コミケの話とかしようと思っていたら、また興味深い時事ネタが飛び込んできたので、先にこっちを……。こうしてどんどんタイミングを失っていく気がしてならない。

 ▼「代々木ゼミナール:7拠点に集約へ 少子化、25校舎整理」(毎日新聞) 
毎日新聞 2014年08月23日 東京朝刊

 大手予備校「代々木ゼミナール」(本部・東京都渋谷区)が、北海道から九州まで全国展開している25校舎を整理し、東京、大阪、名古屋など大都市圏の7拠点に集約する方向で検討を始めたことが分かった。少子化に伴う受験人口の減少が理由とみられる。代ゼミ広報担当者は「情報を把握していないので確認できない」としているが、少子化が進む中、大学とともに予備校や塾の受験産業も大きな転換点に立たされている。

 代ゼミは1957年に大学受験の予備校として開校。現在では予備校の25校舎や芸術系大学を目指す受験生を対象とした造形学校のほか、大学入試対策の模擬試験や高校への授業コンテンツ配信といった各種教育事業を展開している。

 関係者によると、代ゼミは今月、講師らに対し、受験人口の減少や受験生の現役志向を受け、全国的な校舎展開が困難になったと説明。本部校代ゼミタワー▽札幌校▽新潟校▽名古屋校▽大阪南校▽福岡校▽造形学校(渋谷区)の7拠点に集約する方針を示しているという。今年度はこれまで通り運営し、再編は来年度以降になる見通し。講師の配置なども未定で、生徒や保護者らに対しては9月以降に状況を説明するとみられる。

 大学志願者数は、18歳人口が205万人となった1992年に92万人とピークを迎え、その後年々減少。2012年には66万人になり、20年で26万人も減った。今春入試では4年制私立大の46%が定員割れするなど厳しい状況が続いている。【澤圭一郎、坂口雄亮】 

▼教育産業の黄昏
ということだそうで。25拠点を一気に閉めて、7拠点にするというのは正直相当な「縮小」 ですね。しかし、広報担当者が知らないってどういうことなの……。

校舎数自体が7になるわけではないでしょうが(たとえば東京に何校もあるだろうから)、地方からの大手予備校の撤退というのは、他の大手予備校によるパイの奪い合い、あるいは追随した業務縮小などを引き起こすことも考えられ、受験生にとって、あるいは日本の教育産業全体にとってさまざまな影響がありそうです。

記事には、「少子化」と今回の件を絡める内容が見られます。まあ、とても常識的な見解ですね。実際、東京都内の中学・高校でも年々入学者の減少が問題となってきています。またそれと同時に、入学者数を確保すると「質」の問題が出てくる。あまり聞こえのいい話ではありませんが、倍率が下がったことによってこれまでなら不合格だった学生が合格するようになり、全体としての学力レベルが下がる、というわけです。これは、中学高校にかぎらず、大学でも――というか、大学のほうがよりいっそう顕著にあらわれている傾向でもあります。

こうした縦方向の変化は「偏差値」のようなかたちではあらわれない場合もあるのですが(偏差値は、基本的に横の相対評価なので)、聞くならく現場の教職員の間では深刻な問題のようで、いまはどの学校も「数と質」の問題に頭を悩ませているのが現状のようです。


▼代ゼミの凋落? それとも改革?
そんな中、代ゼミが真っ先に「縮小」というのは、私としては少々意外な気がしました。というのも、代ゼミというのはいち早く、教育産業の衰退に対応して新しいビジネススタイルをうちだした予備校に見えていたからです。

私が学生であった1990年代後半、代ゼミといえば「サテライン授業」というのが代名詞のようになっていました。当時、駿台・河合・代ゼミという3大予備校の中で、代ゼミは衛星中継を利用した授業を本格的に導入していたのです。たとえば、私は関西の某都市の代ゼミにかよっていたのですが、そこでの授業には、東京の授業の様子をリアルタイムで中継したものが使われていました。(普通に先生が来るナマの授業もありましたが)

これは当時、学生の側からはあまり評判がよくなかった。というのも、教室が暗くなってノートがとりにくいし、寝ていたり喋ったりする人に注意をとばす先生がいない(監督者の事務員のような人は座っているけれど、ほとんどいていないようなものでした)。また、先生がいるという緊張感がないのでだらけがちだし、なにより先生に質問に行きづらい。まだ新しい試みだったこともあり、そうした負の側面にばかり目が行って、敬遠する生徒が多かったのです。

ただ、東京の人気講師の授業が受けられる、というのはやはりそれなりに魅力的で、「わかりやすい」という評判は徐々に広がっていましたし、「プッチ」(授業に出ないこと)や内職をしても先生からのお覚えが悪くならないということで、自分のペースで学習をしたい人には割りとウケがよかったりもしました。

学生にとってはそんな風に「一長一短」な感じでしたが、予備校側からすればとてもメリットが大きい。まず、全国の授業の一部なり半分以上なりを放送にすることで、人件費が一気に浮きます。もちろん中継の設備代などはかかりますが、先生を何人も雇うのに比べればはるかにマシでしょう。また、その結果教員1人が受け持つ生徒の数が激増するので、教員に好条件を提示することができます。

事実代ゼミは、そうやって優秀な教員をあちこちの予備校から引き抜いたり、自前で育成したりして、「カリスマ講師」を作っていきました。数学の荻野や古典の吉野(現東進)、英語の富田や今井(現東進)なんかが挙がるでしょうか。文系だったので理科はよく知りません。で、その「カリスマ」がまた人を呼ぶ餌となり、学生数が増える……というわけです。

代ゼミは他にも、大手予備校の中でもいちはやく現役学生の指導に力を入れたり、いわゆる国公立・有名私立だけではなく地方私立大学や私大の医学部など「狭い専門性」に特化した方針を打ち出し、予備校業界の新しい道を切り開く試みを行っていました。その代ゼミが、時代の流れに飲まれて撤退戦を演じることになるとは……。諸行無常を感じます。

ただまあ、これが「撤退戦」だというのは記事を読んだ私の勝手な感想なので、もしかすると何か攻めの改革のための準備という可能性は当然ある(たとえば今後は通信教育に力をいれるとか、地元の予備校をフランチャイズ化するとか)ので、規模縮小の一事をもって代ゼミの終焉を予測するのは早計にすぎるかもしれません。どういうことになるかは、しばし様子見といったところでしょうか。(この記事書いた後にいろいろヤバいデータが出てきたので、ほぼほぼ撤退戦で間違いはなさそうです)


▼教育産業の行く末
とはいえ、少子化、更には大手予備校の縮小などという話を聞くと、日本の教育産業に暗い影を見て取る人も多いかと思われます。また、教育産業の衰退は間接的に、日本の教育の土台そのものにも少なからず影響を与えますから、この話題から昨今の小保方問題や科研費削減とあわせて、日本の将来を憂う……というのも、決して大げさではないでしょう。

ただ、今回の記事ではそういう方向にはいかず、意外とまだ教育産業なんとかなるんじゃね? 的な話をしてみたいと思います。

先ほど申し上げたことの、ある種裏返しになるのですが、これまで学力が低くて俗にいう「いい学校」へと進学できなかった学生が、ところてん式に上位校を狙える、そんな状況にいまなりつつあります。ただもちろん、高校にしろ大学にしろ、先生たちは長い間一緒ですしそうそうレベルが下がるわけでもないので、たとえば入試などで要求される学力はそこまで落ち込まないし、授業の内容も学生のレベル低下よりは緩やかなのが基本です。

そうなると、学校の求めるレベルに到達しない学生というのは増えてきて、塾や予備校の需要は当然出てくるし、大学受験生を抱える高校は、受験対策用の専門的な授業なども行う必要に迫られる、ということになります。

ただ、そのやり方というのが問題で、昔よりもいわゆる「落ちこぼれ」やすい層が増えているわけですから、皆と一緒に一斉授業……というのでは効果が見込めない。むしろ、個別に弱点を補強したり、丁寧に教えてくれる家庭教師・個別授業のような形式が望まれるようになってきているようです。

実際、これは友人から聞いた話ですが、十年くらい前から「個別教育センター」なるものを開いている駿台グループでは、予備校と連携して個別授業を行うサービスを実施しているのですが、これの応募者は年々増加傾向にあるのだとか。

つまり、たしかに少子化によって学生の数は減っているけれど、教育を必要とする学生の数はまだ一定以上ある。いや、一人っ子が増えたことなどもあって、学生1人にかけられるお金はむしろ増えていたりもするのだそうです。要するに、客単価があがっているわけですね。

ということは、基本的な方針として教育産業はこれから、「庶民のスーパーマーケット」より「セレブ向けの百貨店」のようなスタイルを目指すべきではないかと思われます。

つまり、これまでの集団授業では充分にフォローしきれなかった層に目を向けて、そこを中心に置くシステムをつくっていく。みんなのための授業ではなく、あなたのための、オーダーメイドの授業。そういうのをウリにして、そのぶん高いお金をとる。

もちろん集団授業も主力として残るでしょうが、人数が減ってきたぶんサービスのクオリティを根本から変えていけば、需要はまだまだ開拓できるのではないでしょうか。

また、代ゼミのように「撤退」する大手が今後も増えていえば、地方都市の中小予備校、塾にとっては大手が奪っていたシェアを労せずして取り戻せるわけで、ある意味チャンス到来です。

そんなふうに考えれば、ちょっと違ったかたちで界隈の動きを見られるのかなと思います。もちろん、そんなに簡単な話でないのもわかってはいるのですが、教育がこれからの日本の支えであることは間違いないし、少しでもクオリティーを保ったまま前に行くしかないですからね。
 
【2014/8/24 追記】
代ゼミ、センターリサーチもとりやめるようで……。これは本格的に経営がアカンのかもしれませんね。データこそは他にはできない大規模予備校の有力な武器・優位性なのに、それを捨てるわけですから。国公立大合格者の数が激減しているという話もあり、「終わりの始まり」感が漂います。

 ▼「代ゼミ、センター試験の自己採点集計も中止へ」 (読売ONLINE)
 全国の拠点の大幅な閉鎖方針を打ち出した大手予備校「代々木ゼミナール」(本部・東京都渋谷区)が全国模擬試験を来年度から廃止することが23日、わかった。

 来年1月の大学入試センター試験の自己採点結果集計・分析は実施しない。模試の分析データは受験生や高校の進路指導などでも参考にされており、影響は大きい。

 代ゼミ広報企画室によると、全国27校のうち、来年3月末で閉鎖するのは、仙台や横浜、京都、熊本など20校。本部校と、札幌、新潟、名古屋、大阪南、福岡の各校、造形学校(東京)の計7校に集約するという。

 4月以降は、「センター試験プレテスト」や「国公立2次・私大全国総合模試」などの全国模試を廃止。大学入試センター試験の自己採点結果を集計・分析し、志望大学の合格判定などを示す「センターリサーチ」は2013年度、全国で約42万人が参加したが、とりやめる。「東大入試プレ」など個別大学志願者向け模試は、存続の方向で検討している。