よい子わるい子ふつうの子2(仮)

18禁PCゲームをメインに、ラノベや漫画についてもダラダラ話を書きます。長文多いです。

2014年06月

プレミアムカルピス━(゚∀゚)━!

たまたまローソンに入ったら、「プレミアムカルピス」が売っていたので購入!!

好きなんですよ、プレミアムカルピス……。

precal

メーカーのHPを見ると、5月19日から限定出荷されていた模様です。うう、一ヶ月も前だったのか。

 ▼「プレミアムカルピス」 
precal2

市販のカルピスウオーターは、なんか味が微妙に薄いところへもってきて、飲んだあと喉にまとわりつくような甘みがあって、口の中がネバっとする感じがあるのでどうも苦手(カルピスソーダも同じ)なのですが、プレミアムカルピスはしっかりした味わいなのにスッキリした甘みで、ねばっとした感じもありません。まさに理想のカルピス。あと、香りも良い気がします。気のせいかな(笑)。 

ともあれそんなわけで、プレミアムカルピスを5本くらい買って冷蔵庫にぶち込みました。 割とオススメなので、甘いもの・カルピス好きな人は是非お試しあれ。

大図書館のアニメかい?

今年の10月ごろに公開予定のアニメ・『大図書館の羊飼い The Animation』の情報が出始めました!!! 

 ▼「大図書館の羊飼い The Animation」 
anidaito00

・・・・・。

kyabe2

………うっ、急に頭が。

だ、ダイジョ~ブなんでしょうか。単体として見るとそんなに変でもないっていうか可愛い絵柄なんですが、原作アリで考えると「おや?」と思ってしまう。「活動日誌」にあるラフスケッチを見る限り、結構いい感じのラフスケッチなんですが……。(転用禁止になっているため、URL貼り付けのみで)

 ▼「活動日誌」(「※準備稿につき、変更の可能性があります。」だそうで)

SDだから様子がかわるのは仕方ないにしても、これ水結さんっすか……。ううん。アリか……? 割と微妙なラインやな。

anidaito01
After

miyu
Before

もともとの(べっかんこう先生の)絵に慣れているせいでしょうか、やや違和感が拭えません。アニメあんまり見ないし、プロが作ってるわけですから、動くとまた違ってくるのかもしれませんが。

anidaito02
慣れてる方。

いや、キャラクターの造型とか表情とか、そういうのはもうこの際オリジナルっぽくなっても仕方ないと思うんですけど、なんというかのっぺりした色合いが気になるというか、べっかんこう先生の絵って立体感と透明感がスゴイナーと思っていて、その辺がスポイルされてる気がしないでもない。ゲーム版大図書館のOPアニメでも、少し感じていたことです。



アニメでそれ(ゲームのCGの雰囲気)をそのまんま出すのは無理だとしても、「アニメの表現に」翻訳することを期待してしまうのです。

絵柄ということで言えば、まああんまり似てないとは思います(それが悪いとは思いませんが)。それにしても、『FA』や『けよりな』など、べっかんこう先生の絵がアニメになるのはこれが初めてというわけでもないのに、いまいち再現性が高くないのはどうしてなんでしょうね。それだけ難しい絵なんでしょうか。「FA」のときは結構いい感じにも見えたこともあったのですが。

あだち充先生や高橋留美子先生なんかには、かつて、その漫画家の絵ならおまかせ! という専門のアニメーターさんがいたそうです。べっかんこう先生にも将来的にそういう人があらわれれば……。いつか「ユースティア」もアニメ化してくれんかな~。

で、私みたいな普段アニメ見ないトーシロがこういうことを言うと、アニメ制作会社から「原作厨は石ころ未満」とか言われそうですし、そうなると人気絵師の作品をアニメ化するのはリスク高いなーとかになって今後同様の企画が敬遠されたりするとシャレにならないのでこの辺りで。

とりあえず、あとは「悲劇」が繰り返されないことを月に祈っておきます。

anikeyo00
語りえぬものについては沈黙しなければならない。 

エロゲーの店舗特典と追加要素

エロゲーの特典で「キャラクターのシーン追加パッチ」というのがありますが、初回特典や予約特典ではなく「店舗特典」だった場合、どの店舗でも同じシーンが追加されることはなく、店舗によってシーン内容やキャラクターまで違う……ということがほとんどです。

crl
『クリムゾンルナティクス』(2014、Triangle)の店舗特典の一部。

こういうやつですね。で、個人的にはこれはキツイなぁと思うわけです。なぜって、発売前に好きなキャラは分からないから。こんなの今更言うまでもなくあちこちで言われていることだと分かってはいるんですが、ドラマCDやテーマソングCDの場合「中の人」(声優さん・歌い手さん・作曲家etc)で選んだり、あるいは楽曲の好みで選ぶということが一応可能です。

ただ、Hシーンは……。

いや、もちろんシチュエーションで選ぶ、というのはありえるにせよ(裸エプロン大好きとかね!)、やっぱり基本的にはお気に入りのキャラのシーンを見たい、というのが上位に来るじゃないですか。そりゃ歌もテレカも同じですけど、エロゲーでHシーンというのはやっぱり特別だと思うのです。

これは私の考えですが、店舗特典は基本「おまけ」です。あってもなくても、作品本体とはあまり関係のないオプションとしてのお楽しみ要素。しかし、エロゲーはなんだかんだでHシーンを見るために買う(人が多い)わけですから、「買ったお店が違うと見られないHシーンがある」というのは何かもやっとしますし、挙句、ゲームプレイ後に気に入ったキャラのシーンが1つ無い……というのは残念過ぎます。

特典をめぐっては色んな「視点」がありえるので念のため整理しておくと、ユーザー差別を問題にしているわけではないです。予約したら一律シーンが追加されたりキャラが追加されたりということなら、「最初から応援してくれていた人」への差別化としてしょうがないかなと理解できなくもないんですけど(納得するかは別として)、発売前人気投票の延長みたいな感じでHシーンひとつを選ばねばならないというのは、未来予知能力を持たない私にはハードルが高いという、まあそんな感じの話です。

たとえば、次のような感じだと納得できるんですけどね。

 (1)店舗特典付きエロゲーを買うと、個別のコードが配布される。
 (2)そのコードを入力/郵送したら、店舗特典シーンの中から好きなものを1つ選んで貰える。
 (3)特典のハケた数に応じて、店舗には売上金が支払われる。 

穴だらけのシステムですけど、たとえばの話なので。お店の側からすると「特典による(売り上げの)差異化を図りたい」。ユーザー(主に私)からすると、Hシーンに関してはゲームやったあとで誰のシーンにするか決めさせて欲しい。その2つを満たすには、ユーザーがあとから自由に選択できて、かつ売り上げが正確に店舗に割り振られるシステムが求められるわけで……。

まあ無理か。特典系は全部ネットとかにできれば話は変わるかもしれませんけど。

結局、こういう難しさを感じている原因というのは、私の考える「特典」というものの位置づけが、もはや変わってきているのかもしれません。 エロゲーの特典のありかたの話というのは、過去にブログでも何度か書いてきましたが、ユーザーの捉え方・メーカーさんの捉え方・販売店さんの捉え方がそれぞれ少しずつ違うのでしょうし、また変化もしているのでしょう。

その辺、色々調べていずれちゃんとした話ができるようになればいいなぁ。(2日連続の放り投げ)

求めよ、さらば与えられん

求めよ、さらば与えられん。
尋ねよ、さらば見いださん。
選べよ、さらば開かれん。

美少女を求むるものは得、
尋ぬる者は見出し(攻略サイトとかで)、
選択肢を選ぶ者は開かるるなり(股が)。

と、『性書』に書いてあるかどうか定かではありませんが、昨今のエロゲーはいわゆる「恋愛ADV」で、選択肢を選べばヒロインとのゴールにたどり着くというのがスタンダードな形式です。

ただ、私がエロゲーに足を踏み入れた当時は、『ときメモ』などの影響もあってか、「育成SLG」というのが美少女ゲームの一大勢力として影響力を持っていました。ときメモ、卒業、悠久幻想曲、メルティランサー。主人公でなく女の子を育てるタイプになりますが、『プリンセスメーカー』なんかもまあ、ある意味それにあたるでしょう。エロゲーだと『Piaキャロットへようこそ!』あたりがぱっと思いつきます。にんじんがステータスのやつ。 

pia1
初代ピアキャロ。右側がステータスになっていて、日々の行動で変化する。

さとみはかわいいなあ!!!

……っと、失礼しました。ともかく、最近ああいうのあんまり見ないよね~っていう話をなにげに友人に振ったら、「そりゃめんどくさいからね」って言われました。まあそうよね。時間もかかるし。

ただ、個人的には結構好きだったんですけどね、育成SLG。

ヒロインによって必要なステータスが違ったり(容姿気にするヒロインとか、財力気にするヒロインとか)、能力値のバランスでイベントが変化したり……。

ただ、一体何が好きだったのかといわれると難しい。友人とだらだらしゃべっていたんですけど、単純なゲーム性が好きだったかといえば、多少はあるにせよ、そこまでこだわるほどでもなかったと思います。

ぶっちゃけゲーム性だけで言えば、途中から作業になるし。そしてまあ、作業だからめんどくさくなるんですよね。どうせ攻略本見たり、あるいはセーブ&ロードで適当に調整できるなら、はじめから「ただの選択肢」でもいいじゃん。時間の無駄じゃん、となるのもわからんでもない。だから、本質的には遊べるとか遊べないとかいうゲーム性みたいな話じゃなかったんだろうという結論に達しました。

じゃあ、何があったのか。2人しておちついたのは、「求めてる感」じゃないかというところ。

選択肢で「選ぶ」というのは、確かに女の子を求めてはいるんですけど、基本お店に陳列されている商品から選んでいるにすぎない。でも、そもそも誰のイベントが発生するかもよく分かんないステータスをあげたり、条件をクリアしてヒロインに振り向いてもらおうとするのは、こっちがヒロインを追いかけている感じがあって、それが楽しかったのかもね、と。

そう考えてみると、ステータスや育成要素がほとんどないelfの『同級生』なんかに同じような楽しさを感じていたのも納得できる気がします。

最近だと『LOVELY×CATION』なんかがそういう育成要素を導入していましたが、あれに同質の雰囲気を感じなかったのは、ステータス制こそ導入しているものの、ヒロインを追いかける要素が希薄だったからかもしれません。逆に、ソフトハウスキャラさんのゲームなんかには(システム的なもの以上に)育成SLGの名残を感じることがあります。

まあ具体例のあたりは無責任に好き勝手言っていますが、エロゲーのヒロインに「追いかける相手」という性質が薄れつつあるんじゃないかなーみたいな話は、それなりに2人ともうなずけるところがあって盛り上がったのでした。ガツガツしない、草食系エロゲーマーみたいな? ちょっと違うか。

もう少しこの辺つついてみて、きちんとした論述にできたら面白く……なるかなあ?

だいしゅきホールドの「反対」

だいしゅきホールドの反対語って」という2chスレッドのまとめを読んでまして。

 あ、「だいしゅきホールド」っていうのはこういうやつです。

daisyuki00
すぎ恵美子 『げっちゅー♥』

 ▼「だいしゅきホールド」(ニコニコ大百科)
正面から相手に抱きつき、相手の腰周りを両足でくわえ込みロックする体勢のこと。
言葉で説明するより、下の静画を見てもらったほうが早いだろう。
行為自体は太古からあったと思われるが、名称は「挿入中に足をガシっとしてる二次画像ください」というスレッドで誕生。(ちなみに古くからは四十八手にて「抱き地蔵」「足からめ」などの呼称があったとされる。)

最初はことばの上だけの話だったのが、次第にこれの反対というか逆の行為は何かということで盛り上がり、いろいろ挙がってました。

或る人曰く、「種付けプレス」。
daisyuki01

また或る人曰く、「ロメロスペシャル」。
daisyuki02

なるほど、どれも説得力があります。まず「だいしゅき」じゃない(行為を嫌がる)というのが前提で、男のほうがホールドすると種付けプレス、前方からホールドではなく背後から突き放す態勢になればロメロSP、という感じなんでしょう。たぶんですけど。

個人的には、背後から、上半身を「締める」ということで、チョークスリーパーかなと思うんですが、どうでしょうね。
daisyuki03

可能性はいろいろありそうです。

うなぎとファーストフード

いつ頃からだったか、吉野家やすき家で「うな丼」が出てくるようになりました。

もちろん、中国産の安いうなぎを使っているにしても(ちゃんと書いてます)、 安い値段で曲がりなりにもうなぎを食べられるなら、気分だけでもリッチになれるな~とか思っていたのも今は昔。最近は、そのうな丼の値段がアホみたいに上がってきました。

 ▼「鰻丼」期間限定販売のお知らせ(吉野家) 

吉野家だと、並盛り730円。二枚盛りだと1000円を超えてきます。すき家は800円。くら寿司は626円です。(※このうち、吉野家は税込み表示。すき家とくら寿司は税抜きで価格を表示しているので、かなりわかりにくいです)

これが去年だと、吉野家680円、すき家780円、くら寿司598円でした。明らかに消費税の値上りぶんよりUPしていますねぇ。

今年はうなぎが豊漁で、もう少しすれば値下がりするという話もあり、1000円近いお金を払ってファーストフードのうなぎを食べるくらいなら、ちゃんとしたお店に行こうかなぁという気がしてきます。

 ▼「ウナギの稚魚 “謎の好漁”で値下がり 消費者恩恵は「秋口以降に」」(SankeiBiz) 
 ウナギの養殖に使う稚魚シラスウナギの取引価格が、昨年の高騰から一転し急落している。昨シーズンは1キロ当たり300万円前後だったが、今年は漁獲高が回復し、現在では80万円前後と約3割の水準まで低下している。

 中国や台湾と取引する商社などによると、昨年11月時点のシラスウナギの輸入価格は1キロ当たり250万円以上と高止まりしていたが、今年に入り100万円を切った。

 国内でも九州、四国を中心に好漁で、養殖業者の仕入れは順調。昨年は、4月までに稚魚12トンが全国の養殖池に入ったが、今年はその量をすでに上回っているという。ただ、ウナギの生態は謎が多く、漁獲高が回復した理由も不明だ。

 活ウナギの卸価格は昨夏以降、1キロ当たり6000円前後と過去最高の水準。価格高騰に耐えきれず、閉業するウナギ店も相次いでいただけに「まずは一息付けた」(全国鰻蒲焼商組合連合会)との声が上がる。

 とはいえ、7月の最需要期にウナギが安価に出回るかどうかは微妙だ。養殖ウナギの飼育には約半年かかる。多くの業者は「土用の丑の日」に間に合うよう、稚魚が高値のまま一定量仕入れたとみられるからだ。

 大手スーパーのサミットは現在、レトルトパック入りウナギかば焼き(国産、約100グラム)を1580円で販売。仕入れ価格が低下し、消費者が値下がりを実感できるようになるのは「秋口以降になるのでは」(広報)という。 

どうも、うなぎが出回るにはタイムラグがあるそうで、今シーズン初期の取引価格はまだ高く、「いまだに史上最高値で(成魚を)買っている」状態なのだとか。つまり、いま食べられるうなぎは、「一番高い」やつなわけですね。コスパ悪いわ……。

残念ながら夏の時期には値下がりの恩恵が来ないみたいですけど、もう少し待てばガクッと値下がりする可能性もあるようなので、今年のうなぎはしばらく様子を見ようかなと思っています。1000円ちょいだせば、ファーストフードじゃないところでうなぎ食べられるくらいまで落ちてくるかもしれませんしね。

謎のご当地萌えマスコット・いずみ

友人が、箱根から伊豆へ遊びに行ってきたそうで、おみやげを頂きました。

Izumi01

伊豆の踊り子……かどうか知りませんが、萌えマスコットの伊豆海ちゃんクリアファイルです。どういうチョイスだ。しかも聞いたこと無いし。グーグルで「伊豆海ちゃん」をググったら、三島市国道136号線沿線「農の駅」在住の、豚のアイドルが出てきたんですが。知名度で豚に負けているとは……。現地では売り切れるくらい大人気だったということですが、ホントかよ。

それにしても秀逸なデザインですね。頭についているのは、愛用のわさび髪飾りだそうです。衣装は、金目鯛を意識しているのでしょうか。うろこっぽいし。ガーターベルトのところは、温州みかんですよね、たぶん。名産品のキメラみたいになってます。まあ、その辺はご当地キャラの宿命でしょうか。

しかし、このキャラ、裏設定が凄い。

Izumi02
文字通りファイルを裏返すと……。

なんと、年齢が23歳。微妙なお年ごろです。 職業は伊豆土産物屋のショップ店員だそうで。つまりこれ、コスプレっすか? いや、土地の神様がバイトしてるだけという可能性もありますが。

というか、なんで10代じゃなくて23歳なんだろう。18禁ネタになってもいいという意思表示? 苦手な食べ物のところにある「ゴーヤ」が意味深に見えてきます。 

ご当地萌えキャラといえば、私の中では和歌山県湯浅町・小原久吉商店の「みったん」(やまじシスターズ)最強なんですが、あれは地方の萌えキャラというより商店のマスコットだしなぁ。

mittan
みったん。(*´Д`)

やっぱり伊豆海ちゃんのように、ご当地の萌え要素を全部ぶちこんだ結果、収集がつかなくなるギリギリ一歩手前で踏みとどまっているあの感じは、そんじょそこらの萌えキャラでは出せない、奥深い味わいがあります。

まあ、何にしてもありがとうございましたということで。グーグル検索でプロフィールが調査できるくらいには、伊豆海ちゃんがメジャーになるのを遠くから祈っています。

まぜるなきけん。

ドラえもんとコロ助とゴンスケとパーマンが合体してロボットになると聞いて、なんかのネタかと思ったら公式でした……。

sfrobot

 ▼40th超合金 超合体SFロボット 藤子・F・不二雄キャラクターズ 


動画で、「超空間の入り口は、いつだって、どこにだって、ひらくことができる」というセリフがあるが、エロゲーマーとしては苦笑いするしかない。(参考: 「超空間とは」ニコニコ大百科)

脚パーツになってるドラミちゃんとコロ助が怖すぎる。 ホルマリン漬けにされた標本みたい。右手のゴンスケはドリルで、左手のパーマンはロケットパンチ担当なんでしょうか(笑)。よくぞこんな企画が通ったというか何というか。すごく不思議(SF)です。

あと、チンプイはネズミなんですけど、ドラえもんの下に配置して大丈夫なんすかねぇ……。

それにしても、21エモンは懐かしい。大好きなアニメです。宇宙スーツの設定とか、つぶれそうな旅館の立て直しとか、家業と夢を巡る少年の葛藤とか、いまでも心をくすぐるネタが満載。最終回でものすごくきちんと、物語の「終わり」を迎えているのも(打ち切りかとかは知りませんけど、そういうのと関係なく)印象良いです。

それまで、パーマンやオバQのように、日常の中に突如あらわれる非日常を描いてきた藤子先生が「未来という「非日常」を舞台に、今に通じる日常を描くことで新たな面白さが生まれると思った」というだけあって、等身大の、「自分もこうなりたい!」と思わせる力をもったキャラクターが魅力的でした。物語の世界の中に、自分を登場させやすいとでも言いますか。

あと、EDテーマだった、テンテンの「ベートーベンだねRock'n'Roll」が妙に心に残ってる。

昔はよくわからないけどノリの良い曲、くらいの位置づけだったんだけど、今になると歌詞の妙な面白さとか曲の凄さに唸らされます。



21エモン、もう一度アニメにならないかなぁ。映画リメイクとかでも大歓迎なんですけど。大人の事情でテレ朝が無理なら、謎のキョンシーブームも来てましたし、キョンシー映画も復活してるし、テンテン繋がりでなんとかなりませんか、テレ東さんあたり……。

長打率の話

某まとめサイトを読んでいて驚いたことなど。野球で「長打率」というのがあって、私、結構長い間「長打(二塁打以上)」を打つ確率のことだと思っていたのですが、これ違うらしいですね。

 ▼「長打率」(Wikipedia) 

長打率は、打数が記録される打席において打者が打撃によって獲得できる1打数あたりの塁打数の期待値(平均値)を表す指標である。以下の式で求められる。
 
 長打率 = 塁打÷打数 

これだとちょっと分かりにくいかもしれないので具体的に例を示しますと……。

あるバッターが、10打席立って単打(シングルヒット)3本であとは凡退だったとすると、10打数で3つ塁を進んだので、長打率は0.300ということになります。 

また、10打席でホームラン1本、あとは凡退という打者がいたとすると、彼は10打数で4つの塁を進んだので、長打率は0.400です。

仮に、10打席でホームラン3本、あとは凡退という打者ならば、10打数で12の塁を進んだので、長打率1.200となるわけですね。 

「長打率」ということばは、どうも「長打」とは関係ないし、「率」ともあんまり関係なさそう。ひたすら誤解を招きやすいネーミングだったというわけです。なんてこったい。

おかげさまをもって、ソフトバンクがCMで「熱血スラッガー松田宣浩、なんと2本に1本は長打(長打率.502 ※過去2年間) !」などと見当違いなことを言ったり、TVドラマ『ルーズヴェルト・ゲーム』で「【長打率】2塁打以上のヒットを打つ確率」と誤った字幕を出したりという悲劇が発生してしまうわけです。

長打も率も関係ないのに「長打率」とはこれいかに、というとんち問答みたいな話になってきましたが、おそらく、「1打数あたりの進塁打期待値」というのがある程度妥当な言い方ではないかと思われます。ただこれだと、一目見てピンとこないんですよね。しかも英語が「Slugging percentage」だったとは。そら「率」と訳したくなる……。

というわけで、おそらく多くの人が「勘違い」しているであろう長打率。名付けを間違ったかわいそうな奴の典型みたいになっているので、ちょっとでも誤解が解けるといいですね。いっそ、本当に「二塁打以上を打つ確率」というのを指標として作って、あらためて「長打率」と付け直したほうが早い気がします。

傘でイラッとすること

ブログネタ
気になる・気をつけてほしいと思う「傘マナー」ありますか? に参加中!
なんかlivedoorの「ブログネタ」なる機能でネタがあがっていたので、初使用がてら雨の日の傘ネタを。折しも今日、イラッとすることが立て続けにありましたので……。

▼其之壱 :雨の日の傘チャリと傘

umbrella
こういう傘にしようぜ……。画像は、ドラブペディアより。 

雨ということで、傘をさして運転している自転車がたくさんいました。しかし、透明な傘ならまだしも、不透明な傘で視界を自ら遮りながら爆走してくる自転車の危ないこと……。しかも駅前の歩道です。先日、自転車の話をしたところなので「またか!」と思われそうですが、私は自転車であまりいい目に逢わない星の下に生まれているようです。

ちなみに、「傘さし自転車は違法(あるいは違反)」という論調がありますが、どうもこれは、完全に正確な話ではないようです。傘さし運転は、「道路交通法第71条(運転者の遵守事項)第6号に基づき、各都道府県の公安委員会が、地域の実情により、必要に応じて」定めています(参考: 「公益社団法人自転車道路交通法研究会 "JABLaw"」代表理事のブログ)。 つまり、自治体によっては傘さし運転をしてもOK、というところがあるわけです。……とはいえ、長野県のみなんですけどね。

2014年6月現在、全国の中で長野県のみ傘さし運転には何の罰則もついていませんが、来月からは長野県でも禁止されます(参考: 長野県警察「自転車等の傘さし運転等の禁止」)。なんというタイムリーな話題。でも、梅雨に入る前に施行しろよという気がしないでもありません。

また、「さすべえ」のように傘を自転車の車体に固定するタイプのものを「法令違反」とする論調も多いですが、「かさをさして(車体に固定した場合を含む。)、自動二輪車、原動機付自転車又は自転車を運転しないこと」と明確に表記している三重県のような自治体は希で、たとえば東京都は東京都道路交通規則第八条にもとづき、「傘さし運転、自転車で携帯電話を使用しながら(画像注視も含む)等の運転」に罰金を科しているものの、「傘を車体に固定」することを明確には禁じていません。(※禁じているか否か、解釈の余地がある、ということで、実際に処罰されないといっているわけではないです)

ともあれ、片手で傘をさしながらの運転というのは原則禁止。罰金一直線なわけでして、もうちょっと考えてほしいなぁと思います。乗るならさすな。さすなら乗るな。こういうマナー意識が自転車乗りの間で共有されない限り、自転車を巡るトラブルというのはなかなか解消されないかもしれません。


▼其之弐: 傘の取り違え

umbrella02

今日、定食屋さんでお昼を食べおわって帰ろうとすると、私の傘がなくなっていました。私が出ようとした時、店内に残っていた2人はどちらも折り畳み傘を持っており、傘立てには私のものと似たような傘が残っていたので、誰かが間違えて帰ったのでしょう。

お返しに、その人の傘を持ってかえればよかったのかもしれませんが、幸いその時間帯は雨がやんでいたこと、割と気に入っていた傘だったので「代わり」にはならないこと、残っていた傘が結構ボロかったこと、サイズが小さかったこと(私のは70cm傘、残っていたのは60cm傘でした)などから、どうせゴミになるし、諦めて戻りました。

意図的なものなのか故意ではないのかはわかりませんが、コンビニやお店で傘を「間違える」のは勘弁してほしいですね(パクられるのは、これはもうしょうがないです)。目印に、傘の取っ手の部分にテープを巻いておいたりしたほうが良いのでしょうか。

取り違えを防ぐアイテムとして割とメジャーなのが、傘の取っ手につけるアクセサリ「レインポップ」。色は派手すぎて(目印だからしゃーないんですが)どうかなと思うものの、それほどじゃまにならないし、引っ掛けるときの助けになって実用性もあるし、割と良いんじゃないかと思っています。

umbrella03
傘の取っ手につけるアクセサリ、レインポップ。400円ほどで安心が手に入る。


▼其之参: 傘と乗り物

電車通勤をしている身としては、雨の日の傘で一番こまるのは、車内での扱い。

他人の傘が当たると服や靴がぬれるし、自分の傘が他人に当たるのも気になる……。折り畳み傘にして、ナイロンの袋か何かに突っ込めば、自分が他の人に被害を与えることは防げるのですが、他人からの被害はなかなかシャットアウトできません。

まあこれは抜本的な解決が全く思いつかないので、甘んじて受け入れるしかないでしょうかね……。


▼其之四: 傘袋入れにゴミを捨てるな!

これマジで困るんですけど、傘袋入れを「ゴミ箱」扱いして、ティッシュやら空き缶やらを入れる人。ホント勘弁してください。空き缶用ゴミ箱にふつうのゴミを突っ込むのも同じ心理作用なのかなー。片付けをする側からすると、分別をしないといけないので、鬱陶しいことこの上ないです。


というわけで、雨の日にイラッ☆とくることを並べてみました。ただでも雨が降ると気分が鬱々とするのに、こういうことが重なると余計雨が嫌いになります。迷惑をかけやすい雨の時こそ、いつも以上に気を配り、互いに気持ちよく過ごしたいところですね。
 
《自己紹介》

エロゲーマーです。「ErogameScape -エロゲー批評空間-」様でレビューを投稿中。新着レビューのページは以下。
 ▼OYOYOの新着レビュー

ご意見、ご感想があればメールフォームからお寄せ下さい。面白かったよ! という時は、彼女に拍手してくれると喜びます。


記事検索
応援バナー(1)
シルキーズプラス A5和牛 『バタフライシーカー』

あけいろ怪奇譚
バナー(3)
AXL新作第12弾「恋する乙女と守護の楯~薔薇の聖母~」 2016年2月26日発売予定!
発売中応援作品
メールフォーム
Twitter
応援バナー(2)
『夏色ラムネ』を応援中!


AXL新作第12弾「恋する乙女と守護の楯~薔薇の聖母~」 2016年2月26日発売予定!

情熱FX大陸