この前「無理やりでもインプットしましょうね」みたいな話をしたときに、どうも無理に詰め込んでも忘れてしまう、というお話を受けまして……それは私もそうなんですよね。

んで、私もこのままでは駄目だということを、悟りました。若かりし頃に。そこで私は、「読書ノート」というのをつけてみることにした。すると、これが案外良かったんです。なので、今日は手前味噌で恐縮ですが、ちょっとその話を。

と、大仰な前置きをするほど大したことをしているわけでもなくて、単にノートに読んだ本の内容をメモしているだけ。たぶん、読書家の人なら似たようなことをやっている方も多くおられるのではないでしょうか。

ただやり方にオリジナリティというか、幾つか私なりの「コツ」を用意しているので、それをご紹介しようかなと。あ、ちなみに、ここで想定している読書の対象は、基本的に論説系のものです。よくてエッセイまで。小説等は含みません。

まず、ノートは1冊の本につき1ページを使います。分量が多い本については見開き1ページにします(要するに2ページ)。で、まず目次をノートに写す。目次の隣には、読み始めた日付と読み終えた日付を書きます。

たとえば、こんな感じ。