もう皆さんすっかり忘れたんじゃないかという気がするんですが、前回観測時から1年以上経過していたことを思い出し(前回:「今は昔」)去りゆく7月との別れを惜しみつつ、どうなったかな~と思ってちょっと見に行ってみました。

 ▼「最強美少女ゲームレビューサイト TGフロンティア」 

廃墟でした。

Tgf01
おお、もう……。

右側に表示される、『中の人などいない!』のコマーシャルがあまりにも的確に秘孔を突いていて涙を誘います。

kensirou

死体蹴りみたいなことを言うのも気が引けますが、とりあえずいまの状態をみれば「失敗」であったと位置づけていいでしょう。これから先必要なのは、その失敗を嘲笑うことではなく、なぜ失敗したかを考えることであると思う。そうすることで供養できるというか成仏してもらえるというか……。なお私自身の考えは既に散々述べたので、繰り返すことは避けておきます。

ただ、これをもってエロゲーの衰退だとか、レビューという形式の衰退だとか(最近レビューをあまり書いていない私が言うことではないかもしれませんが)、そういうのと安易に結びつける言説にはあまり乗れないかなと思っています。この件はどちらかといえば、特殊TGF的な(もっとハッキリ言えばコンセプトとブランディング戦略の)問題でしょう。

masaru

ともあれ、これに懲りず第二・第三のTGFが……結果は追随しないかたちで……生まれてきても面白いのかなと思ってはいます。やはり関連する言論界隈が盛り上がるのは1つ重要なことですし。

私自身はあまり縁がありませんが、時代の流れ的にはニコ動とか、そっちのほうを組織化する方向にシフトしていくのかもしれませんね。