今日、東京駅八重洲口で友人と待ち合わせをしていたところ、二回ほど「~さんですか?」と話しかけられました。ビジネススーツを着ていたんですが……取引先の待ち合わせの人と勘違いされたんでしょうか。だとしたら、ちゃんと目印とか打ち合わせておいたほうが良いと思うのですが。

そういえば最近、ネット繋がりの方とお会いすることが増えまして、そのたび「目印」の選定に微妙に苦労します。

「緑色のカーゴに、白のTシャツで……」などと服装を説明してみたりもしましたが、存外難しい。

たとえば「デニム」と言ってみたところでイメージされるものは十人十色。名前のよくわからない衣服をまとっていることもままありますし……。「ハンチング帽」とか言われてもちょっとわかりません、という私みたいなおしゃれ音痴が他にもいらっしゃるかも。ただ、色合いとかは参考になるでしょうね。

また、分かりやすい場所だからといって人が多いところは苦労します。個人的にフザケンナと思うのは、「渋谷ハチ公前」と「新宿西口交番前」。人多すぎですわ……。分かりにくいし、人に酔って疲れるしで良いことなし。分かりやすいけど行きにくい、んな感じ。

やっぱり場所と持ち物をうまく組み合わせるのが最強です。そこそこ人が少なくて分かりやすい場所を指定して、「他にこんなの身につけてるヤツいないだろ!」くらい目立つアイテムを装備していく。これ最高。アキバとかでオフ会やる時はキャラクターTシャツとかいいですよね。

ただ、仕事帰りとかになるとなかなかそういう服装で行くわけにもいかず……。キャラクターのショルダーバッグとか缶バッジつけた帽子とか、そういう持ち運びに便利なものがあると良さそう?

このエントリーをはてなブックマークに追加