よい子わるい子ふつうの子2(仮)

18禁PCゲームをメインに、ラノベや漫画についてもダラダラ話を書きます。長文多いです。

2015年08月

コミケの申込をした話。

C89の申請(WEBの払い込み)〆切が昨日でした。

3日ともコミケに行けなかった(行かなかった)ため、今回は申込セットをお友達にお願いしてゲットしてきていただきまして、その節はほんとうにありがとうございました。

相変わらず、夏コミから冬コミの申込は期限が短いですね……。

前回(C88)落選したときは「落ちたらどうするか」をあんまり決めてなかったせいでうまく身動きがとれませんでした。今回は一応サークルの面子とも話し合い、申込はしておこう。今度は落ちても本はきちんとつくろう、ということですので、どっちにしても本を作って当選していたらコミケで出す、無理だったらまぁ委託か別のイベント、ということになりそうです。

今回は何らかのかたちで「役に立つ」ような本にしたいね、とは言っているのですが、果たしてどうなるか。

運良く当選しておりましたら冬コミで。

CVみるとJSミルの違いについて。

書いて下さいという拍手コメントを1ヶ月くらい前に頂戴していたのですが、今更そのお返事になります。遅くなりまことに申し訳ございません。

両者の質的な違いよくわかりませんが、CVみるだと満足な豚になれます。ブヒブヒ。

ということでよろしいでしょうか……。

jschama

なお、画像は記事内容と特に関係がございません。あしからずご了承ください。

なつかしのRPGBGM

先日古い友人とチャットをしていて、つい「昔のRPG」話に花を咲かせてしまいました。

その中で、「スーファミくらいまでの時代のRPGで好きな音楽ってどれ?」という話になり……。あれこれ思い出して懐かしく、途中胸が一杯になってちょっと泣きそうになりました。

良いRPGは良いBGMとともにある、と私はずっと思っていて、聞いただけで、当時の感動や興奮がよみがえる、物語を彩る「あの音楽」というのは少なくない。そんな中でも私が「これがベスト5かな~」というのをピックアップしてみます。何か前にも似たようなことをやった気がするな。

曲自体が良いというだけではなく、作品で使われたシチュエーションや私の個人的な体験と結びついているので必ずしも誰にとっても同じであるとはならないでしょうけれど、「ああ、そういう曲あったなぁ」と振り返るきっかけになったり、あるいは「へー、なかなかよさそうな」と興味を抱くきっかけになれば幸いです。

と、なんかそれらしいことを言いましたけど、要は「これスッゲーいい曲だったよね!」っていう思い出話がしたいだけです、スンマセン。 あと、超メジャーな曲が多いです。一応ファミ、スーファミのリアルタイム世代なんですけど中高生だったのであんまりマイナーな作品はプレイできてないんで。


1.「仲間を求めて」 (FINAL FANTASY6 世界崩壊後の飛空艇搭乗曲)



後にも先にもこれほど聴いたBGMは無いと断言できます。そのくらい好きでした。FF6で世界が大変なことになり、その後いろいろな困難を乗り越えたセリスたちが、再びケフカに立ち向かう「希望の翼」を手に入れたシーン。高く高く浮かび上がる飛空艇とともにこの音楽が流れてきて、私は不覚にも泣きそうになりました。哀しさの中に力強さと美しさがあって大好きです。

いきなりデスゲイズは勘弁しちくりー。



2.「風の憧憬」(クロノトリガー 中世MAP)



名曲の多い『クロノトリガー』の中でもあまりにも有名なBGM。どことなくジブリっぽい。君をのせて行きそうな感じがします。エロゲーならイベントシーンでかかりそうなんですけど、この曲がフィールド曲ですからね。贅沢のきわみですわ。あと、クロノといえば「時の回廊」も名曲。どれも聴いていると何か切なくなってきます。おっと、オイルで眼鏡がかすんで……。


3.「Memories」(ブレスオブファイア2 イベント)



スーファミ屈指の名作RPGに私が勝手に認定している「ブレス2」のイベントBGM。その名の通り、主人公リュウと母親との思い出のシーンで使われたのが最初ですが、その後もちょくちょく回想シーンやお涙頂戴のシーンで登場します。本当になんということのない曲のはずなんですが、使われるシーンがことごとく印象的で耳に残り続けています。「出会いと別れ」を巧みに織り込んだこのRPGを振り返るのに相応しい一曲ではないでしょうか。


4.「ジプシーダンス」(ドラゴンクエスト4 第4章戦闘シーン)



すべての音楽が素晴らしいDQシリーズですが、とりわけ「4」はキャラクター数が激増し、しかもそれぞれにテーマBGMが設定されているなど音楽に力が入っていただけあって、印象的な曲が多かったように思います。その中でも屈指の名曲「ジプシーダンス」。疾走感あふれるこの曲のお陰で、単調になりがちな戦闘が楽しみでしょうがなかったです。なんとなくですが、7の「血路を開け」は「ジプシーダンス」の後継に思えます。

ちなみにDQ4だと、第5章スタート時のフィールド曲「勇者の故郷」の、あの物悲しくも決意にあふれた旅立ちを想起させるメロディーも大好き。シンシアとのあれこれとか故郷の村が滅ぼされたこととか、当時はピンとこなかったけどPS版やりなおしたときグッときましたね。

 
5.「遥かなる旅路」(ドラゴンクエスト2 フィールド)



ドラクエからもう一曲。すぎやまこういち率が高い……。DQのフィールド曲は、ずっと聴くということを意識しているためか、最初のインパクトもありつつ繰り返しているうちにどんどん良く聞こえてくるスルメみたいな曲が多い。DQ1の「荒野を行く」、DQ2の「遥かなる旅路」、DQ3の「アレフガルドにて」、DQ4の「勇者の故郷」が個人的にはお気に入りです。そのクオリティは甲乙つけがたいのですが、「遥かなる旅路」は、未知なる冒険の不安と高揚感を凄く上手に捉えていて、「これぞRPGのフィールド曲」という感じがします。
 

5.「Eight Melodies」(マザー イベント曲)



ちょっとズルをさせてください。TOP5を選ぶつもりでしたが、どうしても5位と6位の差をつけられず……。

というわけで同率5位は「エイトメロディーズ」。『MOTHER』のシンボルとも言える、優しさにあふれた曲。物語と非常に密接に結びついた曲で、聴くだけで感動が蘇ります。ファミコン版はもちろん歌詞なんて入っていないのですが、サントラになる際にアレンジが加えられてこうなったのだとか。一時期は小学校の音楽教科書に収録されていたこともあったそうです。


と、こんな感じ。ホントにメジャーな曲がほとんどなので面白みはなかったですかね。みなさんもそれぞれの「思い出の曲」をお持ちでしょうか。ちょくちょく整理して、お友達と開陳しあったりすると(そういうのが好きな相手であれば)盛り上がれて面白いかもしれません。 

ななリンのイベント付きVita版予約してきた話。

2015年9月17日に『なないろリンカネーション』のPSVita版が発売されますが、これに先立ち秋葉原ゲーマーズで発売記念イベントの開催が決定していたことをお友達から教わりました。

内容は、トークショーとすめらぎ先生のサイン会、ムーサンさんのミニライブ。サイン対象はVita版「なないろリンカネーション」ゲームソフトのみで、ゲーマーズで予約(全額内金)するか、当日購入者に先着順で整理券が配布される形式です。通常版はダメで、限定版のみ

nanairo_logo
 ▼PS Vita版「なないろリンカネーション」発売記念イベント 

開催日時

2015年9月18日(金)
【開場】17:30【開演】18:00 
声優
あさみほとりさん
咲乃藍里さん
瑞沢渓さん
小山さほみさん
小林眞紀さん
桜咲千依さん

キャラクターデザイン・原画
すめらぎ琥珀先生

主題歌
ムーサン・ベリーさん

司会進行
広報たまさん、音響Tさん(SILKY’S PLUS) 


というわけで、早速予約してきました。Vita持ってないんだけどな!!!!

コンシューマやアニメに詳しくない私は、声優さん誰が誰だか全然わからないのですが、まあ行けば何とかなるでしょう、多分。少なくとも声を聞けば大丈夫ではないかと期待して……。

もつべきものは。

なんかお礼コメントみたいになっちゃうんですが、昨日コミケ行けなかったーという話を書いたところ、Twitterとかブログコメントとかメールで、「この本ありますけどいりますか」とか、「これもし買うつもりだったら多めに買ったので声かけてください」というご連絡を頂きまして……。

いや、ホントにありがとうございます。

それも、私がチェックしていたのとか、時間があったら恐らく見に行っていたであろうラインを丁寧にトレースしてくれていて(私、そんなにわかりやすいかな。まあエロゲー関連とモバマスだからわかりやすいか……)、 非常に嬉しい。

幾つかの本はありがたく買わせて頂く話になりましたし、幾つかはお断りしたものもございますが、私の趣味を見抜く慧眼と、お声をかけてくださるその親切さにむせび泣いております。人の優しさが目に染みる。

おかげ様で、バス停シャワーのグラブル本(セットのやつ)も入手できましたし、まあ無理ゲーなやつはともかく、家にいながら「どうしてもこれは」と思っていたものの7割くらいは何とかなりそうです。この御恩はなにかの折、必ずやお返しいたします。

誰かが多めに購入したことで、現地で買えなかった方がおられるという可能性もあり、そのことを思うと若干申し訳ない気もするのですが、限定数の範囲内でのことですし、許していただいてお恵みを享受しようかなと。

しかし、気になったのは誰も触手本を持ってきてくれなかったことと、グラブル本を買ったよと教えてくれた方がおられたのですが、中身調べたらダヌアばっかりでどうなってんだという。私あんまりダヌア推しじゃないんですよ。すみません。可愛いのわかるけど、そこまで大人気な理由はピンとおない。これはやっぱ、伊東ライフ先生効果なんでしょうか。

danua_mizugi2

かわいいですけどね、ダヌア。私はどっちかっていうとリーシャ、ゼタ派。

あと完全にどうでもいいと思ってた水着スフラマール先生、なんか戦闘不能時のエフェクトがごっつい面白いようで。団の方に教えてもらって早速芋虫に凌辱されてきました。

suframar
スフラマール先生ーーー!!!

死亡エフェクト。こんなんわろてまうわ。

グラブル本は「思いの外多かった」のだそうで、今後どのあたりが人気でるのかわかりませんけど、下半身に訴えかけるような作品が出てくるといいですねぇ。

Pくうしさま(モバマスPからグラブル騎空士になった人)も相当おられるようですし、モバマスとのコラボはかなり積極的なので、モバマスキャラをファンタジーにした薄い本とかがたくさん出ると私が喜びます。オークとか触手とか。ダントラのノリで。

現在のコマーシャル展開を見ていると、そのうちアニメ化もすんじゃないかなーと思うので、それまでに裾野が広がるといいですね。

あれ、なんかグラブルの話になってしまいましたが、とにかくお友達のみなさんに改めて感謝を。ありがとうございました。 

コミケに行けなかった話。

今回サークル参加できなかったこともあり、ちょっと多めに仕事を受けていたのですが、油断しすぎたのと眼精疲労による偏頭痛に悩まされて2日ほど潰してしまったせいでそれが終わらず……。

3日目のコミケに参加することができませんでしたOTL。

桂井よしあき先生んとこのグラブル本(これ) とか行く予定にしてたんですが……。

。・゚・(ノД`)・゚・。

Twitter関連の方を10人ほどご挨拶に伺うつもりだったのですがそれも果たせず。また、同人誌の冬コミ用プレ版を用意しておりまして、お友達のブースに既刊ともども置いて頂く予定にしていたのですが、そちらのほうもドタキャンのかたちになってしまいました。

薄い本も手に入れられず、たまにしかお会いできない方とお話する機会もなく、友人には不義理をし、やっていたのは仕事という。この3日のために出勤せずに済むように予定調整していたのに、色々台無しです。

はぁ……。まあ、今回はQSK(急に仕事が来た)とかではありませんから誰が悪いわけでもなく、私のスケジュール管理の甘さゆえ。なので、愚痴っても仕方ないんですけど、溜息くらいはつかせてください。

コミケには行くたびに、「なんでこんなしんどい思いをして並ばにゃならんのや」とか、「もー来年はいいかな」とか思うのですが、 いざ行けなくなるとすごい惜しい。ストレスが溜まる。あああああああ。

Twitterでも書きましたが、夏コミに行けなかったんじゃなくてお金を節約したのだ、と思って諦めることにします。

冬は絶対行くぞ……。 

ともあれ3日間(電気外祭り参加者は4日間)、お疲れ様でした。ご参加された皆さまはゆっくり休んで、明日から戻ってくる日常に備えて下さい。 

『あると!』のAndroid版の話。

最近精力的にAndroid移植をすすめているPurple softwareさん。

OHPのスタッフ日誌を拝見したら、7月末にこんな記事が。

▼「スタッフ雑記」(2015年7月31日)

andropurple

本日、ハピメアAndroid版が公開されました。
よかったら遊んでくださいね。

今回は今後のAndroid版について。
旧システムの古い作品を現行システムで動作するように移植して、
それをAndroid版で出してみようと検討しているところです

画像はあるとの序盤ですね。

進行具合は、プロローグ程度ならほぼ再現出来るくらいの完成度。
最近標準で実装されている選択肢スキップやクイックジャンプなんかも実装したいところ

あるとの他は、秋色も検討中
秋頃までになんとかなるといいな。

おお……。素晴らしい。

最近、有志による『鬼畜王ランス』のGoogle版が公開されていましたが、現代の主流となっているフォーマットで過去の作品ができるというのは、やはり非常にありがたく、またエロゲー全体にとっても有用なことではないかと思います。こういう試みは頑張って欲しいし応援したい。

やっぱり、昔の作品を「ハードウェア的な事情」でプレイできなくなる、あるいは若い世代はプレイできない、というのは寂しいことですからねぇ。

Androidで遊べるようになれば、新規層の開拓にも一役買ったり、ということもありえるのかも。是非期待したいところです。

コミケ2日目でしたが、私は家でお仕事。現在も絶賛進行中です。明日までに終わるかな~。終わるといいなぁ。

 

コミケ夏の陣~C88初日

本日よりC88。みなさん、体調と懐の具合は大丈夫でしょうか?

私は初日から参加するつもりだったのですが……。企業で行きたいところがないのと、雨の予報、あと昨日「秋葉原電気外祭り」に参加したせいで体力ゲージが減少しているので、久々に初日自宅待機でのんびりしようかなぁと思っています。

いまハマっている『グランブルーファンタジー』の配信元であるCygamesか、恒例のLeafあたりが来る、あるいは何かしら興味を引くイベントをするエロゲーメーカーさんがあるなら参戦するつもりだったのですが、あまり見当たらず……。Purpleさんも来ないし。基本的に布モノやキャラクターグッズ、CDの類いには手を出さないようにしているので(じゃあ何に出すのかといえば作品のグッズです)、めぼしいものが本当に見当たらず。

じゃあ東館のほう行けよって話ですが、初日は企業と決めていたためモチベーションががくっと下がってしまい、私ももう若くないので、そうなると身体を動かすエネルギーを捻出できず……。

もしかすると早朝に「やっぱ家を出ました」とか言ってる可能性がなきにしもあらずですが、現状おやすみモードに入って『ダンジョン飯』の2巻を読み始めました。面白いですね、ダンジョン飯。

というわけで私は初日欠席の可能性濃厚ですが、参加される皆さまは病気や怪我、トラブルに気をつけて、たのしんでいらしてください! ご武運を祈っております。 

カラダが求めているものは美味しいの?

先日来、ちょっとした話題になっている、カテキン茶に関するこの記事。

▼「高濃度茶カテキン茶は危険!脂肪燃焼のウソ?肝障害の恐れ、海外では販売中止」(Business Journal) 

高濃度茶カテキンには問題が多く、話題になったこともありましたが、あまり消費者には危険性が伝わっていないようです。カテキンは体脂肪を減らすなどと喧伝されていますが、その根拠は、血糖値の上昇や心拍数の増加などを起こすアドレナリンを分解する酵素の働きを、カテキンが阻害するところにあります。したがってカテキンを摂取するとアドレナリンが増えて交感神経の作用が強まり、結果的に脂肪燃焼が活発になるという理屈です。

 しかし、もしこれが本当に体の中で起きているとしたら、大変なことです。なぜならば、脂肪燃焼が活発になるレベルまでアドレナリンの量が増えるのであれば、交感神経の作用は非常に強くなっており、そうであれば心拍数の増加や血圧の上昇、不眠、下痢などさまざまな症状が表れるはずです。裏を返せば、そのような作用が起きないということは、脂肪燃焼も活発化していません。しかも、高濃度茶カテキンには、発がん性も指摘されていますので、うかつに多量に摂ることは避けたほうが賢明でしょう。

うーん、本当なんでしょうか。

こういう記事って「データの正確性と参照性」がきわめて重要だと思うのですが、まったくないので判断ができません。

たとえば、「高濃度」とはどのレベルからなのか。「多量に」というのはどのくらいなのか、まったく書かれていない。ちょっと困ります。

このへんはほんとうはちゃんとペーパー(論文)とかに当たるべきなのでしょうが、専門外なのとめんどくさいのとでちょっと無精をしまして、グーグル先生にお願いして調べれば一応参照情報が出てきました。たとえばこちらの記事。2007年のものですが。

 ▼「「あるある」の花王 ヘルシア成分・茶カテキンサプリで、また肝障害

「ヘルシア緑茶」に含まれるカテキン含有量が540mgであることと、「このほど発覚した、ヘルシアと同程度の量のカテキン(600mg)が入ったサプリメントを6ヶ月とり続けて肝臓障害を起こしたカナダの女性のケースは、次のようなものだ。」 という記述でだいたいの目安が判ります。「摂り過ぎ」のレベルもだいたい、という感じ。

(ただ、この手の記事が必ず最後、厚生労働省叩きに走っているあたり、何らかの政治的意図が見え隠れしないでもないのですが……。資料として挙げられている論文も、原本は見られませんし)

まあ、カテキンのことはちょっと外すとして、今回気になったのは最初の記事のこの記述。

考えてみれば、これは理にかなっています。つまり、汗をかいてミネラル分が足りなくなったところに、すいかに含まれるカリウムと塩のナトリウムを補給しているわけですから、おいしく感じないわけがありません。

よくある、「カラダが求めているから美味しいんだ」系の話ですが、これホントなのかなぁといっつも思うんですよね。いや、真面目にとりあうような話ではなく、ちょっとした与太話です。

カラダが必要としている栄養素が含まれていれば美味しく感じるのであれば、ピーマンとかああいう、みんなが「嫌う」野菜とかって凄い美味しく感じないといけないはずですよね。あるいは青汁が超美味しいとか。

また、美味しいと感じるものはカラダが求めているものだとすれば、ポテトチップスとかお酒とかってウルトラ身体に良いっていう話になりそう。

でもまあ、全然そういうことはないわけで。

要するにこの手の「身体が求めているから美味しいんだ」っていうのは、一見それらしく思えるけどよく考えてみると全然違うという話。おそらくもともとは、何か確固たる理屈があって言われているのではなくて「単なるレトリック(比喩)」だったんじゃないかと思います。それがひとり歩きして、 論理的な話であるかのように扱われだした、という感じ。

多くの人は「比喩だ」とわかってるとは思うのですが、なんかときどき比喩以上の厳密な話として捉えているっぽい人がいて、出版物とか、酷い時には栄養学や教育学(給食とか)の論文にそういうの書いてたりするんでその辺はちょっと何とかしてほしいなぁと思います。

大規模流出の話。

ちょっとこれは尋常じゃなくヤバいんじゃないかという案件。

アメリカで、ヒ素などを含んだ大量の汚水が河に流れだし大惨事になっているようです。

co_river2

 ▼「重金属含む汚水、推定の3倍流出 コロラド州が非常事態宣言」(CNN JAPAN)

(CNN) 米コロラド州で廃鉱になった鉱山からの汚水が河川に流出した事故で、流出した汚水の量は当初の推定の3倍を超す1万1000立方メートル以上に上ることが分かった。
 
同州のヒッケンルーパー知事は10日に非常事態を宣言。黄色く濁った汚水は同州からニューメキシコ州にまで達している。

この事故では5日、廃鉱になったゴールドキング鉱山から汚水をくみ出して処理する作業を行っていた米環境保護局(EPA)の職員の手違いで、鉱山からの排水がコロラド州を流れるアニマス川に流出した。
 
排水には鉄や亜鉛、銅を中心とする重金属が含まれていると見られる。EPAは川の水を採取して検査を行っているが、事故から5日たった今も、汚染の程度や周辺の住民や事業所に与える影響について詳しいことは分かっていない。
 

11,000立方メートルってあんまりピンときませんが、よく引き合いに出される東京ドームが1,240,000立方メートルだそうですから、約100分の1くらいですね。それでも結構な量だよなあ。

ちなみに、前日の段階では「約3785立方メートル」とか言っていて、「陸上に生息する野生生物への影響は最小限に抑えられる見通し」だったそうですが、甘い見通しでしたね……。

 ▼「鉱山の排水が河川に流出、非常事態を宣言 米コロラド州」(一昨日の記事)

ニュースでもたびたびとりあげられているので実際の映像をご覧になったかたもおられるでしょうが、ちょっともう、「川の色が変わっている」とかいうレベルじゃありません。

現在はニューメキシコ州だけでなくユタ州にも汚水は到達し、被害を拡大しているとか。

日本は「足尾鉱毒事件」という非常に重たい事件を経験していますし、最近では放射性物質を含んだ海水の問題とかもありますから他人事ではないというか、事態の収束や対応について注目してしまう部分というのがあります。

それにしても、「手違い」でこんなことになるのは恐ろしい。 NHKの報道によれば、EPAの職員が「機械の操作を誤り坑道に穴を開けた」ことが原因。どういうシチュエーションかはわかりかねるのですが(機械というのは重機だったという話が上の記事では書かれています)、操作ミスでこんなことになるというのはヤバいですねえ。私なら怖くて関わりたくありません。

それにしても、この辺一帯は人の住む土地として大丈夫なのか。つきなみですが、住民の方のご無事を祈りたいと思います。
《自己紹介》

エロゲーマーです。「ErogameScape -エロゲー批評空間-」様でレビューを投稿中。新着レビューのページは以下。
 ▼OYOYOの新着レビュー

ご意見、ご感想があればメールフォームからお寄せ下さい。面白かったよ! という時は、彼女に拍手してくれると喜びます。


記事検索
応援バナー(1)
シルキーズプラス A5和牛 『バタフライシーカー』

あけいろ怪奇譚
バナー(3)
『その花が咲いたら、また僕は君に出逢う』を応援しています!
発売中応援作品
メールフォーム
Twitter
応援バナー(2)
『その花が咲いたら、また僕は君に出逢う』を応援しています!




情熱FX大陸