紅白歌合戦の参加者が発表されました。もうそんな時期なんですね。

 ▼「【紅白】出場歌手決定 初出場はV6、HKT48、薬師丸ら5組」(オリコン)

以下、出場歌手一覧(カッコ内は出場回数)

【紅組】絢香(7)、E-girls(2)、いきものがかり(7)、石川さゆり(37)、HKT48(初)、AKB48(7)、SKE48(3)、NMB48(2)、神田沙也加(2)、きゃりーぱみゅぱみゅ(3)、香西かおり(18)、伍代夏子(21)、坂本冬美(26)、椎名林檎(2)、天童よしみ(19)、中島みゆき(2)、西野カナ(5)、Perfume(7)、藤あや子(20)、松田聖子(18)、水樹奈々(6)、水森かおり(12)、miwa(2)、May J.(初)、ももいろクローバーZ(3)、薬師丸ひろ子(初)、和田アキ子(38)

【白組】嵐(6)、五木ひろし(44)、EXILE(10)、関ジャニ∞(3)、クリス・ハート(2)、郷ひろみ(27)、ゴールデンボンバー(3)、三代目 J Soul Brothers(3)、SMAP(22)、SEKAI NO OWARI(初)、Sexy Zone(2)、T.M.Revolution(5)、TOKIO(21)、徳永英明(9)、AAA(5)、長渕剛(4)、氷川きよし(15)、V6(初)、福田こうへい(2)、福山雅治(7)、細川たかし(38)、ポルノグラフィティ(13)、美輪明宏(3)、森進一(47)

そんな中、いつもの「あの方」のお名前が見当たらず……。どうやら「落選」されたようです。

 ▼「浜崎あゆみ、紅白落選…連続出場15回でストップ「ひとつの終焉」」 (スポニチアネックス)

歌手の浜崎あゆみ(36)が大みそかの「第65回NHK紅白歌合戦」(午後7・15)の出場者リストに入っていないことが22日、分かった。NHKと浜崎側で意思確認もしており、デビュー翌年の1999年からの連続出場は15回で途絶える。浜崎は「ひとつの終焉(えん)」と話している。来年からシンガポールを拠点にした海外活動を本格化させる意向で、紅白との決別は、海を渡る“あゆ”の象徴となりそうだ。

私は紅白を熱心には見ませんし(コミケとかで疲れてることが多いですから)、正直浜崎あゆみのファンでもなんでもないのですが、私の学生時代「歌姫」としてブレイクし、そこから15年続いていた連続出場が途切れた、という話を聞くと、ひとつの時代の区切りみたいなものを感じます。寂しさとかそういうセンチメンタルなものではなく、「ああ、こうやって時代は移り変わっていくのだな」という感慨。

ビジュアル系やらが流行っていた子ども時代、いかにも古めかしい昭和の歌謡曲がTVに映るたび懐かしそうに聴いている両親の姿を見て、「今の曲のほうが断然良いのに……」と思っていましたが、今になってようやく、ぼんやりとですがその気持ちが分かるような気がします。

きっとあの時両親は、歌を聴くだけではなくて、時の流れを感じていたんだろうなぁ。また、そういうふうに時代を思い出させてくれるからこそ、歌というのはいつになっても楽しく聴けるのかもしれません。