よい子わるい子ふつうの子2(仮)

18禁PCゲームをメインに、ラノベや漫画についてもダラダラ話を書きます。長文多いです。

2015年05月

見えそうですよ。

今日地下鉄の駅で、JKのスカートがたいへんなことになっているのを目撃しました。 

具体的にはこんな感じ。
mekuru

背負ってるのは手提げかばんではなくリュックだったのと、あとおぱんつまでは(たぶん)見えてなかったんですが、これはもう見えるんじゃねーのってレベルまでつり上がっていてやばそうな気配。しかしスマホをいじりっぱなしの彼女は気づく様子がありません。

教えてあげたほうがいいのかなぁとも思ったのですが、果たして何と言えばいいのか分からない。「スカートがめくれあがってますよ」というと後ろが見えない彼女は下着丸見えだと誤解して恥ずかしい思いをするかもしれないし、「ぱんつが見えそうですよ」というとヘンタイ扱いで事案行きかもしれない。仕方なく、しばらく様子を見ていました。これはこれでヘンタイじゃないかという疑惑を打ち消しつつ……。

結局電車が来て乗り込む際、リュックを軽く背負い直したことで彼女のスカートは無事普通の位置に戻っていたのですけれど、こういうの声かけていいのか(男、しかも私みたいなオッサンに指摘されると凄い恥ずかしいかもしれないじゃないですか)どうか、結構難しいですよね。今回は自然に何とかなったので典型的な「知らぬが仏」パターンだと思いますが、一歩間違えば大惨事だった可能性もある。さりとてうかつに声をかけたら痴漢扱いされるかもしれないとか思うとなかなか気の利いた対応ができません。

30数年生きてきてはじめてのできごとだったのでそう何度も出くわすとは思いませんが、なんかこう、とっさにうまい対応がとれるようになりたいもんです。

皆さんならどうしましたかね?

怒るなら見えないところでやってほしいという話。

今日、たまたま入った飲食店でバイトと思しき青年が何やら失敗をやらかしたらしく、ホールでおっさんに怒鳴られていました。

夕方入ったコンビニでは、外国人らしき男の子が、ポイントカードの提示を求めなかったとかいうことで、これまた店長と思しき女性のお説教が大きな声で店内に響いていました。

どちらもあまりいい気分ではありません。正直、やめてほしいと思う。

第一に、私の身勝手ではありますが、威圧的な態度があまり好きではありません。怒鳴る、怒るという行為からはできるだけ遠ざかりたい。買い物ならまだしも、食事のBGMで叱る声というのは席を立とうか迷うレベルでした。

第二に、教育なら客の前でやらないでほしい。もしお客さんに対して失礼があったというのなら、怒るより先に謝らせるべきです。謝罪が終わったのなら、あとは店の中の問題です。それを客の見えるところでやらんでもいいだろう、と。

もちろん、客に対してきちんと教育してますアピールになるだとか、「晒し者」にすることで反省を促すだとかいった効果は見込めるのかもしれません。しかし、前者なら結果で示せば済むことですし(プロセスとしての説教など見なくても構わない)、後者であるなら、そういう店の都合に客を巻き込まないで欲しいと思います。

他人が怒られてるのを見るのが好きだというドSな人とか、そうやってきっちり怒っているのを見ると安心するという人、あるいは社員教育に協力しようという心の寛い人もおられるのだとは思います。ただ、今回見た事例はふたつとも、(私が見聞きした限りですが)ミスした相手に対する不快感のようなものがにじみ出ていて、そういう負の感情をバラ撒かれるこっちの身にもなってほしいなぁという感じでした。

まぁ、「嫌なら行くな」と言われたらそれまでなんですけどね。

バニシング・ツイン

人体の不思議というか神秘というか、こういうこともあるんだなぁという話。

 ▼「26歳女性、脳腫瘍を摘出したら毛に歯に骨。バニシング・ツインの胎児だった!(米)」 (Techinsight)

ロサンゼルスの名医の執刀によりこのほど脳腫瘍の摘出手術を受けたのは、「インディアナ大学」の博士課程に身を置いているヤミーニ・カラナムさん(26)という女性。昨年9月に読解、聴解力が非常に低下していることに不安を覚え、医師の診察を受けたところ脳腫瘍と診断され、低侵襲手術の権威であるHrayr Shahinian博士が率いる脳外科手術の専門機関「Skull Base Institute」を紹介されたのであった。

頭蓋骨は半インチの切開のみという内視鏡による手術は無事成功したが、そこで仰天の事実が発覚した。なんと腫瘍の正体は胎児。骨、髪、歯がしっかりと確認されたのであった。彼女は実は双子で、しかし母親の胎内で片方の胎児が成長しなくなる、いわゆる“バニシング・ツイン(Vanishing Twins)”の現象が起きていたと考えられるそうだ。病理検査の結果は心配された悪性の所見もなく、カラナムさんは3週間ほどで普通の生活に戻れるという。 

まあ胎児とはいっても実際にはそういう組織に分岐する細胞が残ってしまったというだけで、実際には胎児の意志も魂も無いただの「現象」なんだろうとは思うのですが、もとが「消えた双子」ともなればやっぱりなんとなく神秘的なものを感じてしまうのも事実です。

こういう事例は、人間はどこから人間なのか? といういまの生命倫理の問題に対してそれなりに重要な示唆を与えるようにも思われます。胎児は人間なのか。堕胎は殺人なのか。どこからが人間でどこまでは人間ではないのか。

この種のことに線引が必要になっているという事実そのものが何やら重苦しい印象を与えてくるものの、お腹の中にいる段階の胎児の発育や障害の有無といった、これまでは分からなかったような「そういうこと」が分かるようになってしまった人間の責任として、しっかり向き合っていかなくてはならないことなんでしょうね。

livedoorブログの追撃

先日起こったfc2関連の揉め事を受けてのことなのか、livedoorブログがこの5月から「完全無料宣言」を敢行。広告の削除などをしたブログを無料開放しています。顧客獲得に向けて一気に動き出した感じ。

 ▼「【livedoor Blog】5月1日より有料プランを撤廃し、プレミアム機能を無料提供へ

LINE株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:出澤 剛)は、同社が運営する国内最大級のブログサービス「livedoor Blog」( http://blog.livedoor.com/ )において、5月1日より有料プランを撤廃し、プレミアム機能を無料で提供いたしますので、お知らせいたします。
livedoor

有料プラン(PRO・ADVANCE・PREMIUM)を全て撤廃し、これまで有料プランのみに提供されていた機能も全て無料で利用できるようになりました。これまではだいたい月額800円くらいかかっていた人(年間1万円程度)も一気に負担が減るわけですね。私のような無料ユーザーにとっては、充実した機能が使えるようになるということで、まあ使いこなせるかという問題はあるにしても非常にありがたい話です。

【主なプレミアム機能の一覧】
◆PC版記事下広告の非表示
◆ヘッダー/サイドバーのlivedoorロゴ非表示
◆独自ドメイン設定
◆ブログデータ容量(無制限)
◆スマートフォン版のユーザー独自の広告の掲載可能本数(3本)
◆Amazon・楽天アフィリエイトID自動設定
◆記事のエクスポート機能
◆EPUB書き出し機能(電子書籍作成)   

特に「ブログデータ容量無制限」がありがたく、広告やロゴの非表示も折を見てやっていくつもり。正直データ量がいっぱいになってきたら有料版使おうかなぁとかも考えていたのでありがたいことです。

以前使っていたdtiが潰れたときに移行した際、いろいろな人から「エロい話をするにはfc2かlivedoor」と教えていただき、結局使いやすさとドメインの都合でlivedoorを選んだのですが、今のところ正解だったかなと思っています。その節はありがとうございました。

とはいえブログの機能とか正直あまり使いこなせていないので、本当は拡張バンザイとか知ったようなことは言えないんですけどね。せいぜいもうちょっとSNS関係のボタンとかが使いやすくなれば……とか思ってる程度。

あと気になるのは、このサービス態勢をいつまで続けられるのか。派手なことをやっていた無料ブログとかは結構運営が潰れてますから、そのへんだけが心配です。長く続くことが最大のサービス、という側面はやっぱりありますからね。

とはいえ今のところ相当充実したサービス内容になっていますし、これからブログとか始められる方は候補の1つに入れられても良いのではないでしょうか。 

国産と国内産

お友だちとケンタッキーで昼……というかおやつを食べていると、彼が骨なしケンタッキーの袋をじっと見詰めながら、「国内産って何だろね」と。

DSC_0438



なるほど、「国内産」と書いてあります。たしかに、「国産」との違いがわかりにくい。

これは昔ちょっと確認をとったことがあり、簡単に言うと「国産」というのは製造過程の最後を日本国内でおこなったもの。対して「国内産」というのは全製造過程が国内でおこなわれているもの、ということだったはずです。

たとえば、カカオ豆を輸入し、日本で製粉してチョコレートにした場合、そのチョコレートは「国産」だけど「国内産」ではない、ということになります。よく言われる「最後の袋詰だけ日本でやったら国産になる」という皮肉は(実際にどうなのかは知りませんけど)、このような「国産」表記をめぐる話でしょう。

この原因は、JAS法の品質表示基準にありますり生鮮野菜や生肉のようなナマモノについては「原産地」(都道府県レベルの)を表記する義務があるのですが、加工品の大半にはその義務がありません。

聞くところによるとこれを利用して、食品に限らず多くの製品でこのような「原産地ロンダリング」がおこなわれており、中国産の材料を使ってフランスで加工した「フランス製品」のようなものも少なくないそうです。ファミレスで「国産パスタ」となっていても、もしかすると日本で焼いてるだけで材料は外国のものかもしれないわけです。

この辺気にしだしたらもうハッキリ言ってほとんど何も食べられないので私は諦めてますが、気になる人にとっては大きな問題でしょうし、食の安全を云々するうえではまず固めるべきところにも思われます。

原材料の原産地まで表記すると手間なのはわかりますが、時代的にもうそのくらいしても良いかもしれませんね。

ちぐはぐ

仕事が山積みのときはすごく遊びたいのに、いざ仕事が終わって時間ができると、あれほどやりたかったはずのさまざまなことに手を付けず、ぼーっとしたまま時間を過ごしてしまうことってありませんか。

ブログも逆パターンですが似たようなところがあり、暇なときは何を書こうかいろいろ迷うし、いざ書こうとしても大したことがないような感じがして気乗りしなくなったりするのに、時間がなくなると「あれも書きたい、これも面白い話になるのでは」みたいな思いがつのってきます。

いまちょうどそんな感じで、書きたいことがたまってきてそろそろメモでもとらないと忘れそうな状態なのですが、これ暇になったら逆に書かなくなりそうな気もします。

そんなこんなで、とりあえずいまはいろんな書きたいことを溜めておいて、後でなんとかカタチにできれば、と。とりあえず「コミティア」のはなしとか「キャララ」の話は書きたかったけど機会を逸してしまったなぁ……。

アイマス10thに当選してた話&「GOIN'!!」の方は落選してた話。

昨日『GOIN'!!』のスペシャルイベントに応募した話をしましたが、本日15時の当選メール来なかったので見事落選です。トホホ。というわけで週末は暇になりそう。ごろごろしてるか秋葉原あたりをふらふらしてるかのどちらかになると思います。さすがに池袋まで人混みにもまれるためにでかける元気はない……。 

ところで、その当選メールいつくるんだっけとメールボックスひらいてびっくり。

imas10th

アイマス10thの先行申し込みが当選してましたΣ(゚д゚||)。ひぇぇ……。ちなみに、2日通しです。

CD購入系のイベントは全滅したかと思いきや予想外のところで当選が来ました。無料イベじゃなくて有料イベのほうにあたるあたりが何とも。友人で行きたがってた人が何人かいたので、当たるって分かってたら4枚申し込んどくんでしたよぅ。。。。1人だとすっげー心細いし。・゚・(ノД`)・゚・。

いやまあでも、4枚申し込み(4席セット)とかだと当選率が変わったりするという話も聞きますし(真偽の程は不明)、1枚だからこそ当選したのかもしれないんですけどね。(あと、贅沢を言っていいならシンデレラガールズ・サマーフェスティバルのほう当選したいんですけど、イープラスさんなかなかチケット用意してくれないからなぁ)

ともあれ、これで晴れてアイマス系の初ライブに参加する運びとあいなりましたので、楽しんできたいと思います。アイマスライブは比較的周りの人も優しくてサイリウムの振り方とか分からなくてもなんとかなるというお話はうかがいましたが、一応礼儀として最低限の予習はしていこう。動画とかサイト見ればいいんですかね。お友達に聞くほうが早いか……?

三度目の何とやら(「GOIN'!!!」スペシャルイベント応募の話。)

先日発売された、アニメ『アイドルマスター シンデレラガールズ』のCD第8段『GOIN'!!!』イベントに応募してきました。本日23:59が〆切。

goin

 ▼THE IDOLM@STER CINDERELLA PROJECT 08 発売記念イベント@池袋サンシャイン噴水広場

今週末に行われる池袋サンシャインシティでのイベントに付随したお渡し会&優先スペース入場券の配布がイベントの内容となります。これでアニメモバマスのCD購入後のイベント応募は3度目になりますが、2度あることは3度あるなのか、それとも3度目の正直になるのか……。

円盤からライブイベントの申し込みもしましたが、正直当たる気がまったくしないので、ここでライブ系のイベント当たらないと一生ハピハピできることはなさそうな感じがします。うん十枚単位の複数買いをするほどの経済的余裕はありませんから。

goin2

というわけで、人事を尽くしたとは言いがたいのですがおとなしく天命を待つことにいたします。 あたるといいなぁ。

『新ゲノム』6巻の話。

古賀亮一『新ゲノム』の6巻が発売されていました。

新でも旧でもいいけど、そもそも『ゲノム』って何やねん、という方も、緑色の紳士・パクマンさんと言えばお判りになるのではないでしょうか。

genom

そう、彼が登場する漫画です。



内容的にはエロいというより下ネタ系で、18禁となるような描写はありません。ただ、掲載雑誌の都合でエロ本コーナー においてあります。そのせいでなかなか良い子は購入できないかも……。とはいえ、このブログを見ているワルイコの方なら問題なく買えますね。

古賀先生も呟いておられる通り、今回コミックスに付属の応募券を使って「湯呑み」を購入できます。ただし、そこは『ゲノム』。ふつうの湯呑みではありません。なんと、淫語湯呑みです。ブラヴォー!!

パクマンさんは、お約束の下ネタのみならずシュールなネタからメタネタまでありとあらゆるネタを駆使して、本当に心の底からくだらないエロいギャグを言う、何というか他に類型の見当たらないキレたギャグキャラ。たぶん後にも先にもこいつ以外にこんなキャラは出てこないでしょう。20世紀の生んだ奇跡。

エロゲーマー的には「エロでバカ」といえばSofthouse-selaさんが思いつくのですが、方向性は全然違うというか、パクマンさんはちょっとどこに向かってるのかわからないです。宇宙を目指していたハズが、気づいたら地中を掘り進んでる感じ。彼に追いつける人類は今後1000年くらい出てこないんじゃないかと思います。そのくらい凄い。

最近ちょっとマンネリ気味かなとか思っていたら今巻は往年のキレを取り戻していました。もうゲノムも終わったなとか、舐めたこと考えてホントすみませんでした。

というわけで、この夏最高の笑いを届けてくれる『新ゲノム』、まだ手に入れてない方は書店へGOだ!! (買いたくなくなる結び)

気持よく食べたい。

今日、靖国神社の近くへ行くことがあり、ちょっとマイナスな話なので名前を出すのは控えますが、美味しいと評判の蕎麦屋さんがあると教えられたので同僚と2人で立ち寄ってきました。

ただ、入るや否やなんかもう戦場みたいな雰囲気。失敗した~(ノД`) と思いました。

まず、店員のおばちゃんが「相席でいい?」と聞いてくる。OKというと、「じゃあそこ」と4人掛けのテーブルを指さされる。でも誰も居ない。相席でなくて良いのかな? と思いながらも2人で座ると、「ちがうちがう~! 相席って言ったでしょ! 縦じゃなくて、横に並んで座ってよ!」

どうやらこのお店(あるいはこの店員さん)の中では、「相席で」 というのは将来相席になることに備えて横に並んで座ることまで意味するようです。将来相席になることを覚悟するくらいはいいとして、なんで縦座りでは駄目なんでしょう……。まあ従いましたけど。

その後は注文をとりにくるどころか、なかなか水もおしぼりももってこない。同僚が「すいません」というと「はーい、すぐいきます!」と景気のいい返事が返ってくるのですが、 3分くらい音沙汰なし。まあ店内混みまくりで大変なのは分かるんですが、明らかに回っていません。こっちもお昼でそんなにのんびりしていられないし……ということでもう一度声を出すと、「わかってますからぁ! 何度も言わなくてもぉ!」と怒鳴り返されてしまいました。ちょっとお怒りのようです。

他にも同じようなことになってるグループが幾つかあり、結局その後更に3分くらいしてようやく店員さんが来てくれました(注文とりにくるのに6分くらいかかってるわけです)。相席でということばどおり、次のグループが2人私たちの隣に案内されてきていましたが、彼らは私たちと同時に水やら注文が可能だったので、相当快適だったんじゃないかと思います。

蕎麦は変なの頼むより日替わり頼んだほうが早かろうという読みが働いて日替わりを注文。実際早かったしそこそこ味はおいしかったです。

しかし、水(正確には麦茶でした)のおかわりもしづらい、ゆったりとした気持ちで食事をとることもできず、変なイライラが募ってどうも行ってよかったとは思えませんでした。

私は別にグルメでもなんでもないので雑誌に載ったとかTVに取り上げられたとかいう「美味いもの」を無理して食べようとは思いませんけれど、必要があって外食をするとき、「美味しいものがある」と訊けばじゃあ行ってみるかと思う程度にはミーハーだし味を気にするタイプです。

しかし、こういう外食の味わいってのは単に食事の味そのもののことだけじゃなく、雰囲気とか環境みたいなものも大事ですよね。いや、その辺は個人の好み次第というところもありますが、私は結構気になるタイプです。家で作るご飯だと問題にならない「サービス」の部分だけに、よりいっそう。安くて美味しくても、どうしようもない接客のせいで二度と行かないと思っちゃうようなお店もありますし。

まあそんなわけで、慌ただしい食事であったとしても気持ちよく食べられるのが一番だなぁと思った次第。これならまだ、立ち食いそばでさくっと済ませたほうが精神的によかったかもしれません。
《自己紹介》

エロゲーマーです。「ErogameScape -エロゲー批評空間-」様でレビューを投稿中。新着レビューのページは以下。
 ▼OYOYOの新着レビュー

ご意見、ご感想があればメールフォームからお寄せ下さい。面白かったよ! という時は、彼女に拍手してくれると喜びます。


記事検索
応援バナー(1)
シルキーズプラス A5和牛 『バタフライシーカー』

あけいろ怪奇譚
バナー(3)
AXL新作第12弾「恋する乙女と守護の楯~薔薇の聖母~」 2016年2月26日発売予定!
発売中応援作品
メールフォーム
Twitter
応援バナー(2)
『夏色ラムネ』を応援中!


もっと!孕ませ!おっぱい異世界エロ魔法学園!

情熱FX大陸