月末です。金曜日です。エロゲーの発売日です!

というわけで、今回もお仕事は午後からにして、午前中に秋葉原へ行ってきました。

予約タイトルは『BUNNY BLACK2』のみ。『お尻っ娘ヴィーナス』は買うと決めていたので購入。『華麗に悩殺♪くのいちがイク!』と『同棲ラブラブル』、『マジ恋S』も勢いで手を出しました。『学☆王』は非常に迷った(まったく眼中になかったはずが、他の人が買っているのを見るとすごくよさそうに思えて……)ものの、見送り。Frillの新作『牝アイドル』も今回は見送りました。

低価格を含んで五本。お財布にも運搬的にも優しい月となりました。評判次第ではそのうち追加で何か買うかも知れませんが、とりあえず早めに攻略していこうと思います。

そんな中ちょっと面白かったできごとを。

相変わらずこの時期、午前中のエロゲー売り場はレジが大混雑。ソフマップさんなどでは六列だか七列だかでレジをフル稼働させていますが、それでも15~20分待ちなどザラの状態。ショップ店員さんも対応に大わらわです。

とはいえ、多くの人が買う作品というのは決まっていますし、予約の受け取りのみ、という方もおおい。今月であれば、『マジ恋S』と『学☆王』で大半が占められていたように見えました。次点で、『ラブラブル』と『BUNNY BLACK2』でしょうか。ですから、メジャータイトルはすぐに対応できるよう準備が整っているわけです。逆に言えば、あんまり買わないようなのを持っていくと混乱が発生する。

今回私がモロにそのあおりを受けました。いえ、何か特別なことをしたわけではなくて、単に某ショップさんで『お尻っ娘ヴィーナス』をレジに持っていっただけなのですが、完全に予想外だったらしく、担当の店員さんが大あわて。

「ケ、ケツです! ケツ1です!」
「ケツか!?」

みたいなやりとりを隣のお兄さんとした後、レジ奥の商品ラックに駆け込む一人の店員さん。色々言いたいことはあるんですが、まず一言突っ込んでいいでしょうか? 略称、ケツかよ!?

品物を取りに行った間に、もう一人の店員さんがバーコード一覧で読み取りをして支払い開始……と思いきや、どうやら肝心のバーコードが見あたらない模様。というか、私がもっていった箱のバーコードを読めばよさそうなのに、何か問題があるんでしょうか。ともあれそんな感じだったので、何円払えば良いかも告げられずに放置プレイ。

奥へ行った店員さんもなかなか戻らず(2、3分待ちました)、しばらくして戻ってきた頃、ようやくお値段が告げられました。その後も、「特典ありましたっけ」「テレカが……」などと軽くドタバタしながら、ようやく会計終了。「大変お待たせして申し訳ございませんでした」と丁寧に謝って頂きましたが、こちらこそロットを乱して申し訳ございませんでした。貴音様に怒られてしまう。そのお言葉は、私の後ろに並んでいた皆さんにかけてあげてください。

ともあれそんな感じで、店員さんの対応からあんまり売れてないんじゃないかと心配になってしまう『お尻っ娘ヴィーナス』なのですが、プレイ中の現在、なかなか良い感じです。おそらく本日中には終わるので、できれば感想等早めに書き上げるつもりではおりますが、迷っている人は突撃かましても報われるんじゃないかと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加