先日購入した『聖もんむす学園』の初回特典が、こちらの「マイクロフィーバークロス」。要するにメガネ拭きとかになる布ですが、リン(ドラゴン娘)の翼膜をイメージしたということで、実用性・ゲームとの関連性があり、しかも置き場所に困らないという、非常にすぐれた特典だなーと思いました。

monmusu
右側のがマイクロフィーバークロス。手触りが良いそうですが、勿体なくてまだあけていません。

昔は特典といえばテレカとCDばっかりでしたが、最近は複製色紙やら設定原画集、布モノ(普通に買えば何千円という抱き枕カバーとかタペストリーも含め)も増えてきて、ぐっとお買い得感が増しました。逆に、何もついていないと物足りなく感じるくらいに。

しかし、ふと我に返ると誰でも気づくのですが、ぶっちゃけ置き場所に困るものがどんどん増えています。私は抱き枕持ってないので(この前コミケで危うく買いそうになりましたが)、カバーばっかり貰っても正直困る。あと、ポスターやタペストリーもそんなに飾る場所ないし!

特典はあくまで特典。初回特典無しも選べるのだから文句を言うのはお門違い。それは確かにそうなのですが、折角なんだから気持ちよく楽しめる特典が欲しいというのも人情。CDとかとセットで、否応なしに他のグッズを受け取らざるを得ない状況というのもありますし。

私が抱き枕カバーを特にとりあげるのは、だいぶ「人を選ぶ」グッズだから。抱き枕の好き嫌いというのではなくて、そもそも枕持ってないと使えないですからね……。その点ではライトパネルなんかも同列です。それとも、私が知らないだけで今のオタクは抱き枕とライトパネルシステムくらい当然持っているものなのでしょうか……。

ブランドというか業界的には、特典でカバーやパネルを出すことで、受け取った人が枕本体やライトシステムを購入する、という循環を期待している部分もあるのかもしれません。それは別に悪いことではないと思いますが、諸手をあげて賛成という気にもなれない、というのが正直なところです。

で、私は文句ばっかり言っているわけですが、じゃあお前はどんな特典ならいいの?という話。……いやー、これが難しいですよね。

実は先日、昔のエロゲーの特典とかグッズをいろいろ発掘して眺めていると、「あの頃の私ってこういうのやってたなー」と凄く懐かしくなりました。『大番長』のソフマップ特典「天楼クナギ3Dクリスタルアート」とか、当時は何に使うんだ的に放置していたものも、時が経ってみると意外に趣がある。

そういう意味でデータ系でない特典は、何年後かに思い出して懐かしい気持ちになれるし大賛成。やっぱりデータや音楽だけだと寂しいです。ただ、かさばりすぎると保管が大変。だから、割とスペースをとらず、保管が楽で、しかも残しておいてあとで見たときに「おっ」と思えるくらいの高級感があるものが良いです。色紙とかは良い線行ってますが脆いのが弱点かな……。設定資料集とかは良いですよね。

あとは、実用品というのも良い。抱き枕カバーが実用品になる人であれば抱き枕カバーはホントに最高でしょうし、今回の『聖もんむす学園』のようなクロスはありがたい。あとは缶バッジやカードステッカー、ストラップのような装着系、文具品なんかも良いですね。消耗品だから複数あっても良いし、使わない場合でも場所をとりません。『アリスの館』のタオルとか、あとはsealさんがトランクスを入れていたことがありましたが、まあ一応許容範囲でしょうか。ぱんつは、人前でズボンおろさなければ使えますし(サイズの問題はあるか)……。あ、バイブとかオナホなんてのもありましたね。あれはあれでアリかなぁ……(爆)。

ぱんつと言えば、アキバソフマップ1号館6Fのエロゲー売り場に展示されている、『恋妹SWEET☆DAYS』の抱き枕カバー。こちらの記事に詳しいですが、この女、実際に縞パンを装着しています。レジ側なので気付きにくいですが、近場で見ると分かります。まじカッケー。

たぶん縞パンは特典に封入されていないと思うのですが、こういうのを見ると抱き枕カバーも良いなと言う気が少ししてくる……っていや、そうではない。

んー、段々言いたいことがまとまらなくなってきましたが、実用性があるものなら割と歓迎。抱き枕も実用品なのでしょうが、いまのところ私にとっては非実用なのと、私が抱き枕を買ったとしてもかなり人を選ぶグッズであることから、あまり歓迎ムードにはならないと思います。それよりは、誰でもが使えるようなもののほうが良い(恥ずかしくて使えないとかはおいといて)。ブックカバーとか個人的に狂喜乱舞。あ、でもビニル製だと萎えます。

非実用的なものなら、劣化しにくかったりスペースをとらないのが良いですね。その意味ではテレカって結構良かったのかもしれません。ねんどろいどとかはよくわからんです。

あと、当たり前ですがゲームの内容と関係があるとポイント高い。その意味でテレカは一歩劣るかな。たとえば『古色迷宮輪舞曲』なら、ぬいぐるみかトランプか懐中時計とか。作品のオプションとしてより盛り上げるものなら、多少スゴいものでもどんとこい!

エロゲーと特典の関係についてはいろんな方がいろんなことを言っておられるので、私程度がクビをつっこむのもどうかと思いつつ、今回『聖もんむす学園』の特典は個人的にとても高評価だったので、ちょこっとだけ日頃思っていることを書いてみました。

メーカーさんも苦心しておられるのでしょうし、ホントは受注式にでもして、ユーザーが選択できたりすると良いんでしょうけどねー。

え? 大人しくパッチとかサントラが一番だって? そりゃそうかもしれませんけど、それはそれでやっぱり寂しいじゃないですかー! なんか円盤じゃないものが欲しいですよ。そう言う意味では、『白神子』さんのオリジナルSDメモリとか、実は面白いのかも知れませんね。USBならもっとよかったですが。

というわけで本日はこれまで。また明日!

このエントリーをはてなブックマークに追加