する乙女と守護の楯~薔薇の聖母~」 2016年2月26日発売予定!
発売中応援作品
メールフォーム
Twitter
応援バナー(2)
『夏色ラムネ』を応援中!


もっと!孕ませ!おっぱい異世界エロ魔法学園!

情熱FX大陸