そろそろ宣伝打っておかないと……ということで、コミケのお話など。

以前にも申し上げましたが、今回もサークルELOGOSとして参加いたします。

日時:12月30日(火曜日)
場所:西地区 「め」 ブロック 26a

です。

内容ですが、今回はちょっと変わった企画です。来年でlightさんが15周年を迎えるのですが、サークルメンバーにlightファンが多いこと、また最近lightさんがDL販売で旧作を提供しはじめたためそちらに注目が集まっているということもあって、lightの全作品をレビューしてみよう! という無茶苦茶な企画を立てて、なぜか通ってしまいました。

というわけで、lightファンブック『Light MAP ~lightのあるきかた~』という本を出すことになります。実は原稿がカツカツでまだ仕上がっていない人もいるのですが、かなり豪華な執筆陣です。そのあたりのことについては、明日か明後日にお知らせできると良いなと思っています。

また、これはOYOYO個人のことなのですが、お友達のMirinさん(@hon_mirin) のサークルで頒布予定の『2004年ノベルゲーム批評本』に、寄稿させていただきました。実は既に印刷所への原稿提出まで完了しておられるようで、サンプルデータを頂いております。目を通したのですが、10年前、2004年の作品を通してあの時代の息づかいを感じ取れるとともに、それを見ている「いま」のエロゲーマーの目線というのも相対化できる、非常に興味深い内容でした。まあそれ以前に、いまのエロゲーマーが思い入れを持っている大量の旧作レビューが読める、というのはそれだけで面白みがありますね。



ちなみに私は、『凌姫』と『Fate』の2本を書かせていただいております。『Fate』のほうはちょっとイレギュラーというか、MirinさんがTwitterで書き手を募集しておられたのですが誰も手を挙げなかったようで、私が締切をプッチしてしまったお詫びの意味も込めて書かせていただきました。実は『Fate』については過去に某所でちょっとだけ文章を書いたことがございまして、しかしそのとき書ききれなかった内容、言い足りなかったことなどがあって忸怩たる思いを引きずっていたのです。完全な新原稿でないのがいささか失礼かとも思いつつ、お許しをいただいたので、大幅に再構成&書き直ししてそのあたりのことを詰め込んだ内容になっております。私の『Fate』の話もう読んだぜという人も、読んで頂ければと思います。

Mirinさんのサークルは、3日目(火曜日)西 め-20b に出展予定。うちのサークルと物凄いご近所さんです。是非おたちよりください。ついでにうちにも着てくださると嬉しいです(笑)。

このような楽しい企画に参加させていただき、Mirinさん、ありがとうございました。 

というわけで、C87関連の告知第一弾でした。また順次告知をしていきますのでよろしくお願いします。