新年あけましておめでとうございます。

いよいよ年が開けてしまいました。 本年も当ブログをよろしくお願い致します。

さて、一発目の記事何にするかなんですが、去年の反省をきちんとしておこうということで、コミケの話から入ります。ちなみにOYOYOは、初日と最終日に参加して2日目は行けませんでした。ではまず、初日の話から。

【初日】 
6:10頃国際展示場正門着。西・企業列に整列。

始着・始発よりちょっと出遅れたためにずいぶん後ろのほう(横断歩道を渡ったあとの、立ったまま待機する列)になります。二時間半ほど暇だったのでふらふら周りを歩いていると、WA2イベントでおなじみの皆さんと遭遇・合流したのでそのままだべって時間を過ごします。まさかこれだけ人がいる中で偶然であえるとは思わなかった。世間は狭いものです。

実は初日は、特に欲しいものがあったわけでもなく、コミケの気分を味わうためだけに出かけたので、心は比較的平穏。のんびりした気分で周りを観察しながら移動開始待ち。ただ、やや苦痛だったのは整列時、近くに合唱部かなんかの人がいたこと。彼らが途中でアニソンやら何やらをアカペラで合唱しはじめまして……。おしゃべりするのとどう違うのか、と言われると困るんですが、やっぱりうるさいです。上手いのかどうなのかわかんないし。鳴り物ならすのと同等の行為と考えて、ひとこと言えば良かったのかなぁ。

9時過ぎくらいだったか、そのくらいから移動が始まり、外で開始時間を迎えました。

C85

上は、初日のビッグサイトへ向かう人の列。いい写真撮れた! と思っていたら、似たようなことを考えた人がいたようで(→「コミケに向かう人が神々しい」)ニヤニヤしております。個人的には神々しいオタクというよりは、教祖イブール(DQ5)にかしずく奴隷の群れっていう感じなんですが。

整列中に回る企業の優先順位を決めて、だいたい下のようにしました。
  1. Leaf/AQUQPLUS (なかむらたけし氏の原画集と、同好会ラジオCD 狙い)
  2. オーガスト (列に並んで、「オーガストの列さばきHAEEE!」って騒ぐ 狙い)
  3. サテライト (アニメ『WA2』の資料集・会場限定版 狙い)
  4. モバゲー (モバマスの紙袋とか 狙い)
サテライトとモバゲーは優先度低め。サテライトは『戦姫絶唱シンフォギア』のスタッフ本が出るとかで大量の人が押し寄せそうという話があり、ここに並ぶのは死地に飛び込むようなものだったから。モバゲーは全てのアイテムが無料配布で、特にどうしてもほしいものでもなかったから。

▼Leafブース
というわけで、初手はLeafブースに行ったのですが……。これがキツイ。レジ数が少なかったのに加えてグッズがきちんと分けられていない(たとえばCDを買うとついてくる特典の色紙が、ちょっと離れて置いてあるのでとってくるのに時間が掛かる)こともあって、列の消化が遅い遅い……。10時半過ぎくらいに並んだのですが、その後少しして列が飽和し、列形成が中止(しばらくの間、新しい人を並ばせない)となりました。湧き上がる怨嗟の声。

12時前には何とか購入できましたが、今回Leafさんは「コミケセット」として販売しなかったせいだと思いますが、紙袋は別渡しでした。これまでは、コミケセットを買うと紙袋がついてくる。他のグッズだけだと紙袋ナシだったのを、何買っても紙袋つけてくれるわけですね。まあそれはありがたい。ありがたいけど、大量のグッズを素でどばっと渡されると、受け取った後が相当大変です。しかも、乱暴に扱えないむき出しのスティックポスターとかついてるし……。

私は手提げ袋を用意していたからまだマシでしたが、リュック系の人は両手が塞がってどうしようもなくなり、ブースを出たところで荷物整理をしているひとが非常に多かった。お陰で、リーフブースの出口周辺は非常な混雑を見せていました。この辺は、昨日今日コミケに来た素人じゃないんですから、ちょっと工夫があってもよかったんじゃないかなぁと思ったりします。

▼オーガストブース
で、これと対照的な「プロフェッショナル」さを発揮するのがオーガストさん。ここはもうマジすごいです。列形成はLeafさんと同じくらいかちょっと短いくらい。とりあえず会場外のスロープの一番下が最後尾だったのでそこに並びました。で、その最後尾からツイートを投稿します。

これが12時18分。そして……。

これが12時26分。なんとスロープの一番下から買い物終了まで10分かかりませんでした。信じられない列さばき……。マジヤバい。

でも個人的にはオーガストブースの凄さは、その早さだけではありません。スピードを維持しつつ、しかも対応が異様に丁寧というのが凄い。たとえばですが、待っている間、少し列が進むとスタッフの人がはがきサイズの紙を配ってくれます。それは、べっかんこう氏のイラストがついた挨拶状兼ブースの「おしながき」。ちょっとした工夫ですが、待っている暇な時間を利用して買うものをあらかじめ決められるし、また待ち時間の間にイベントが起こることで「進展した」感じがあって気慰みになります。こういうところで地味にストレスを溜めない工夫がある。

また、オーガストさんはコミケセットを買うと紙袋がついてきます。今回のLeafさんとは違うパターンですね。で、コミケセット以外のものを購入した場合、必ず「これも紙袋に入れてよろしいですか?」と訊いてくれます。これは、毎年のことなので間違いない。ポイントは、何も聞かずに入れるわけでも、入れずに手渡しするわけでもなく、きちんと相手の希望を訊いてから対応する、というところです。

また、ブースで買い物をするときに無料配布の小冊子類を貰えるのですが、それを手に持っていると「そちらも一緒にお入れしますか?」みたいに訊いてくれます。神対応です。

そして、手渡しの時にはこっちの目を見てはっきりわかることばで挨拶しながら、紙袋をきちっと広げて渡してくれました。目を見られるとキョドっちゃう人がいるかもしれないし、紙袋をきちんと広げるのは会場の混雑を考えるとほとんど無意味です。どうせすぐぺしゃんこになるでしょう。しかし、こういうきっちりした対応をしてもらえると、やっぱり気持ちいいです。そして、それだけのことをやってもスピードは全然落ちてない。むしろどこよりも早く列を消化。対応が雑になるのは時間短縮のためだ、という言い訳を雲散霧消に打ち消してくれます。

まあ、スピードに関してはブースの幅が大きく、12レジも設置していたから(かつそこに配備するだけの人件費をかけているから)っていうのはありますけどね。ただ、レジが多いからといって(おそらくは外部雇用の)コスプレイヤーさんたちのセールス対応の質があがるわけではないので、これはオーガストさんがきちんと「指示」をしている賜物だろうと思っています。

ゲームのほうも含めて、クオリティコントロールが行き届いているというか、これぞプロだなっていう感じ。夏コミの時にも書きましたが、オーガストさんは本当に「凄い」としか言えない……。企業は「プロ」として出店しているわけですからある程度デキるのを期待してしまうのですが、それを差っ引いても頭が下がります。

オーガストさんで買い物をすると気持ちよくコミケを回ることができるので、私は「回復の泉」と呼んでいます。

▼モバゲーブース
紙袋は配布終わってました。まあもう12時半だったしね……。冊子とカードセットを貰って撤退。

▼ラッセルブース
AXLさんの、『百花繚乱エリクシル』どんぶりを目指して向かったのですが、売り切れていました……。

▼音泉ブース
「WHITE ALBUM2 同好会ラジオ」ぽかぽかセットを購入。列形成はまったく無く、待ち時間ゼロで買えました。

▼サテライトブース
結局並ばなかったもののサテライトブースはかなり悲惨だったようで、サークルチケ先行入場で前の方に並んでいたのに、延々待たされたとかそういう話がガンガン聞こえてきます。どうやらレジ数が2しかなかったうえに手際もそんなに良くなかったようで、あっという間に列形成打ち切り。み動きがとれなくなって爆死する人が出たようです。

私は、WA2フラワースタンドクラスタのお友達が協力プレイを申し出てくださり、おかげ様をもって無事資料集をゲットすることができました。minamikosukeさん、ありがとう!

で、後は会場をふらふらっと回って早めに撤退(その後仕事だったので……)。初日は終了しました。今回のコミケは寒さもそれほどではなく、去年……じゃなかった、一昨年の冬コミ(C83)のように雨に見舞われたり、夏コミ(C84)のようにコミケ雲が出るほどの酷暑に見舞われたりしたことを思えば、非常に良い環境で楽しめました。

その他の雑感として、携帯の電波の通りが非常に良かったです。今回は電話通じない、メール通らない、ということが(初日、3日目とも)ほとんど無かった。さすがに多少悪くなることはありましたが、携帯電話会社の皆さん、本当にありがとうございます。皆さんのクロウのお陰で、快適なコミケを楽しむことができました。

あと、艦これ本当に人気爆発でした。あっち見ても、こっち見ても艦これ。そんな感じ。

とまれ、参加者の皆さま、お会いした皆さま、お疲れさま&ありがとうございました!

明日は3日目の話を書くつもりです。