本日は、久しぶりに秋葉原でpomさんと合流。

珈琲貴族さんのサイン会に並んだのですが……。その帰りに、2013年7月26日に発売されたHeartsさんの新作、「こいそく」こと『恋咲く都に愛の約束を』のサイン会が実施されるということを教えて頂きました。

「こいそく」は、昨日まで全くノーチェックで買うつもりが無かったのですが、パッケージの絵があんまりにも魅力的だったので衝動買い。

3e65157e.jpg

「こいそく」パケ絵。眼の色も含めて補色を取り入れた、鮮やかかつさわやかな配色が見事。

11時からの配布だったので10時45分くらいに現地に向かったところ、30分くらいから列形成が始まっていたようで、かなり後ろの方に。私はギリギリで整理券をもらえたのですが、私より更に少し遅れたせいで、私に情報を教えてくれたpomさんの前で整理券が切れてしまうという悲劇に……。100入ると思っていたら、70人だったんですね。キツイワー。

まあそこで「じゃあ私のぶんを差し上げますんで行って下さい」などとは言わず、「ごめんなさいね」と言いながらちゃっかりイベントには自分が行くのが私です。18時からの「第三部」に参加してきました。(一部と二部については「オフィシャル告知」参照)

会場はソフマップ1号館の7F。サインをしてくださるのは、「こいそく」の原画を担当された、なつめえり先生とうらび先生。そして同日『戦刃乙女』を発売なさったでぼの巣製作所のメイン原画家・山本和枝先生の三名。豪華です。

スタッフさんも作家のみなさんも砕けた感じで、始終和やかムードでイベントは進行。サインの時にひとりひとりのユーザーと、割りと長く話をしてくださいました。

私はなつめえり先生に、「パッケージがすごく良かった」とお伝えしたところ、今回のパッケージはえり先生がはじめて一からデザインされたのだとおっしゃっていました。パケ絵とかって絵師さんじゃなくてメーカーの人から指定が来ることが多いので、うまくいって良かったです、とのこと。

私には細かい傾向とかわかりませんが、メーカーさん視点と作家さん視点だと、やっぱり色合いやキャラの配置なんかは変わってくるんでしょうかね。

うらび先生には、オススメキャラをうかがってみたのですが、「お姉さんキャラが大好きなんです」というお話。このラインアップだと 一色ヒカル 藤多このみさんですかね、たぶん。

山本先生には、ファーランドシリーズからの熱い思いをぶつけようとして微妙に失敗。その節は失礼いたしました。

そんなこんなでサインを頂いて会は終了。帰り道で大雨に遭って酷いことになりかけましたが、色紙だけは雨から守り抜きました。

ともあれ、お忙しい中時間をとってくださった三先生、企画してくださったメーカーの皆さん、ありがとうございました。楽しいイベントでした。できれば次回はもうちょっと整理券の枚数を増やすのも考慮にいれて欲しい……。

このエントリーをはてなブックマークに追加