ちょっと遠出する機会が増えそうだったため、思い切ってボストンバッグを買いました。

買ったお店は、御徒町の万双。フルレザーで物凄い存在感の鞄です。最近できたものらしく、まだネットとかでは販売されていないみたい。税込みでだいたい8万円くらい。そこそこの買い物になったけど、この手の製品にしては安い方だと思います。普通にデパートとかでこのクラスの買うと、10万は軽くこえるので。

boston01
買ったばかりのものをお店のおすすめに従って一度磨いた。

底鋲もついてるし、肩紐もアリ。革の質感も鞄としての作りも良いです。実際どの程度「良い革」なのかは私には分からないけど。おろしたばかりなので、革の独特の香りが強くして、持っているだけで楽しくなる。私、革の香り好きなんですよ。

万双の製品は「知る人ぞ知る」状態だったところ、テレビかなんかで取り上げられてからだいぶメジャーになって、いまではかなり注目されているようです。基本的にすべて手作り(手縫いではない)なので生産が追いつかず、お店のほうもネットのほうも品切れ状態が続いていますが、そういう中で新作に出会えたのは運が良かったですね。

万双の革や縫製については、「安かろう悪かろう」だという話もあります。実際万双の製品というのは流通に乗っているブランドの製品とくらべてかなり良心的な価格であることが多いのですが、財布や鞄を実際に使ってる実感としては、そんな悪くないどころか、結構良い方じゃないかと思います。あと、革のなめしとかしている友人曰く、コードバンなんかは国内の有名ブランドと同じところの革を使っているという話も聞きました。この鞄がどうなのかは知りませんけど。

まあプレミアがつくような飛び抜けて品質の良いものと較べると厳しいかもしれませんが、正直その比較は料亭の高級食と街の定食屋さんの料理をたたかわせるようなもので、用途やニーズが違いすぎてあまり意味が無いでしょう。

そりゃあ上を見れば更に高いグレードのところはある。ブランドマークも入ってないし、デザインも基本シンプル。ただ、良い素材を使ってきっちり作られたものを、「お求めやすいお値段」で提供してくれる、というのがここの味だと思います。質実剛健。「万双使ってる」というのは別にステータスにはならないけれど、使ってみて良さがわかるタイプと言いますか。

今回買ったボストン、デザインは正直あんまりパッとしません。ネット販売のほうで見た、シモーネのボストンのほうがかわいい感じがする。ネームタグやトップのベルトなんかもついていてオシャレです。

boston04
シモーネのボストン。現在は在庫0だが。

じゃあなんでこれ買ったのと言うと、逆にゴテゴテしてないほうが好みだから。シンプル・イズ・ベストではないけれど、経験上「凝った」デザインの鞄って1年もすれば飽きるというか、他の鞄に目移りしちゃうんですよね。でもシンプルなヤツは飽きが来ない。シモーネのボストンも言うほど派手ではないというか、むしろ地味めのデザインだと思うけれど、私は今回買ったやつのほうが好み。

あと、トップのファスナー部分が内側に折れ曲がるので、容量の割にコンパクトに持てるのも嬉しいですね。大荷物のときにも持ち手に負担がかからないし、手から提げた時のシルエットも綺麗。

boston02
上からだとこんな感じ。

そして内装。こうやって開くとですね……。

boston03

内部はキャンパス地ではなく、スエード革。ポケット部分を除けば本当に「フルレザー」なのです。お陰で結構重たいうえに中に入れる物によっては傷んだり色移りしたりを考えねばならず気を遣うのですが(正直これはバッグとしては結構キツイ)、フルレザーを持ってみたい、というのは常々考えていたのでこれは嬉しい。

HERZのボストンなんかも良いなと思っていたんですが、やはりちょっとカジュアル目なのと、内装の革の質感に若干不満があったので踏ん切りがつかなかったんで、希望通りのものが買えた! という喜びが。ただ、いざこっち手に入れてみるとHERZのも使ってみたくなるんですよね(笑)。

まあそんなわけで、遠出の際の友として、あるいは月末エロゲーの日の相棒として(頑張ればポスターとかタペが入るねん!)、使い込んで行きたいと思います。