凄く今更というか、今頃になって告知かよという話ではありますが、サークルE-LOGOSとして、コミケに参加します。今回、非常にスケジュール的に厳しかった中で、原稿や表紙をはじめ、いろいろな方のご協力をいただいて完成にこぎつけることができました。ありがたいことです。

以下、簡単な紹介。

8月17日(3日目)
西地区「に」 13a
サークル名 E-LOGOS

頒布物 :『E-LOGOS』Vol.1(極少)、『E-LOGOS』Vol.2(少)

新刊 :『E-LOGOS』Vol.3 (頒布価格:500円)
3
内容
[1] 2014年 上半期 オススメエロゲー15選
 選者: 赤戌、OYOYO、孫山、ハミガキ丸、F110

[2] 特集企画:「クソゲー」(エロゲーの)

▼クソゲー概論
G-hunter      「クソゲーを思いっきり楽しもう!」
houtengageki    「クソゲーをレビューするということの難しさについて」
膠有人       「クソゲーを笑い飛ばせ!」
えび         「クソゲー愛」
つばめ       「クソゲー極北巡りツアー  ~主成分分析によるクソゲーマッピング」

など

▼クソゲーの思い出
houtengageki   「2000年代の(ダメな)エロ麻雀ゲームの思い出」
keropie       「『ありす+3』」
fz         「私の愛するクソゲーブランド・ZERO」
孫山        「MINK今昔物語」
OYOYO       「sealさんこんにちは」     

など

▼クソゲー対談
都内某所に集まり、実際にクソゲーをプレイしたプレイレビューと、その後のグダグダ対談記録。

 参加者:こーしんりょー、fz、keropie、houtengageki、OYOYO


[3] その他
▼ 個別作品レビュー

▼ 創作(短編小説)

※実際の内容は変更される可能性があります。

特集主旨
エロゲーについての情報を仕入れていると、「クソゲー」という語をよく耳にする。けれど、「クソゲー」って一体何なのだろう? 未完成品、トンデモ作品、期待はずれ、全く面白くない作品……。愉快痛快奇々怪々、有象無象で魑魅魍魎な気配漂うエロゲー的「クソゲー」のぶっ飛び具合は筆舌に尽くしがたいものがあるが、単なる「駄作」とは少し違うような気もする。実際、「クソゲー」ということばはひとつでも、そう呼ばれるものは人によってさまざまに違っていることが多い。

それは、ある人が何をクソゲーと呼ぶかは、その人が歩んできたエロゲー体験と深く結びついているからかもしれない。「その人を知りたければ、その人が何をクソゲーと呼ぶかを知れ」というわけだ。ただバカにしたり、怒ったりするだけでなく、そこにははかりしれない哀愁や、そこはかとない愛情も見え隠れしている。

そこで今回は、同人やゲストの「クソゲー」に関する記憶の掘り起こしを通して、「クソゲー」についてあらためて考えてみる機会を作った。私的で具体的な「クソゲー」の体験を語るところから始まって、「クソゲーとは何か」という大きな問題にいたるまで無茶を承知で挑戦していきたい。

願わくは、クソゲーを通してエロゲーそのものを楽しむところまでたどり着きたい。 

という感じです。よろしければお暇な時にでも遊びにいらしてください。

詳しい内容は、これから少しずつ当ブログにて告知して参ります。 たぶん。