d5ecd251.jpg

既にご存知の方も多いとは思いますが、『WHITE ALBUM2』がPS3に移植決定しました。

公式サイトはこちら

それに伴い2012年8月9日から、「インターネットラジオステーション音泉。」さんで「WHITE ALBUM2 同好会ラジオ」が開始されています。現在プレ放送中。本放送は8月31日から。

同好会ラジオはこちら

凄くどうでも良いけど、パーソナリティー紹介で見ると雪菜役の米澤円さんは8月30日生まれ。かずさ役の生天目仁美さんは8月4日生まれだそうで。お二人とも全然WHITEっぽくない、思いっきり夏女でした。というか誕生日から放送スタートにしないのね……。ちなみに雪菜は2月14日、かずさは5月28日が誕生日です。

うーん。PS3移植ですか。

丸戸先生が『冴えない彼女の育て方』(富士見ファンタジア文庫、2012年)で「それに今度のコンシューマー版は、エロ抜きだけの単なるベタ移植じゃないって発表されてただろ」云々とキャラに言わせていたのは、この布石だったのだろうか……などと邪推してしまいます。というかこの小説、「攻略できないヒロインは好きにならないことに決めてるんだ。だってさ、どれだけ相手のことを好きになったとしても、その想いが絶対に届かない恋なんて辛すぎるだろ?」とか、「もう、しょうがないなぁ倫也は」(※発言者は男)とか、15歳くらいの青少年狙い撃ちとか言いながらこんなノリで良いんですか。良いんでしょうけど。良いですけど。

話がずれました。個人的には楽しみ半分残念さ半分、という感じがします。この感覚は私に特殊なものなのか一般的なものなのかは判断かないのですが、どうしても「移植版」って私は「別もの」にしか見ることができないんですよね。特に、エロ抜き新シナリオ追加、とかなっていると余計に。それは原作至上主義だからだとか、あるいは批評なり感想なりを書くときにどっちに注目して良いかわからなくて面倒だからだとか、そういう理由ではまったくありません。

私には何というか、作品というのはそれがでた形で完結している、という変な信仰みたいなものがある。それがどんなに未完成だろうが駄作だろうが、です。だから、「ちょっと追加要素のある移植版」って一番扱いに困る微妙なコンテンツ……。あ、勘違いしないで欲しいのですが、私は最初にでた作品のほうが良い、と言っているわけではありません。

『ビブリオ古書堂』のエピソードで、バージェスの『時計じかけのオレンジ』がアメリカで出版された際、最終章(21章)が削除され、バージェスの意に反する形で出版された。だから最終章があるほうが完全版で、バージェスの意図がきちんと伝わるのだ、みたいな話がありました。

私は完全版のほうしか読んだことがないので想像ですが(しかももうどんな話だったかおぼろげにしか覚えていません)、まあ確かに最後のアレが無かったら全然違う話だろうことは想像に難くない。でも、最初にアメリカ出版削除バージョンを読んだ人にとって、削除版の『時計じかけのオレンジ』は偽物なのでしょうか。

私は、それは違うという気がする。作家論的読解(作者の意図を読みとろうとする立場)だと、削除版『時計じかけのオレンジ』はダメ、ということになるかもしれませんが、でもその作品と最初に出会って、何か感銘を受けた人にとっては、削除版からしか受け取ることができなかった内容というのはあるはずです。どちらが本当の『時計じかけのオレンジ』かという論争になったら勝ち目はないにしても、だからといって削除版は必ずしも否定されるべきとも思わない。作品との一期一会の出会いというのは、削除版にも完全版にも等しく訪れうるものではないでしょうか。

そりゃ、勝手に改編したり削除したりして出版して良いわけがありません。その意味ではバージェスはブチギレて良い。でも、それは出版の、あるいはマーケティングやセールスの倫理であって、作品を味わうということと(あるいは読者が作品と出会うということと)直接には関係無い。削除版と完全版はそれぞれ独立した物語であって、作家の研究をしたいとかそういうモチベーションがないなら無理に比較したりする必要もない、と思うのです。

以上のような感じなので、私はPS3版『WA2』をPC版とは全く別の作品として見ることになります(と言い切れるか自信はないですが少なくとも連続したものとは考えない)。楽しみなのは、またあのクラスで楽しめる作品が出るのかな、ということ。逆に残念なのは、どうせならPC版『WA2』の世界をより深めるような展開にしてほしかった(たとえばFDとか)という部分です。もちろん、追加要素の部分をFDと同じだ、と考えてしまえば良いのかも知れませんが、そうなると今度はPC版との食い違いが気になりそうで……。あとは現実的な問題として、どれだけ別物だと言ってみたところでそれはあくまで受け取る心持ちの問題であって、既にあらすじみたいなのがわかってるのは事実なので、初プレイ時の新鮮な驚きは感じられそうにないかな、という。

と、まあそういう感じで非常に複雑な気持ちでいます。買いますけど。やりますけど。期待してますけど! でも複雑。FDのがよかったなー。アニメ化ならコケても全然問題ないし、割と素直に喜んだんですけど。全50話とかでアニメにしてくれないでしょうか……(笑)。PS3版とは別にFD発売があったら狂喜乱舞します。

ところで話はかわって、コミケで買ってきたサントラ「~setsuna~」に、OST全巻購入特典に関する告知が記載されていました。
【全巻購入特典に関して】
全巻購入特典の詳細は2012年11月に公式サイトにて発表予定です。お待たせしてしまい、申し訳ございませんがご了承ください。
とのこと。小為替300円同封、となっているので何かグッズっぽいものを送って頂けるんでしょうか。さっさと送って楽しみに待つことにします。

では本日はこの辺で。

このエントリーをはてなブックマークに追加