2012年3月30日、それは過酷なるエロゲーデスマーチ始まりの日であった……。

というわけで、お昼前くらいに秋葉原へおもむき、予約していたエロゲーの類を購入して参りました。お目当ては、ゆずソフト期待の新作『DRACU-RIOT!』、地域制圧型SLGと大槍葦人氏の絵が話題を呼んだ天狐『英雄戦姫』。そして、ヴァンパイアものなのに完全にドラクリオットに食われた形となったTriangle『ヴァンパイアクルセイダーズ』の3本。基本は全部ソフマップ。『英雄戦姫』は、タペストリーとテレカも欲しかったので、メッセサンオーで2本目を購入しました。余るぶんのソフトは、例の如く布教用に。

『&』とかその辺も検討していたのですが、どうもピンと来なかったので回避。かわりに評判の良い『水の都の洋菓子店』を購入。青山ゆかり&金田まひるという強力タッグですし。メッセサンオーに初回特典テレカつきのが残っていたのはラッキーでした。テレカの表面が独特の手触りで面白いです。

さて、『ドラクリオット』の人気が圧倒的。12時過ぎにはソフマップで一般販売の特典が切れていました。一般販売ぶんが少なかった可能性もあるのですが、それにしても見ている限り予約者のほうが多かったのに、わずか2、3時間で品切れとは。まあ当日の13時頃には紙風船さんで5000円台の未開封新品が販売されていたりもしましたが、店舗特典目当てだろうがなんだろうがそれだけ本数がはけている=もりあがっていると考えれば、凄いことでしょう。ソフマップには、ドラクリオットのキャラTシャツを着て並んでいる人もちらほら見うけられ、キャンペーンとコマーシャルの成功ぶりがはっきりと目に見えました。

あと、とにかく初回特典がデカいことも良い宣伝。B2サイズのお風呂ポスターは多くの場合鞄に入りきらず(私は入りきる鞄で行きましたが)、みんなちらっと袋から先が見える状態で歩いている。普段なら「あー、またポスター買った奴が歩いてるな」くらいで済むのですが、今日に限ってはそんな人がダース単位で秋葉大通りを歩き回っているわけです。これは目立つ。道行く人は珍しそうに視線を送っているし、興味があったけど買わなかったという人なら、『DRACU-RIOT!』のポスターだと一発で判る(色とかで)。私も経験がありますが、そうやってたくさんの人が買っているのを間近で見ると、妙に欲しくなってくるんですよね。実際、予約していなかった人が大量に買いに来たから、速攻特典もハケたわけですし、かなりの集客効果があったのではないでしょうか。店頭配布していたメッセージペーパーも、普通のペラペラの紙ではなく、結構しっかりした厚紙で2種類。割と目立っていました。

まだゲームやってないのでこれでハズれていたら目も当てられないのですが、コマーシャルとしては当日の販売戦略も含めて結構成功しているなあ、という感じ。気合いの入り方も半端無いし、楽しい気分でプレイすれば評価も良くなるでしょう。『のーぶる☆わーくす』の成功を即座に起爆剤に切り替えるあたり、商売上手だなあという感じがします。

とりあえず今日はお祭り気分の中に身を浸せて楽しい一日でした。またコツコツ新作をやっていくことにしましょう。

それでは、また明日。皆さま良いエロゲーライフをお送りください。

このエントリーをはてなブックマークに追加