これやられるとどうしようもないなぁという話。

 ▼元ビックカメラ社員逮捕=客のカード情報盗用容疑-警視庁 (時事ドットコム)
 勤務先の大手家電量販店で客のクレジットカード番号などを不正に入手、盗用したとして、警視庁大森署は4日までに、割賦販売法違反容疑でビックカメラJR八王子駅店(東京都八王子市)の元社員の少女(19)=同市=を逮捕した。同署によると、少女は容疑を認めているという。
 
 逮捕容疑は3月15日、同店でレジ打ちをしていた際、不正な利益を図る目的で、客の会社員女性(25)のクレジットカード番号などを書き写し、盗用した疑い。

 同署によると、少女は女性のカード番号などを使って、ネットのコミュニティーサイトのポイント購入に使ったという。同署は他に被害がないか調べている。

 ビックカメラのコメント 事実解明のため捜査当局に全面的に協力するとともに、全力を挙げて再発防止に努める。(2014/07/04-13:20) 

今回の件は、犯人の女の子がショボかったので何とかなった感じがありますが、しかし、これもっと計画的にやられるとホントにバレにくい、危険な犯罪という気がします。

たとえば、ある程度店に通って顔を覚えた客なら、その人がレシートを要求するかしないかがわかるし、財布の中が整理されているかとか、そういうところから「きちんとした正確か、ずぼらか」みたいな情報というのをなんとなく想像できる。

で、ずぼらそうな人を何人か集めてこれをやったら、たぶん気づきませんよ。

もちろんこういう犯罪をやるヤツが悪いに決まっていますが、どうしてこういう犯罪者がでるかというと結局、クレジットカードがものすごく便利にあちこちで使われるようになってきたのに、セキュリティコードが隠しもせず裏に書いてあるというザルい現実と、入力の手間を省くためか経費節減か知りませんが、パスワードなしで決済できるシステムを採用しているところが多いというところが原因ではないかと思います。つまり、盗んでくださいと言わんばかりにお金の入った財布が目の前にぶらさがるような状況ができてしまっているわけで……。

こっちでできる用心としては、下記くらいしか思いつきません。

 1.カードを相手に手渡すことは避ける
 2.カードのうらのセキュリティコード(3桁の番号とか)にはシールを貼っておく(自分はメモで保存)
 3.月々の利用明細はきちんとチェックする

私も、いつ被害にあうかわかりませんから怖いです。便利なことの裏側で危険もあるのがクレカなので、是非皆さんもお気をつけ下さい。